小さな頃に遠い未来のことだと思っていた世界

おはようございます。本日のブログ当番、プランナーのJ.Hです。

今年の春の中頃の話にはなりますが、『ゲーム実況』や『VTuber(バーチャルYouTuber)』についての知見を社内でも広めようということで、これらの事柄を改めて調べてみて、社内勉強会を開いてみました。

それぞれの界隈の歴史や現在活躍されている方々の紹介、活動環境や経済的な面、ゲーム開発との関係性、今後の展望等々。
主な講演方針としては、慣れ親しんでいない層に向けた内容としつつ、社内で情報の共有をすることができたように思います。

Vtuberの昨今といえば、身近に見かけたり触れあったりといった機会が増え、実際にVTuberのみのイベントが大きな会場で開催されていたり、テレビや道先の看板でも見かけたりするようになってきています。
今以上に認知度が上がり、キラーコンテンツ等と呼ばれるものと関わりを持つ事で、今後も広がりを続けていくのではないでしょうか。

バーチャル界隈に関わる事象として『VR』や『AR』の発展の話題も欠かせません。
自身のイメージとして、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着すると、“同時視聴や並行作業ができない””外界が見えない事が不便” ”遊びたいコンテンツが不足している”といった印象も多かったのですが、それらもHMDの性能等ハード的な面で解消されつつあり、より自然により多くのことがバーチャル空間内で出来るようになっていたり、深く楽しめるコンテンツも増えていたりしています。

近い未来、5GやWi-Fi6 といった高速通信によりケーブルもラグも無くし、手軽かつ身近にバーチャル世界に触れる事ができるそうです。

映画や漫画アニメなどで夢見ていたような”リアルとバーチャルが融合した世界”や、“自らの身体をアバターとしてゲーム世界に飛び込む”といった事が、ついに現実として起き始めているなどと思い返すと感慨深いです。

情報や進化のスピードが目に見えて速く、たった数ヶ月で変化が生じるバーチャル界隈。
自身も速さに置いて行かれないようアンテナを広げておきながら、今後あらゆる相互作用による技術発展や、ゲーム開発業界との繋がりといったものを楽しみにしていきたいと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)正しくするか、矯正するか

おはようございます。本日の当番、社内ゴルフ担当のJ's.Kです。
蒸し暑い中もゴルフ三昧!
オフシーズンなんてありません!
既に日焼けで真っ黒です!

さて、本日のお題は「正しくするか、矯正するか」です。

ゴルフのスイングは、なかなかに難しい。
多くの人が、ゴルフ雑誌に載っているような、プロの連続写真を真似しようと必死。

でも、色々と研究するうちに気が付きました。
スイングには矯正というものがないということを。

よく、あーでもない、こーでもない、と練習してる姿を見ます。
でも、一瞬のスイングの間の、これまた一瞬の形なんて、真似する方が無謀です。

しかも、その一瞬の形は、それまでの過程が反映された単なる結果。
なので、その形を真似ようとしても、過程がおかしければ、真似すらできません。

そこで、多くの人は矯正を選択します。
肘を曲げたまま~とか、膝を伸ばさないように~とか、頭残して~とか。
これは全て動きを無理矢理矯正しています。

動きがおかしい、それは、それより前の動きがおかしいことの結果。
おかしい部分を探し出し、正してやれば、自ずと全てが正しい動きになってきます。

さて、この話、やはり業務でも同じです。

上司や先輩から
「なぜこんなことになってんの!」
「こうならないとおかしいじゃないか?」
というような教育的お叱り?を受けている若手を見ます。

やってしまったダメ行動を矯正するような言い方。

そうではなくて
「こういう進め方をすればこうなるよ」
「その方がいいでしょ?」
という正しい行動へ促すような言い方。
こちらの方が断然効果的です。

でも、口で言うのは簡単。
実行がなかなか難しいんですよね…

ゴルフも業務もまだまだ勉強あるのみです!

Img_20190801_01_20190801102001

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/08/post-afa295.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)海外旅行、行ってきた!

おはようございます。本日のブログ当番、プログラマーのH.Kです。

お休みを頂いて海外旅行に行ってきました!
海外は久方ぶりで今回行ったスペイン、フランスは初めて!
約12時間のフライトに時差ボケを感じながらも、観光名所をくまなく巡ってきました。

まず、はじめに向かったのが、スペインのサグラダファミリア!
1882年にスペインの建築家アントニ・ガウディが着工した未完成作品で、ガウディ死後も弟子たちが引き継いで建築に当たっているといわれています。

Img_20190801_01

正門からパシャリ!
いかついデザインで間近で見ると存在感に圧倒されます。

Img_20190801_02

内装は独特で、中央の天井の上にさらに塔を立てる計画があり、そのために中央にある4つの柱は他の柱よりも固く設計されているらしいです。

Img_20190801_03

内装にある石版には各国の文字が刻まれているそうです。

Img_20190801_04

日本語発見!

Img_20190801_05

建設中の現場。
着工してから100年以上も経過しているので、建築しながら修復もしているようです。

サグラダファミリアを堪能したところでスペインを離れて、フランスのモンサンミッシェルに行ってきました!
飛行機でパリ空港まで行き、そのままバスに揺られて数時間。

現地到着!

Img_20190801_06

モンサンミッシェルは岩でできた小島なんですが、道路整備されていて入口までバスで行けちゃいます♪

Img_20190801_07

敷地から外の風景。
干潮だったのですが、地平線まで海面が続いています。

Img_20190801_08

敷地内にはお店があり、オムレツが名物だったので食べてきました!

..
...
普通のオムレツでした(辛口評価)
いや、モンサンミッシェルの雰囲気を味わいながら食べることに意味があるんだと思います。

夜の満潮時には島として綺麗に見える時間帯があるとのことで…

Img_20190801_09

ライトアップされたがモンサンミッシェルとても神秘的で綺麗でした(^-^)

その後、パリ市内にも行きまして、ルーヴル美術館、ノートルダム大聖堂と巡ってきました。

ルーヴル美術館では観光客がとても多く、じっくり見ることはできなかったのですが、サモトラケのニケ、ミロのヴィーナスの彫刻や民衆を導く自由の女神の絵画など、有名な古代美術作品を生で見て、歴史に触れることができ、非常に感動しました。

そんな中、最も衝撃的だったのが、レオナルド・ダヴィンチが描いたこのモナ・リザ。

Img_20190801_10

ちっさ!!!!
数ある絵画のうち、モナ・リザが最も人気なのですが、最も小さかったです(^-^;

Img_20190801_11

ノートルダム大聖堂を、バスの中からパシャリ!
火事の復旧作業で近寄ることはできなかったのですが、なんとか拝めることはできました。

ここまで色んな名所を見てきましたが、歴史を感じさせる建造物や美術作品に感動しっぱなしでした。
次があるなら、ぜひまた行ってみたいです(^-^)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/08/post-aa0fca.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)ゴルフ始めました。

おはようございます。
プログラマーのS.Mです。

一年ほど前になりますが、ゴルフを始めました。
切っ掛けとしては、友人からゴルフにいこうと誘ってもらい、そこからはトントン拍子でのめりこんでいきました。

始めたころは、3回に1回は空振ったり、ダフったりと上手く打てませんでしたが、練習したり、実際にコースを回ったりする事で、段々と安定してホールを回れるようになってきました。

安定してきたといっても、まだまだ低いレベルの話です。
やればやるほど、自分に足りない物が多いことをひしひしと感じます。
ドライバーはまっすぐ飛ばないし、狙ったところにアプローチできない。
ましてや、狙ってスピンを掛けたりなど到底出来る気がしません。

ただ、社内のプロゴルファー級の人に教えてもらったりして、次はアレをやってみよう、コレを試してみようと色々思考錯誤しながら練習していく内に、出来なかったことが出来るようになっていきます。
それが楽しくて、練習場に行くと夢中でスイングしています。

楽しい一面も多いですが、苦労したこともあります。
道具を一式そろえる必要がありますし、コースを回る5~6時間は歩くことになります。
真夏にコースを回ると熱さでグロッキー状態になったりと、始める前は、こういった色々な不安要素もあり、敬遠しがちだった為、切っ掛けがなければ、ゴルフをすることはなかったかもしれません。
縁に恵まれてゴルフをすることができて良かったなと思っています。

1年前まで自分がここまでゴルフを楽しんでいるとは、想像もしていませんでした。
これからも、ゴルフを始めたときのように、仕事でもプライベートでも様々な切っ掛けに恵まれるかもしれません。
やってみないと分からないことも多いので、これからも新しいことにトライしていきたいと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/07/post-4012c0.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)モーションの面白さ

おはようございます。
本日のブログ当番モーションデザイナーのR.Nです。

今回は、モーションデザイナーという職種の面白さについて少しお話ししようと思います。
モーションデザイナーと言っても大きく分けて2種類あります。
一つ目はカットシーンなどの映像関係を作るモーションデザイナー。
二つ目はインゲーム系のモーションを作るモーションデザイナー。
インゲームというのはプレイアブルの画面に映っているキャラクターたちのモーションを指します。
アクセスゲームズでは、どちらも作ることはありますが、主にインゲームのモーション制作をすることが多いですね。

映像系、インゲーム系共に違った面白さがあります。

映像系は、キャラクターにどういった演技をさせるか、かっこいい決め絵を考えるという面白さですかね。
最近でいうと某アメコミ映画が非常に良かったです。
食事しながらの会話シーンだったり、夜の街で敵から逃げるシーンだったり、キャラクターの演技力がとても際立ってました。

インゲーム系は、ゲームをコントローラでプレイしているだけで、ユーザーが重さを感じたり、爽快感や達成感を得る瞬間を体験させるものを創ることができるのが面白いところですね。
例えば、某有名なアクションゲームのキャラクターを前に移動させている時に加速感が感じられたり、スタミナ切れた時キャラクターが、疲れているのを感じたりしますよね。

少し掘り下げた話をすると、アクションゲームをしている時にボタンを押しただけなのに、当てているかのような感覚を感じたことありませんか?
あれは、ヒットストップというのを入れており、そうすることで一瞬止まった絵が入っています。そうすることでユーザーがよし、当たった!というのを感じさせてくれる効果があります。こういったことが、すべてモーションだけでそう感じさせているというわけではないのですが、プレイヤーにそういった体験をさせるのに効果的なのがモーションではないかなと自分は思っています。
これはあくまで一例なので、他にも工夫している表現がいっぱいあります。
こういったゲームの仕組みを知るとまた違った面白さを感じてくるかと思うので、ぜひ色々なゲームをして探してみてください。
ゲームがただ好きではなく、どういった仕組みでそう感じているのか、そしてそれを体験した時良かったのか、悪かったのかまで分かってくるようになればもっと楽しくなると思いますよ。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/07/post-108cff.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)忙しい日々にふと久住のコーンビーフの思い出

おはようございます。本日の当番のデザイナーのJ.Sです。

忙しい朝昼晩の食事の時、活用するものにどんなものがあるでしょうか?
インスタント味噌汁、カップ麺、パックご飯・・・いろいろありますね。
私は、いつもではないのですが缶詰をご飯のおかずにして食べる事があります。

この缶詰に関するトリビア、1810年にイギリスで軍用の保存食として開発され、しばらくたつまで缶切りが開発されず、開封に苦労したなどの面白情報がインターネットで検索できると思います。

この缶詰に関して、私が今までの人生の中で一つ強烈な思い出になっていることがあります。

30年以上前、私が中学生だったころ九州の久住高原に3週間ほど夏休みを利用してキャンプをやっていたことがありました。
3週間もキャンプするのは、正直言ってかなり大変です。何もない野原でキャンプしている関係上、食事の用意はすべて仮設の場所でやる必要があります。
最初の1週間のうちは楽しかった作業も、2週間目に入るに従いだんだん単調な作業の繰り返しに思えてきたりして・・・・・。
そんなキャンプの最終日、スケジュールの関係上、早朝にキャンプ地の撤収となりました。
荷物をまとめて撤収作業中であるという都合上、また単純に時間がなかったため、その日だけ出来合いの朝食が配給されたのを覚えています。

それで渡されたのが、食パンとコーンビーフの缶詰だったんです。
長かったキャンプの最後の朝、涼しい澄んだ夏の風の中、目の前に朝日に照らされる九重連山の山並みが見えて....
そんな環境で食べるコーンビーフは、とてつもなくおいしく感じられたものでした。
3週間もキャンプしていたはずなのに、覚えていることで最も鮮明なのがそのコーンビーフが美味しかったことであるくらい強烈な思い出になっているんです。
(可能性として、キャンプ大会本部の意図としては、コーンビーフと食パンでサンドイッチを作成してほしかったのかもしれないが、私は別々に食べた。)

あれ以来月日は流れ、私も日々の仕事の忙しさのなかで食事をするようになり、再び缶詰をおかずに食事をすることもあるようになりました。
鯖の水煮 マグロの照り焼き 牛肉の大和煮 みんな美味しいです。試しにコーンビーフも買ってきて自宅で食べてみたのですが、あの久住の朝食べたコーンビーフ以上の美味しさ以上のものは感じたことは無いです。

結局あの美味しさは何だったのかと言えば「3週間頑張ってキャンプした最終日」「清々しい早朝の食事」「久住高原の大自然」・・・
といった好条件がそろって成立したことのなのかもしれません。

いつか長い休みがとれたなら、またどこかでキャンプとかしながら、記憶に残るおいしい思い出が出来たらいいなあ~と思う今日この頃です。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/07/post-9bc45d.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)タコスとメリハリ ~ぶらりグルメ探訪5~

おはようございます。本日の当番、プランナーのY.W,Srです。
6月も半ばまで過ぎましたが、まだ梅雨の気配はありません。
今年の梅雨入りは遅くなるそうですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

さて、本日のグルメ探訪ですが…実は最近、タコスにハマってます。
タコスと言っても全然本格的でない、我流の『タコスらしきもの』ですけど。
まあでも日本の手巻き寿司的な食べ物なんじゃないかと思いまして…割と自由に楽しんでいます。

で、タコスを食べ始めてから知ったのですが…
シラントロ = コリアンダー = 香菜 = パクチー なんですね!
タコスのレシピを調べていたら『シラントロ』って書いてありまして。
いったい何だろ?と調べたら『パクチー』のことだと。
なんでもメキシコ料理にはシラントロが欠かせないそうです。

それでは前置きはこの辺にして、早速タコスをいただいてみましょう。

(はむりっ…もぐもぐ…)

おお、これは!
サルサの辛味とライムの酸味が絶妙のコンビネーション!
口の中に辛さが広がったと思ったら、爽やかな酸味と共にサッと流れていきます。
う~ん、これは一度食べ始めると手が止まらなくなってしまいます。

タコスの味わいも素晴らしいですが、これってゲームに通ずるものがありませんか?
面白いゲームも一度始めるとなかなか止められないものです。
『Just one more turn(あと1ターンだけ…)』というフレーズもありますね。

ずっと刺激が続くゲームでは感覚がマヒして感動のメリハリを感じられません。
刺激の緩と急、感動の山と谷が交互に訪れることで新鮮な刺激を何度も感じられるんですね。
そういうゲームって、次の刺激とか展開が気になってなかなか止められません。

タコスの上から豪快にライムを絞りつつ、そんな考えが頭をよぎったのでした。
美味しいタコスで気力充填、やみつきになるゲームを作るため明日も頑張ります!

Photo_20190626150101

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/06/post-497ab8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)E3の概要

おはようございます。
本日の当番のディレクター兼デザイナーリーダーのH.Fです。

とうとう今年のE3も終わりましたね。
ゲーム好きとしては心に刺さった新作発表、最新ゲームの続報など胸が湧きおどる一週間だっと思います。

発表されたゲームについて色々と触れていきたいところですが、今回は、E3ってなに?という方向けに軽く内容を纏めていこうと思います。(実際に私も行ったことがあります)

Electronic Entertainment Expo(略してE3)
毎年5月~6月にロサンゼルスのコンベンションセンターで開催される、世界でも最大級のゲーム関連の業界関係者向け見本市です。

日本の東京ゲームショウ(以後TGSと記載)やBitSummitとは少し毛色が違い、業界関係者以外の一般の方は入場出来ないイベントなので(TGSでいえばビジネスデイ)少しハードルは高いかもしれません。
そこで発表される内容は基本的に各社メディアを通じて世界に情報が流されるので、他のゲームショウのように身近には感じますが、軽く行きたいよぅって思っている方は少し注意が必要です。
開発者でも事前に登録してチケットをもらったりなど、少し審査があります。

またイベントはゲームの試遊や出展の他、各ゲームメーカーによる報道向け発表会やカンファレンス(新作発表や今後の方針の発表など)も行われ、当然、表向きにはなっていないですが各社でビジネスのやりとりやデベロッパー同士の情報交流のやりとりもされています。

と、そんな堅苦しい講釈は抜きにして、純粋にゲーム好きまたゲーム開発者としては、その公開される情報を眺めているだけでも楽しいですよね。
開発者なので個人的には公開されるゲームに嫉妬もしますけどw

また開催される場所も冒頭の説明の通り、ロサンゼルスなので(カルフォルニア州)西海岸の気候によりE3開催時期は非常に暑いですが、ハリウッドの娯楽産業などゲームショウが終われば観光もバッチリ楽しめる好条件な場所なので、各種E3イベントと空いた時間での遊び(視察?)で帰りは大体ヘトヘトになったりしますw

他、年内に行われる規模の大きめなゲームショウは、ドイツのケルンで開催されるgamescom、東京でのTGSなどがあるので、今年のE3にはいけませんでしたが、是非機会を作っていってみたいと思います。
(流石にgamescomは遠いので気軽には無理だけど、、)

最後にAGのE3レポートのリンクを貼っておくので興味があれば
↓↓↓
http://www.accessgames.co.jp/report/electronic_entertainment_expo_2017.html
http://www.accessgames.co.jp/report/electronic_entertainment_expo_2017_1.html

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/06/post-43e90e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)料理はじめました

おはようございます。
本日の当番、最近料理にはまっているデザイナーS.Sです。

皆さんはエッグベネディクトという料理をご存知でしょうか。
エッグベネディクトという料理を簡単に説明すると、イングリッシュマフィンの上に、ハムやベーコンなどやポーチドエッグ、オランデーズソースをかけたものになります。

最近では、おしゃれなカフェなどでよく見るメニューになっているので、ご存知の方も多いと思いますが、とても手間のかかる料理だと思っていませんか?
私も最近まで、エッグベネディクトはおしゃれなカフェで食べるものだと思っていました。
しかし、作ってみると案外おうちで簡単に作ることができるのです。

というわけで早速エッグベネディクト作りに挑戦してみました!

①ベーコンを好みの大きさに切り、フライパンで両面をカリカリに焼く。
カリカリに焼く必要はないようなのですが、個人的にカリカリベーコンが好みなので、今回はカリカリに焼いてみました。 

②オランデーズソースを作る
オランディーズソースと聞くと、とても難しいソースのような気がしますが、材料はマヨネーズ・卵黄・バター・レモン汁のみ!
なんと作り方もとても簡単で溶かしバターとマヨネーズ、卵黄を分離しないように、気をつけながら混ぜ合わせ、最後にレモン汁を数摘入れるだけで完成です。
Img_20190611_01

③ポーチドエッグを作る
今回の最大の敵!ポーチドエッグを作る工程です。
お鍋に水とお酢を加えて沸騰させます。
お湯が沸騰したら、菜箸でお湯をグルグルと回転させ、渦の中心に卵をそっと落とします。
もともとあまり料理をしてこなかったせいなのか、手先が不器用なのか・・・。
ポーチドエッグがうまくまとまらない・・・。
何度挑戦しても卵黄が飛び出してしまいました・・・。
うまくまとまらなくても、なんとか卵の形になっていればOKです(笑)

④後は、軽く焼いたイングリッシュマフィンに具材を挟めば完成です!
Img_20190611_02

ポーチドエッグを作るときに卵の白身をうまく集めることができなかったので、見た目はあまりよくありませんでしたが、見た目以外はうまく作ることが出来ました!(笑)
次回ブログを書く頃には見た目も美しいエッグベネディクトを作れるよう練習したいと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/06/post-2e2bdf.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)おいせさん

おはようございます。
プログラマのT.Hです。

もう一月ほど前の話になりますが、ゴールデンウィークに無事10連休を取得できましたので、友人と伊勢に旅行へ行ってきました。

伊勢に行くなら伊勢神宮でしょ、という安直な考えの下、まずは伊勢神宮を目指しました。
伊勢神宮といえば改元の際に話題になったので混雑は覚悟していましたが、諸事情で朝4時に大阪を出発して7時前に伊勢神宮に到着し、早朝のためかそこまで混雑しておらず、スムーズに参拝をすることができました。

参拝を済ませて食事にしようということになったのですが、そもそも伊勢って伊勢海老以外何があるの…?ということで、今回の旅行で食べた伊勢名物(?)は以下になります。

・伊勢うどん
うどんと言えばうどん県では?という考えがすごいのですが、伊勢うどんは普通のうどんに比べて太く、やわらかく、出汁ではなくたまり醤油を使ったたれで食べるものです。
今回初めて食べましたが、うどんと言いつつも、普段食べているうどんとは食感、味ともにもはや別物で、好みが分かれるのではないかと思います。

・赤福
伊勢の和菓子といえばこれですね。
赤福餅だけなら新大阪等でも買えてしまいますが、赤福の店舗では季節限定でカキ氷や冷やしぜんざいを食べることができます。
伊勢へ行った日はかなり暑かったので、カキ氷を食べてきました。
抹茶のシロップがかかった氷の中に赤福餅が入っており、甘党の私には最高でした。

・伊勢海老
結局伊勢海老かよ!という感じですが。
逆に伊勢に行って伊勢海老を食べないという選択肢もないですね。
伊勢海老自体が大きいので活き造りで出てきたときのインパクトがあり、海老味噌を醤油に溶かし、身をそこに付けて食べるとめちゃくちゃおいしかったです。

・松阪牛
正確には伊勢ではないのですが、三重県なのでセーフということで。
ステーキで食べたんですが、「おいしい」以外の感想が出てこなかったので、おそらく語彙力をダウンさせる効果があると思われます。
松阪牛!わさび醤油!ベストマッチ!!!!

他にも、てこね寿司等の名物もあるようなのですが、今回食べることができたのはこんな感じでした。

こんな感じでおいしいものを食べれたので旅行としてはよかったんですが、やはりゴールデンウィークで飲食店はどこも混雑がひどかったですね…
会社のリフレッシュ休暇を利用し、平日に旅行に行けば混雑を回避できるので、今のプロジェクトが終わった後、どこに行こうか現在検討中です。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/06/post-e7b3fa.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

«温泉旅行