2016年5月27日 (金)

チームのために

おはようございます。sun
プログラマーのG.Iです。
今年も、暑くじめじめした季節がやってこようとしています。
というか、今年はすでに毎日暑いですね。
本日は、学生のみなさんにチーム制作でのコツ、というか考え方を一つ伝えたいと思います。
というのも、学生の方と話す時に必ずと言っていいほど出る質問があるためです。
どういった質問かというと
チームの一部の人のポテンシャルが発揮できていないという内容です。
例えば、デザイナーが休みがちで製作が進捗しない、仕様通りにプログラムを作ってくれない、
などなど、、まあ私が学生だったときもよくありました。
もちろん、まだプロではないので、意識の高い人低い人スキルの高い人低い人など
落差はあっても仕方ないでしょう。
ただ、昨今、特にコンシューマのゲーム制作はほとんど個人で製作することがないのも事実です。
なので、チームでの製作経験は、非常に役立ちます。
だからこそ、上で書いたような問題を乗り越ええる場合、以下の次の2つを考えるようにしてください。
1、自分の仕事は最後まできっちり全うする。
2、チームの本来の目的の意味を考えて、自分でできることを探す。
"1"
 これはそのままですね。
 まずは、自分の仕事の範囲に対して、責任をもって全うすること。
 チームの進捗や、他人の状況に巻き込まれずに最大限自分のポテンシャルを発揮
 してください。そうすることで、その役割に対してのチームからの信頼度もあがりますし、
 頼りにされるようになります。
 これが、最低限心がけなければいけないことです。
"2"
 こっちは、おそらく学生で、出来ている人はほとんどいないのではないでしょうか。
 本来の目的に立ち戻って考えると、、
 それは、"チームで自分たちの考えたゲームを完成させる" ということのはずです。
 
 なので、そのためにできることを探してください。
 デザイナーの人が休みがちなら、自分が手伝うだったり、他のデザイナーにお願いしてみるとか、
 プログラマーが仕様通りに作ってくれないなら、理解してくれるまでとことん話あうとか、
 プログラマーのスキルに合わせた仕様に変更するとか、たとえそれが、自分の仕事の 範囲を超えたとしても、
 本来の目的を達成するためならやるべきです。
 なぜなら、チームはチームの目的のために動くものなので、
 その構成している一人ひとりが、そのために動くことが理想だからです。
 例えば、デザイナーだけがスケジュールを守っていても、ゲームは完成しませんよね。
 みんながうまく機能して、初めて完成まで到達することができます。
上の2つの考えをしっかりと持って製作できる人は
プロでも重宝されます。
学生のころから意識していると、実際のプロの現場でも必ず役に立ちますので
がんばってください。
終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

初インフルエンザ

 ----------------------------------------------------------------------------
12345678901234567890123456789012345678
----------------------------------------------------------------------------
おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Hです。sun
先日、どうも体がだるくて熱っぽかったので、病院に行ってきました。
診断結果はインフルエンザでした…
予防接種をしていても罹ることがあるとは聞いていたのですが、
まさか自分が罹るとは想定外です。
普通の人より体調面には気を使っていると思っていただけに
医者からインフルエンザという診断を聞いた時はショックでしたね…
普段からマスクしてるし、
帰宅したらうがいしてるし、
栄養のあるもの食べてるし、
ビタミン剤も飲んでるのに…!
…とまぁ後悔してもしょうがありません。
予防策をいろいろ講じていても罹るときは罹るのです。
プログラムでも似たようなことがあります。
チェックコードなどを入れているから
安全だろうと思っていた箇所についても、
何らかの抜け道を通って、想定外の不具合が起こったりするものです。
まぁ経験を積めば、想定外の事態を少なくすることはできるかもしれませんが、
完全に無くすことは難しいですね。
不具合が出たのならしょうがありません。
チェックコードを追加する、
もしくは別の方法で修正する…などの対応を進めましょう。
インフルエンザの方は、ひとまず完治しました。
プログラムと違ってインフルエンザの対処方法は、
薬を飲んで休む事ぐらいしかできないので、
こちらの方は予防策をもうひとつくらい追加しようと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

要求をしっかり見定めよう

おはようございます。
本日の当番、プログラマーのM.Oです。sun
先日、テレビを見ていた所、有名な賞を取った小説家が詠んだ
俳句を紹介していました。
評価は芳しくなかったのですが、その理由として、
俳句は少ない文字数で場面を想像させる必要がありますが、
使われている比喩表現のせいで、焦点がぼやけているとのことでした。
使われている語句は小説家らしく、見た目も響きもいいのですが、
俳句の表現にそぐわない選択でした。
さて、この結果を見て考えたことがあります。
俳句の表現(要求)に対して比喩表現(解決策)が合わなかったのは、
要求をしっかりと検討せず、適切な解決策が出てこなかったからでしょう。
ゲーム開発の場でも、同様のことが起こりえます。
ゲーム仕様の意図(仕様作成者の要求)をしっかり検討せずに、
稚拙な実装(解決策)をしてしまう事で、全然違う物が出来上がります。
例えば、あるオブジェクトが対象オブジェクトをホーミングするといった仕様があった場合に、
何が望ましいのか、仕様担当者に目的を聞いて、しっかりと検討する必要があります。
・対象の以前の座標を目指す実装
 昔のRPGでよく見る、キャラクターが列を成して移動するような見た目になります。
 対象が止まると自身も止まる場合、重なる場合等、バリエーションがあります。
・対象の座標を目指す実装
 対象に吸い込まれるような見た目になります。
 直線で追尾してくるので、角度制限等を入れることがありますが、
 調整を失敗すると対象の周囲を回る結果になることもあります。
・対象の移動方向・スピードから到達するであろう座標を目指す実装
 先回りされることになるので、動物等考えている様な表現に使うことがあります。
今までの経験を元に検討をつけるのはもちろん大事ですが、
一旦踏みとどまり、しっかりと要求を検討して解決策を見定めていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

挑戦と成功

おはようございます。sun本日の当番、golfゴルファー兼プログラマのJ's.Kです。
気温とともにゴルフの調子も上がり気味です。catface

さて、本日のお題は「挑戦と成功」です。

森羅万象、何事にも挑戦はつきものです。

挑戦=失敗もあるが、成功するかもしれない

ということです。

ゴルフをプレーしていても、挑戦するシチュエーションは多々あります。

例えば…

あの林を越えることができれば最短コース!
あの池を越えたギリギリに落とせればバーディーチャンス!

等々。

成功すれば、最高に気持ちの良い瞬間です。
ですが、この挑戦、確固たる準備がなければ挑戦とは言えません。

練習をして、ある程度打てるようになって、そして計算できるようになる。
これができて、初めて自分の実力を把握したことになります。

練習もせずに挑戦
上手く打てないのに挑戦
自分の力量では無理なのに挑戦

これらは、挑戦ではなくて、ただの無茶です。
挑戦とは、成功する可能性があることで、可能性がないことは挑戦と言いません。
ですから、挑戦するためには下準備が必要なのです。

これらは、当然業務にも当てはまります。

プログラムの知識がない。
上手くプログラムを作れない。
完成のイメージがない。

はい、これで作り上げようとするのはただの無茶です。

業務で何かをする場合、必ず下準備が必要です。
それは、知識であったり、経験であったりします。

知識や経験があることで、初めて挑戦することができます。

そして、挑戦を繰り返すうち、それすらも経験になります。

知識や経験が豊富になればなるほど、挑戦は挑戦ではなくなります。
なぜなら自分のレベルが上がっており、挑戦ではなく普通にできることだからです。

そして、挑戦が挑戦でなくなることで、成功率も格段に上がります。
この成功率を上げていくことこそが、一人前の開発者になっていく道筋
でしょう。

と言いつつ、ゴルフが全然上手くならない自分へも言い聞かせています…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

インドネシアから日本へ

おはようございます。sun
インドネシアから参りました、辛い食べ物が大好きな新人CGデザイナのA.T.Pです。
現在、社内では私がたった一人の外国人です。初めて日本でゲーム開発の仕事をしています。

入社してから一か月経ちますが、まだまだ分からない事だらけです。
言葉使い、電話の対応、開発ソフトの勉強などなど山ほどあり、最初はとても不安でした。
ですが、分からないことも先輩達に質問をすると優しく教えてくれました。
私は唯一の外国人ですが、歓迎してくれてうれしいです。

「わざわざ日本で働くのはなぜ?しかもゲーム会社?!」
こんなことをよく質問されます。
きっかけは高校時代、昼ごはんに友達と日本のゲーム開発の事を話しまして、その時からゲーム作りに興味を持ち始めました。
子供の頃からずっとアニメや日本のゲームを遊ぶのも好きで日本の文化にすごく憧れました。
そんな理由から大学を卒業してから日本のゲーム会社で働きたいと思いました。

今、ゲーム会社で働いてるのはゴールじゃなく、私の夢のスタートラインです!
世界中で認められるゲームクリエータを目指しています。
今は、まだまだ未熟者ですが、夢を実現するためにもっと頑張りたいと思います!! 

Let`s Rock The World!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

慣れるまでが大変

おはようございます。
初めてのお仕事が楽しくてたまらない新人CGデザイナーのH.Tです。
最近は朝からぽかぽか気持ちよくて、目を瞑ったらそのまま二度寝してしまいそうになる素敵な陽気ですね。sun

入社してから一か月経ちますが、本当にあっという間でした。
楽しくてすぐに過ぎてしまいます。
ですが初めの頃は分からないことだらけで、自分はちゃんと働けるのか…?と不安でした。

一番困ったのは3DCGソフト!
私は短大時代modoというマイナーなソフトを使っていたので、mayaの使い方がさっぱり分からない。
これは大変だ、アウトライナってなんだ。ハイパーシェードってなんなんだ…!
とにかく初歩的なことから分からなくて、質問するのも申し訳ないような気持ちになっていました。crying
恐る恐る先輩に質問をしたのですが、快くそして分かりやすく教えてくれました!
私の杞憂だったようで、皆とても親切です。
その上、先輩達がmayaの本を貸してくれたり、mayaに関する質問を書き込めるような掲示板を作ってくれたりと、もう感謝してもしきれません。
おかげでmayaに対する謎の生物を見ているような感覚がなくなり、仲良くなれそうな気がしています。
ちょっと余裕が出てきたことで、業界でmayaがよく使われている理由がほんのり分かりました。
ウェイトのコピーが出来たり、要らないと思っていたヒストリが実はすごいやつだったり。
分からないことが分かるようになるのはワクワクしますね。happy02

最近はプロの作ったすごいモデルを眺めているおかげで創作意欲もバリバリです。
なのでこれから、家に帰ったらお絵描きだけじゃなくてCGのムービー作りをしていきたいです!
私もいつか胸を張ってプロと言えるように、精進していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

絶好の掃除日和

おはようございます。
四月半ばから入社して早一か月…、
だんだんと新しい環境に慣れてきた新人CGデザイナーのN.Tです。

ここ最近は昼休みになると、フラッとお外に出かけたくなるような暖かさですね。
つい昨日、会社から徒歩10分くらいの場所にある公園でご飯を食べたのですが、ベンチの上はなんだかポカポカと暖かいですし、木陰に入ると良い感じに涼しい風も吹いていて…。

……これは掃除洗濯するにはピッタリな時期ではありませんか!?happy01

皆さんは自分の机の上やベッド周り、綺麗に整頓されていますか?

掃除したてのスッキリとした環境では、作業に集中できるのはもちろん、なんだかやる気も湧いてきます。もちろん机の上だけでなく、いつもお世話になっているパソコンのデスクトップ上も綺麗にしておくことをオススメします。
携帯ゲーム機やその充電器が散乱しがちなベッド周りも、常に綺麗にしておくと毎日目覚めよく熟睡できますよ!

かくいうわたしですが、入社してからはお掃除する時間をほぼ取れておらず、日々順調に自宅が散らかっていっております。机の上にはペンやノート、枕元には朝に出した化粧品が…。帰宅後、電気をつけて視界に映るのが散らかった部屋、というのはちょっとゲンナリしますよね。shock

会社では毎週水曜日に、社員皆で掃除する時間を設けています。
今やっている作業が忙しくとも、その時間だけはマウスやキーボードではなくハンディモップを持ち、机周りの埃取りに勤しむのです。週に一度こういう時間を作り、習慣付けておくことって掃除に限らず大事なことですよね!

なんだかやる気が湧いてきました!今週末が晴れることを祈って、わたしはちょっとずつキッチン周りや冬服の片づけを始めていこうと思います。皆さんもこの暖かい時期に大掃除して、生活スペースをスッキリさせましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

羨ましいと感じる

おはようございます。sun本日の当番、CGデザイナーのH.Mです。
私には少し前まで、悩み事があり落ち込んでいました。
以前、上司や先輩の方々と飲みに行った時に
「何か夢中になっている物とかある?」と
質問をされたのですが、答える事が出来ませんでした。weep

このままでは、駄目だと思い話題に出来る様な事などを探そうと考えました。
そこで、3Dツールを個人で買い、使ってみた感想などを言える様にしようと考えました。
しばらくして、前と同じように夢中になれる事を
話すことがあったので今、個人で3Dツールを買って勉強していると話しました。
自分は、前よりたくさん話せたと思い、嬉しかったです。

ですが今度は、「無理に好きになろうとしている様に見える」と
心配されてしまいました。

良く考えたら話題に出来ればと考えて3Dツールを買ったので、
好きになろうと無理をしていると言われても仕方がないと思いました。

それから、自分には夢中になれる物は
見つからないのではないかと思ってしまい悩んで落ち込む日が続きました。
そんな時、知り合いと久しぶりに会って食事をする事になりました。

知り合いに最近ずっと好きなゲームばかり遊んでいたと聞いて少し呆れました。
それで、何となくそのゲームのどこが好きなのか聞くと
何時間も語り出してしまいました。
食事の後、私の家に着くまでの間もずっと付いてきて
そのゲームの良さを話していました。

やっと解放されてから、冷静に考えてみると、
好きな事について何時間も語れる知り合いは、
とてもすごいんじゃないかと思えてきました。

私も知り合いの様に無理をせずに好きになれる物を持とうと思います。
皆さんも、無理せず好きになれる事を見つけてみては、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

ちょっとした工夫で悩みが1つなくなりました

おはようございます。本日のブログ当番、CGデザイナーのN.Nです。

過去形での話になりますが、今までずっと悩んでいたことがありました。
それは集団で人の話を聞いていると、居眠りをしてしまう事です…。weep
たとえばAGでは勉強会などが開催され、会議室にたくさんの人が集まり
話を聞いたりする場が設けられる事があります。
しかしそういった場で、私は高確率で睡魔に襲われていました。
眠くなりませんように…と祈っても、しばらくすると眠気がやってきました。
必死に「話を聞かねば」と思ってもどんどん眠くなっていき
ペンで手を突き刺しても目が覚めず、ノートに書いていた文字が
ミミズのような字になっていました。crying
普通にボケ~っと座っているときは特に眠くならないんですが
集団で話を聞く場面でどうしても眠くなってしまうのです。

そこで私は、少しでもこの眠気が改善されればと思い
なにやらハードな感じのミントタブレットを購入してみました。
効くんだろうか?と思いつつさっそく会社の勉強会に
そのミントタブレットを持って行ってみました。
効果はあったかと言うと…。それを食べる事で
眠気がなくなるかどうかは正直わかりませんでした。
なぜならそのタブレットを持つようになってから
睡魔に襲われなくなったからです!

「これがあるから眠くなっても、まあ大丈夫だろう」
と思い構えていたら、結局眠気はやって来なかったのです。
「今日は眠くならなかったから効果が試せなかったな」と思い
次の勉強会に参戦しても、また眠気は来ず…その次も眠気は来ず…。
もしや今までは「眠ったらだめだ」という強迫観念が原因で睡魔に襲われ
逆に「眠くなっても大丈夫」という安心感から睡魔が来なくなったのでは?
ただ単に自分が怠け者だから睡魔に襲われていると思っていたのですが
意外にも精神的な事が原因だったのかもしれません。
それから私は、眠気覚ましというよりお守り的な感じで
ミントタブレットを携帯しています。

ものすごく眠いのに寝てはいけないという状態は地獄のように辛かったので
お手軽に改善できて良かったです!
同じような事で悩んでいる方がいらっしゃれば、この方法を
試してみてはいかがでしょうか?(効果があるのは自分だけかもしれませんが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

そのものらしさの感じ方

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Yです。

先日、京都に行ってきました。 家から電車で40~50分程度の近場にあり、気軽に行くには良いところです。

思い立ったきっかけとしては、前に見た狐面のことを忘れられず、どうしても伏見稲荷大社に買いに行きたくなってしまったためです。

しかし、稲荷大社には以前京都に行った時に登ったし違うところに行きたいな…と思い、稲荷大社では入口近くで狐面を買うだけに済ませ、今回は二条城に行ってみることにしました。

国宝であり、世界遺産でもある、徳川家康が建てた二条城。
ここに昔家康がいたのか、と考えるとなんとも言えない感慨深さを感じます。

見るべき場所は沢山ありましたが、その中で一つ印象的だったものがあり、廊下などに使われている『鴬張り』というものです。

鴬張りとは、特殊な製法によって作られた床であり、その上を歩くときゅっきゅっと音が鳴るようになっております。

知識としては持っていましたが、実物を見るのは今回が初めて。
本当に歩くだけで音が鳴るんだな、こんな風な音なのか、などなど…。
今まで想像でしかなかったものが頭の中で確立されていく感じです。

さて、そんな『頭の中で確立されていく感覚』は珍しいものでなくても身近なもので感じることは多々あります。

例えば…
今まで意識してなかったけれど、モデリングする際に実物をまじまじと観察した時。
人体の構造の分かりづらい部分を自らの体に触って確かめてみた時。
物理的なものの見え方を理解した上で改めていろんな物を見た時などなど…。

それら全て、意識して実物を見た、というタイミングで感じます。
パッと見の色や形から感じ取れない、そのものらしさを感じ取れるのはやはり実物を意識して見た時です。

最近はネットで大体の物の画像が見れる時代になってきていますが、やはり深いところまで感じ取るには実物を見ることが一番ですね。

ちなみに二条城の中は撮影禁止になっており、中を見ようと思った場合は一度足を運んでみるしかありません。
鴬張りだけでなく、豪華な障壁画、荘厳な庭園、そして何よりもあの徳川家康が居た場所に立った時の何とも言えない感覚…。
休日の予定に二条城はいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«悩むことも楽しみの1つ