2016年4月28日 (木)

やれるだけの事はやろう

おはようございます。sun

今年アニメーターに新しい仲間が増えました。入社4年目にして後輩ができました!
まだまだ緊張気味な感じですが、徐々に現場の雰囲気に慣れていってほしいですねーhappy01

申し遅れました、最近、魔法使いで王子を倒すのに、はまっているモーションデザイナーのR.Nです。

某ゲームがやっとクリアできました。shine
なんだかんだでクリアするまで90時間くらいかかりましたね。
2周目やりたいけど・・・他にもやりたいゲームがでてきますし、難しいですね。
業務が多忙になってくると平日になかなかゲームをする時間がとれなくなってしまいます。
そういう時私は、あらかじめ具体的にやる事を決めておきます。
例えば、「今日は中ボスっぽい見た目の敵を倒すぞ」みたいな感じで決めときます。
そうすることで思っていた以上に進んだりします。catface

業務でも同じで、このモーションのポーズ作るのにかかる時間、タイミングを調節するのにかかる時間といった感じで 細かく目的を作ってあげた方が良いと思います。

例えば、攻撃モーションの作業が入っている時は攻撃モーションに5時間ぐらいかなーではなく、キーポーズ作成は2時間でいけるかなータイミング調整は3時間でいけるかなーっていう感じで、なるべく細かく考えた方が具体的にかかる時間が見えてくるかと思います。

細かくみることで、どこか短縮できる所が見えてくるかもしれません。
如何に効率よくできるのか日々精進です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

「いいね!」お願いします

sunおはようございます。春ですね。cherryblossom朝は最高に眠いモーションデザイナーのS.Mです。
今回はカメラの話ではなく、ゲームの話をしたいとおもいます。happy01

最近ではオンラインありきのゲームが増えてきましたね。
オンライン環境のゲームでやることは、協力プレイや対戦ですがそこにはコミュニケーション要素が入ってきます。

ゲームではジェスチャーやチャット等が昔からあったのですが、最近ではそこにSNSの「いいね!」のように相手を評価だけするような要素が入ってきました。

これが個人的にすごくいいーんです!
私はチャット等正直苦手なので、このような簡易返事は大変助かります。
仲間に貢献したプレイヤーを称えることもできますし、相手プレイヤーに対しての賛同もすぐできるわけです。

オンラインプレイにおいてこれはモチベーションアップ一体感を生む非常にいい要素だと思いました。
ワンボタンで済んだり、相手にリアクションを見せなくても「いいね!」をもらいましたというメッセージが画面にでたりするので、ゲームプレイを中断することもありません。
なかには「いいね!」をいっぱいもらえたら、回復したり、アイテムをもらえたり、特別な称号をもらえたりshineと、ソーシャルゲームのような要素を取り入れてるゲームもあります。

この業界でそれなりに長く働いていますが、改めて新しい要素でゲームはさらに面白くなっていくなーと感じました。
私もそこに貢献できるように、新しいものをどんどん取り入れて、ゲームに反映していけたらと思いました。
朝から2度寝してる場合じゃない!それでは!dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

その、真っ白なはじまりは…

おはようございます。sun
ゴールデンウィークが目前まで迫っておりますね(^ω^)
仕事の締め切りも迫っております(((^ω^)))

最近、作業用BGMを、怪談から好きなゲーム曲に変えたせいか、不思議事件が起きなくてつまらないモーションデザイナーK.Oです。

近々、おばけの話OKな、不思議さんに会いに行く予定ですので、不思議パワーを貰ってこようと思っています。

さて、2016年度が始まりまして、新人さんがたくさん入社されまして、新生活スタートですね。

みなさん、新生活と言えば何でしょう?

私は、新生活と言えば「まっさらノート」です。
新生活のスタートに欠かせないですよ(´ω`)
新学期や新学年になるタイミングで、新品のノートに替えませんでしたか?

もうすぐ、2年ほど前から使っているネタ帳…と言いますか、アイデアノート?ラクガキ帳?が使い終わるのです。
あと1枚半ほどです。
さすがに2年も使っていると、だいぶボロボロになってますね。
角が丸くなってしまって、ページも不揃いで…(´・ω・`)

そこで、新しいノートを買ってきましたよ。
表紙はピシっとしていて、角があるし、ページを横から見ると、なにやら鋭利そうにピカピカ光っているようです。shine

シュッとしてますね(*´ω`*)

というわけで、このシュッとしたノートで新生活をスタートしようと思います。
ちょっと遅いですけど、遅くない…!
チャレンジしたいと思った時が真っ白なスタートです
と、好きな漫画で言ってました。

まっさらノートの最初のページには何を書くのやらー(´ω`)

あ、もちろん、お古ノートも一緒に携えての新生活です。
ネタをたくさん蓄えたお古ノートは心強い味方です。
なにしろ2年も苦楽をともにしたわけですから。

新生活、よろしくお願いします!\(^ω^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

(「゜皿゜)「 クヤシィィ

おはようございますsun本日の当番、悠々するモーションデザイナーのN.Aです。

そろそろGWが迫ってきていますが皆さん予定はどうでしょうか?
国内で過ごす方もいれば、海外に行くという方もいるのではないでしょうか。

私の方は最近疲れもたまってきてゾンビ化進行中なので、遠出はせず近場の温泉に行って疲れを癒す予定です。(「゜ρ゜)「 ァア"ァァァ・・・
普段、デスクに座っての作業ばかりなので自然いっぱいの所がいいなぁ。( /゜▽゜)/

自然といえば地元では筍の朝競りが始まっています。
何台ものトラックに山の様に積まれた筍を見ると、あぁもうそんな時期か、と毎度の様に思います。

この競り、一般の人は参加できないんですが、裏技といいますか、実際競りに参加している人にお願いして、競り落としてもらうという方法で筍を購入することができます。
以前、実際お願いして競り落としてもらっていた人がいたのですが、気に入られたのか何なのか車のトランクに入りきらないんじゃないかというぐらいの量の筍を貰っているのを見ました。
あれを見ると中々実行する気にはなりませんねヽ(´□` )ノ

ただでさえこの時期はたくさんの筍を頂くので、ほぼ毎日、手を変え品を変え何らかの筍料理が並びます。
えぇまぁぶっちゃけ飽きてきますよ。(-_-;)
でもご飯食べに行った先で筍の天ぷらとか見るとつい注文しちゃうんですけどね(゜ー゜;A
アキタ、デモオイシイ(「゜皿゜)「 クヤシィィ

ちなみに一番好きな筍料理はワカメが一緒に入ったおみそ汁です。
ちょっと濃い目の味噌と淡白な味の筍がベストマッチです。
新鮮なうちはお刺身なんかも美味しいですね。
あぁ・・筍食いたい。(「゜皿゜)「 クヤシィィ

なんかいつも仕事の事について触れているので、たまにはこんなブログも良いですね。
以上、あくせくしてないジェ~ムズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

とりあえずやってみる

おはようございます。モーションデザイナーのK.Iです。

映画、観てますか?
え、忙しくて観る時間がない?
なるほど!なら仕方がない!と言う前に少し僕の話を聞いて下さい。

日頃、みなさんテレビをつけっぱなしにして流し見していることはありませんか?
興味のあることないこと、考えもしなかったこと、または知りたくもないニュースなど、情報が無造作に耳に入ってきます。

僕はこれを利用して、家に帰ったらまずPS4に映画のディスクを入れてそれをBGMのようにダダ流ししています。
流す映画はもちろん興味のある映画ではあるんですが、気を張って2時間微動もせず観ることはありません。
それでも映画中の素敵な音楽や美術は視覚聴覚に刺激を与えてくれます。

映画の見方は人それぞれですが、この場合「見たこともない“物”を発見する」感覚に近いと思います。
それだけでも全く観ないよりは得るものはありますよね。
まー、最終的にはのめり込んでガッツリ観てはいるんですが…

情報を得てその先どうするかは当人の自由で、大切なのはキッカケを作ることだと思います。

休みの日、暇だったらとりあえず外に出てみる。
悩みがあったら友人や同僚にとりあえず話してみる。
分からない動きがあったらとりあえず自分で動いてみる。←突然のモーションデザインの話

迷惑のかからないレベルでとりあえずやってみるのもいいかもしれません。
正解はその後でもいい場合もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

新しいツールで蛇使い 其の肆

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのR.Iです。

最近は服装に迷うこともない暖かい日が多くなってきました。
さすがに4月後半にもなるとこんな感じでしょうか。

さて、今回もしつこくスクリプトの話をしようと思います。
仕事で色々なキャラクターにモーションをつけている私ですが、担当するキャラクター、モーションは一つではありません。

基本的にモーション毎にファイルを開いたり、キャラクターになるとフォルダ毎で
管理されていることが多いため、開きたいキャラクターのフォルダへ移動してからファイルを開いたりなど、ファイルへのアクセスが頻繁に行われます。

上記のようなことをできるだけ早く行うことができれば、それだけ作業が楽になるはず...たぶん。

そこでMayaの画面上にファイルブラウザ的なツールを置いておいて、上記のアクセスを簡単にできればというのが、今回の話です。

今回はあらかじめ作られたUIファイルにファイルの一覧を表示する例をご紹介したいと思います。

まずは画像みたいなことをやりたい。
20160420_00

説明用に最低限の機能を搭載したものになりますが、ファイル、フォルダを表示し、ファイルをダブルクリックするとイベントを取得するようにしています。

スクリプトの構造はこんな感じ。

blog(フォルダ)
┝ __init__.py
┝ Blog_Browser.ui
└ ui.py

「__init__.py」はMayaからPythonファイルを呼び出す際に必要なファイルで中身は空で問題ありません。
「Blog_Browser.ui」はQt Designerで作成したUIファイルになります。
Qt Designerの説明は省略しますが、ネットで調べれば、出てくると思います。
「ui.py」に上記のUIファイルの呼び出し、表示する一覧の情報などを記載していきます。
Mayaから「ui.py」を呼出して、実行する形になります。


まず、UIファイルの中身はコチラ

上記のコードを「.ui」という拡張子で保存するとUIファイルの出来上がりです。
できたUIファイルは「ui.py」と同じ階層に保存しておきます。


そして、「ui.py」の中身は以下になります。
# -*- coding: utf-8 -*-

import PySide.QtGui as QtGui
import PySide.QtCore as QtCore
import shiboken
import os
from PySide.QtUiTools import QUiLoader
from maya import OpenMayaUI as OpenMayaUI

def getMayaWindow():
Ptr = OpenMayaUI.MQtUtil.mainWindow()
return shiboken.wrapInstance(long(Ptr), QtGui.QWidget)

class Ui_MainWidget(QtGui.QMainWindow):
def __init__(self, parent=None):
QtGui.QMainWindow.__init__(self, getMayaWindow())
loader = QUiLoader()
uifile = os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)) + "/Blog_Browser.ui"
self.ui = loader.load(uifile)
self.setCentralWidget(self.ui)
self.setWindowTitle("Blog_Browser")

## ウィンドウサイズの指定
self.setGeometry(100, 100, 700, 300)

## エクスプローラ処理としてFileSystemModelの宣言
self.model = QtGui.QFileSystemModel()
self.ui.trw_main.setModel(self.model)

## FileSystemModelの設定
Root_Index_Path = "E:\\blog\\scenes"
self.model.setRootPath("E:\\blog")
self.ui.trw_main.setRootIndex(self.model.index(Root_Index_Path))
self.model.setNameFilters("*.ma,*.mb")
self.model.setNameFilterDisables(False)
self.ui.path_line.setText(Root_Index_Path)

## treeViewのカラムの大きさ設定
self.ui.trw_main.setColumnWidth(0, 300)
self.ui.trw_main.setColumnWidth(1, 80)
self.ui.trw_main.setColumnWidth(2, 80)
self.ui.trw_main.setColumnWidth(3, 100)

## 各種UIのイベント
self.ui.trw_main.doubleClicked.connect(self.trw_main_itemDoubleClicked)

def closeEvent(self, event):
## ウィンドウが閉じた時
print "closeEvent!"

def trw_main_itemDoubleClicked(self):
## FileSystemModelで表示されているアイテムをダブルクリックしたときの処理
print "trw_main_itemDoubleClicked!"


# 重複起動回避
try:
MainWindow.close()
except:
pass

def main():
MainWindow.show()

MainWindow = Ui_MainWidget()



部分的に解説していきます。

def getMayaWindow():
Ptr = OpenMayaUI.MQtUtil.mainWindow()
return shiboken.wrapInstance(long(Ptr), QtGui.QWidget)

class Ui_MainWidget(QtGui.QMainWindow):
def __init__(self, parent=None):
QtGui.QMainWindow.__init__(self, getMayaWindow())
loader = QUiLoader()
uifile = os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)) + "/Blog_Browser.ui"
self.ui = loader.load(uifile)
self.setCentralWidget(self.ui)
self.setWindowTitle("Blog_Browser")


上記についてはMaya上にウィンドウを表示する決まり文句のようなものです。
UIファイルをMayaのウィンドウとして呼び出しています。


## エクスプローラ処理としてFileSystemModelの宣言
self.model = QtGui.QFileSystemModel()
self.ui.trw_main.setModel(self.model)

## FileSystemModelの設定
Root_Index_Path = "E:\\blog\\scenes"
self.model.setRootPath("E:\\blog")
self.ui.trw_main.setRootIndex(self.model.index(Root_Index_Path))
self.model.setNameFilters("*.ma,*.mb")
self.model.setNameFilterDisables(False)


上記について、どこのパスの内容をUI上に表示するかの設定になります。
「FileSystemModel」というものを使用すると簡単にWindowsのエクスプローラに似た処理を実装できます。

「FileSystemModel」に表示させるパスを指定する必要がありますので、
「Root_Index_Path = "E:\\blog\\scenes"」
「self.model.setRootPath("E:\\blog")」

というように「Root_Index_Path」にファイルが格納されているフォルダパスを
「self.model.setRootPath」の引数にプロジェクトフォルダパスを指定しています。

表示するファイルのフィルタ設定もできるので、今回は拡張子「.ma」「.mb」のファイルを表示するように設定しています。
「self.model.setNameFilterDisables(False)」の「False」でフィルタ以外のファイルは表示されなくなり、
「True」にすれば、フィルタ以外のファイルも表示されますが、フォントが少し暗くなっているような見た目になります。

## 各種UIのイベント
self.ui.trw_main.doubleClicked.connect(self.trw_main_itemDoubleClicked)


上記について、表示されているファイルなどをクリックすると関数が呼び出されるようにしています。
関数の内容は以下のようにしています。
def trw_main_itemDoubleClicked(self):
## FileSystemModelで表示されているアイテムをダブルクリックしたときの処理
print "trw_main_itemDoubleClicked!"


説明用に単純なものにしていますが、ファイルをダブルクリックすると「trw_main_itemDoubleClicked!」とログが出るようにしています。
ここまでできれば、好きな処理を書き込むことで色々なことができます。

最後にウィンドウが複数表示されないようにする処理とUIを表示する処理になります。
# 重複起動回避
try:
MainWindow.close()
except:
pass

def main():
MainWindow.show()

MainWindow = Ui_MainWidget()


あとは「PYTHON_PATH」が通っているパスに

blog(フォルダ)
┝ __init__.py
┝ Blog_Browser.ui
└ ui.py

上記のような構造で保存し、ファイルを実行します。
実行スクリプトは以下になります。

import blog.ui
reload(blog.ui)

blog.ui.main()


解説は以上になります。

仕事で実際使う時には一覧を表示するパスを動的に変化させてフォルダを移動したり、ダブルクリックすることでファイルを開いたり、選択しているファイルの名前やフルパスを取得して、batファイルに引数を渡したりもできます。
他にもできることがあるかもしれませんが、そんな感じになります。

上記のようなスクリプトは考えるにも、作成するにも時間がかかりますが、恩恵を受ける人が多かったり、今後の仕事でも使えたりと効率化できる範囲が大きいと思います。
簡単なモノから始めて検証を繰り返し、技術検証ができたら仕様を組むのも面白いと思います。
そういうことが好きな人はぜひ、やってみてください。

では、また。

参考ドキュメント
※ドキュメントは英語になります。

QTreeView(ファイルを一覧する所のUI情報)
QFileSystemModel
QLineEdit(フォルダパスを表示するUI情報)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

思い込み力

プラシーボとスパシーバって似てますよね?ラテン語とロシア語らしいですが…。
おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのK.Cです。

さてそのプラシーボ効果ってやつですが、さらっと調べたところ「偽薬(ぎやく)、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事である。」らしいです。所謂思い込み効果ってやつですね。

私はコーヒーを美味しく思ったことはありません。
周りから「大人になれば美味しくなるよ!」と言われ、時を待ちましたが、どうやら40を過ぎた今でも私はまだ大人になれていないらしいです。
しかし、コーヒーは眠気覚ましに毎日飲みます。めっちゃ飲みます。
カフェインなんて身体がすでに慣れてるはずなんですが、めっちゃ飲みます。
じゃあなぜ効きもしない、さらには美味しくもないコーヒーを毎日飲み倒すのか。
そこで今日のお題っ!はい。「思い込み力」なんです。

こんなにコーヒーを飲んだんだから眠くなるはずが無い

これです。

「お、眠くないぞっ」と騙されているのではなく、「はずがない」と自分に言い聞かせて、午後だしぃ~、疲れてるしぃ~等の逃げ道を無くすのがミソです。

お。なんだ?ただの自分語りか?と思われた方、さにあらず。
私はこの方法をモーション作業にも大いに生かしています。

【作成中】
俺のモーションはイケてる!最高!うおーこのポーズかっけぇ!
とひたすら自分に言い聞かせ、勢いに任せて迷い無く(迷っても「ここはこうだろ!」って突っ切ります)作っていきます。

で、一息、休憩(もしくは翌日)

【賢者タイム】
誰だこれ作った●×△*ヤロー。
下手くそやなぁ。こことかあかんやろ。

とかボロっかすに言いながら他人事のように修正して行きます。
そうすると、勢いに任せただけでなく、ちゃんとしたモーションが出来るって寸法です。

と、偉そうに書きました。年の甲ってやつです。
…あ。いや。すみません。私の言葉じゃないです。
これは昔仕事に関し、色々教えてくれた師匠の受け売りなんです。
一度客観的に見ないと自分のアラが見えないのはみんなわかってはいるのですが、本能的に一度作ったものを触りたくない。面倒だ。
という気持ちが働き、完成!と思い込むのが人間てもんです。
それを冷静に判断し、修正する勇気を持てって嫌っちゅう程、言われたんす。
コレで完成っていう自分の中のハードルを上げる意識を持ち続けないと成長は止まるとも言われましたな。

そう。私は今でもまだ成長中と思い続けようとしています。
身体もまだ成長中。特にお腹とか横にねっ!(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

頭の回転

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのN.Kです。


人間のモーションを作成するとき、頭の動きがブレていたりしませんか?
もしくは固まったままになっていませんか?

たとえば、何かを見ている状態で動いているとき、目線は対象物を捉えたまま体が動きます。
それが歩いたり回転したりしても目を逸らさないのであれば、頭の向きはそれほどブレないでしょう。

だからと言って、体の末端にある頭が固定されるわけではありませんので、平衡を保とうと体の向きに合わせて頭は回転します。
ただ、体が激しく動くのに合わせて動かしすぎると、首振り人形のようになるので注意です。


言葉で説明されても分からないと思ったのであれば、実践してみるのが一番です。
理屈で考えるよりもストレートに伝わり、理解するのも早いです。

では試しに、体を右に倒してみましょう。特に意識をしないのであれば頭も同じように右に傾いていきます。
この時、対象物を見ようと視線を動かすと、頭は地面に対して平衡になるよう頭を起こそうとします。
頭が傾いたままでも見ることはできますが、文字が読みづらいと感じて起こそうするでしょう。


余談ですが、なぜこんな話をしたかというと・・・。
新人のときに歩くモーションを作成した際、頭がガクガク揺れるのを抑えるために頭の動きをほとんど固定していたのです・・・。
昨日から新入社員の方たちが入社してきたのを見て、ふっと思い出しました。
今思うと少々恥ずかしくなるのですが、いやぁ、まあ、新人だったと言うことで・・・。


基礎なことではありますが、今一度見直す良いきっかけになったと実感しています。
せっかくだから作ったモーションを見直してこようと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

がんばれ新人君

おはようございます。sun本日の当番、モーションデザイナーのI.Hです。

今年も4月に突入し、新入社員が入ってくる時期ですね。
多くの会社は4/1から入社が多いでしょうが、アクセスゲームズは4/16以降が初出社となります。
なので今年は4/18に顔を合わせることになりますね。

という事で、新入社員に向けて軽く書いてみたいと思います。

右も左もわからない新人時代、
これからどんなことをするのだろう?
何を勉強すればいいんだろう?
会社の雰囲気はどんなだろう?


色々と心配ごともいっぱいだと思います。

新人の間に身に付けるもの。
もちろん、いち早く技術を習得する!
それも大切だとは思います。
しかしそれは一朝一夕ではどうにもなりません。

一番大切なのは、社会人としての心がけ
これを身に付けることでしょう。
アクセスゲームズでは新人教育というものを行っていますが、大きな会社でもよく新人研修というのを行っていますよね。
それが重要だから時間を取って、それを行っています。

まず、会社というものは学校とは違います。
学校はお金を払って、技術や知識を身に付けるところですよね。
会社はそうではなく自分の技術を使って、ものを生み出すところです。
アクセスゲームズでいうと、ゲームを作って世に送り出すことですね。

もちろん、仕事をしていく中で覚えていくことも多いし、経験を積むことで出来るようになるものも多いと思います。
また、先輩に指示をもらいながら、教えてもらっていくことも多くあるし、会社としては一人前になるように、教育指導しているでしょう。
ただ、上で言った様に会社は学校ではありません。
何から何まで教えてくれるという保証はないのです。

こなので、自ら学習する、人の技術を盗む等、自発的に動いていかないと、どんどん置いて行かれてしまいます。ここを勘違いしてしまいがちだと思います。

なので、何事も考えて行動する
また、どんな事でも自分なりに「これにはこんな意味があるんだ」という風に、考えて吸収していかなければ身になっていかないと、僕は考えています。
要は、「言われたからやった」だけで、終わってちゃダメですよという事ですね。

社会人として大切なことは、もっと細かい話をしていけば、色々とあるんですがここに書いていることの土台の上に立っていることではないかなと、僕は思います。

厳しい事を書いているかもしれませんが、これが全て自分に返ってくることなので、簡単な内容ですが書いてみました。

新入社員のみなさんはそういったことを踏まえて、立派な社会人になっていってください!
大変なことも多い業界ですが、楽しい事ややりがいがある事が、たくさんある業界でもありますので!

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

旅は恥のかき捨て&禍転じてなんとやら

おはようございます。sun本日の当番はこの間GDC出張してきたモーションデザイナーのY.Nです。
あれからもう1か月、時が経つのは早いものですね。
出張時、夜はちょっと冷えることもありましたが昼はちょうど今の大阪ぐらいの陽気で大変快適に過ごせました。本場のハンバーガーもうまかったなー。
会場や市街の視察の様子については後日公開予定のwebレポートにまとめられていますのでAGがどんな活動しているのか興味のある方はぜひそちらをご覧ください。今日はその時体験した事柄についてのお話です。

今回のメンバーは3名でしたが到着初日は他2名が酷い時差ボケだったためホテルチェックインやGDCのレジストレーションなどの必須タスクを終えた後、夕食前早々に解散して自由行動ということになりました。人生初のGDC出張、初サンフランシスコの夜を独りで過ごすことになったわけです。
初夜を祝うのにふさわしいレストランを探し求めて街に繰り出しました。
特にあてなくしばらくぶらぶら歩いていたところ、行列ができているお店を発見。

2016_0414_1
お店外観 お昼の景色

2016_0414_2
一人なのでカウンター席に通してもらいました

メニューから目を上げるとバーテンがシェイカーを振りながら首をくっとこちらに向けました。以下バーテンがB、わたしがIです。
B:What can I get for you?
メニューを指しながらビールと料理1品を選んでバーテンさんに伝えます。
I:This beer and this one.
B:Would you like anything to eat?
先ほど頼んだセットで日本のファミレスでの1食分をオーバーする金額です。
ジェスチャー含めてもう十分と伝えました。
後で思い返すと、その時バーテンさんは私のことをちょっと訝しんでいたんです。
ただ、その時は意外と通じるもんだとちょっといい気になって注文した品が来るのを待っていました。

さっとビールを入れてくれ、そのままキビキビした動きでシェイカーを振りだすバーテンダー。
料理はどこか裏の厨房で作ってんだろうなぁ、でもそれにしては注文見た後誰にも話してないよなこの人。どんなシステムになってんだろう・・・
そんなことを思いつつちょっと浮かれてぼーっとバーテンの動きを見ているとなぜか今作っていた飲み物を私に出してくるじゃないですか。

I:Hmm? I didn't order it.
B:You ordered this?
キョトンとするバーテンダー。ひょっとして何かのサービス?とか思いつつしばらくすれ違った会話をした後、バーテンの言葉でようやく気付きました。
B:Don't you want this margarita?
I:!!!
マルガリータか! 愚かなことにピザのマルゲリータと勘違いしていたのでした。
そういやここMexikan Bistroって書いてたっけ。あと、メニュー2つもらったのに1つのメニューでどちらもオーダーしてたっけ、、、
あれはドリンクメニューじゃないかー。

バーテンは親切にもオーダーを取りさげようとしてくれていたのですが、勉強料と割り切ってマルガリータも受け取ることに。

2016_0414_3

2種類のアルコール飲料を同時に頼むという愚挙を恥じ、再度メニューをもらって料理を頼んだのですが、ここで更なるプチ悲劇が。
後でわかったのですがマルガリータなど一定額以上の飲み物を頼むと付け合わせでパンケーキ?みたいなのが付いてくるシステムなのでした。

2016_0414_4

写真だとわからないですが中々の量です。はっきり覚えてないのですが丸くて薄いモチモチしたホットケーキみたいなのが6枚ぐらい入っており後から頼んだ料理も含めると結構な夕食となってしまいました。

2016_0414_5

マルガリータが来たときはすっかり打ちひしがれたものですが、この流れ
意外と悪くなかったんですよ実は。
このダメダメな一部始終を見ていた人が一人いたのです。
私はちょうどカウンター席の角に座っていたのですがその角を曲がったすぐ隣の席に素敵な米国人老紳士が座っていらっしゃいました。
マルガリータを受け入れて苦笑いしていた私がちらっとその方を見た時、まぁそんなこともあるさという感じで肩をすくめてニコッと微笑みかけてくれました。

I:I mistook this for some kind of Itarian Pizza.

マルガリータを指さしながらそのおじ様に話しかけたところ、何とおじ様はちょっと身体をこちらに乗り出して肩をポンポンと叩いてくれたのです。
な、なんてフレンドリー!!!
そこから話に花がさき、願ってもない楽しい夜になったのでした。

皆さんも出張などに行かれることがあったら現地の人と触れ合う機会を積極的に持つようにしてみてください。最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが思わぬ楽しいひと時を得られるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ネタ集め・・・かもしれない!