2018年7月13日 (金)リアル脱出ゲームに行ってきました!

おはようございます。
趣味は浅く広く、多方面に散財するモーションデザイナーのK.Tです。
先月末から色々と気の抜けない日々が続きますが「こういう時こそ娯楽が大事!」と思い、長らく楽しみにしていたリアル脱出ゲームに行ってきました。

そもそもリアル脱出ゲームてなんぞや?という方もいらっしゃると思うので、簡単に説明しますと、「参加者がひとつの会場に集まって、そこにばらまかれた小さな問題を解き、最初に課せられた根本的な問題の答えを探して脱出する」といった没入型の推理ゲームです。

今回行ってきたのは某ソーシャルゲームとコラボしている演目です。
実はこの公演、超人気の公演で、チケットが取れず諦めていたのですが…少し前に姉から連絡があり、

姉「チケット余ってるんやけど、妹ちゃん来る?」
!(゜Д゜)
てな感じで、姉と姉の友達ら6人で行ってまいりました!

ソシャゲとのコラボということで、会場内のスタッフさんは全員ゲーム内の制服に!そしてスタッフさんたちのノリもすごくいい!
彼らもきっとこのソシャゲのファンなんだろうな……と思いつつ、ゲームを楽しみました。
演出も良く、ゲームをやっている人には滾る演出とストーリーが……!
スタッフの対応・会場の演出面共に、世界観を前面に押し出してくれるタイプのいい公演でした。

というのも、リアル脱出ゲームの良さの1つに「その世界に入りこめる」というものがあります。
「謎解き興味ないしな…」という方でも、会場内の雰囲気を楽しむこともできますし、好きなゲームとのコラボなら行く価値は全然あります!

問題の方はリアル知識が試されるタイプの物ではなく、資料を探せばどこかに答えが載っており、未経験者にも優しい作りになっていました。
中にはソシャゲモチーフの問題もあり、実際にコマンド選択しているようなワクワク感がありました。
また、リアル脱出ゲームでは、謎解きが苦手な人にも役割が与えられるようなシステムになっている(雑用とか、ヒント探しとか)ので、気軽に行っても大丈夫です。

全体的に、リアル脱出ゲーム未経験者でも、コラボ先のゲームをやっていなくても楽しめるような作りになっていました。

そして、結果は、惜しくも脱出失敗!
あともう1押し!の部分が足りませんでした…。

というのも、最終回答を出しに行ったすぐ後に「あれ、もしかして…」と改めて問題用紙の隅々を確認すると、そこにはやっぱりミスが!
「最後の最後にやっちまった~!」と反省しながらも、企画運営スタッフの手の上で踊らされる経験も悪くないな、と思う一日でした。

企画運営スタッフがどういった思惑でひっかけ問題を作っているか。
参加者には、一見意地の悪い問題を考えているだけに見えますが、その裏に並々ならぬ努力を感じます。
ターゲットに沿った問題の難易度、最終問題に至るまでに必要な「説得力」の構築、それを強調させすぎずにいい塩梅を保つ演出などなど…。
それらを洗練していき、参加者が結果発表で喜んだり悔しがったりできるように「意図」を組み立てているのだろうと思いました。

そして、リアル脱出ゲームの企画運営スタッフだけじゃなく、こういった「意図」は色んなところに通じているものかと思います。
アクションゲームでも、「ここにお邪魔を設置したら難易度が跳ね上がる」「この面はボス面だからもっと難しくしたい」等の思惑が見えるものがあります。
そういった作者の「意図」をくみ取り、それを乗り越えられるようになれば、楽しみ方が広がるのかなと思いました。

まぁ、ただの負け惜しみですが。悔し~~~~!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/07/post-dc7b.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)資料集めって大事

おはようございます。
自然が恋しいあまりに観葉植物を育てたい、背景CG担当のH.Tです。

最近、趣味のイラスト作成が白熱しております。
きっかけは、「資料集めって大事だな!?」という学びからです。

会社に入って背景の仕事をしていると、自分でオブジェクトのデザインを考えることが多々あります。
私にはたいした知識がなかったので、考える当てがなく何も思い浮かびませんでした。

このままではいけないと危機感を感じ、ネットで画像を探して世界の美しい建物や綺麗な植物など、興味の湧くものを見つけてはスケッチを取るようにしました。 そうしたら、デザインの引き出しが少し増えて、ある程度のデザインならできるようになりました。

この方法で一番ためになったのは、資料集めの癖が付いたことです。

趣味のイラストを描いていた時、そのありがたさを実感しました。

今まで「こういう絵が描きたい!」と頭の中でモワモワ考えていても、「ここはこんなでいいや」と知っているもので構成してしまい、最終的に地味な絵になっていました。

しかし、先日はいつもと少し違いました。
なぜなら資料集めをしたからです!

いつもなら、服などのよく分からない部分を単純なものにしてごまかしていたのですが、その時はインターネットを使いパーツごとに細かく調べて、どういうバリエーションがあるのかを探しました。
そうすることで、自分の知らなかったものの構造が分かってしっかり描けるようになり、イメージしていたよりいい絵になったのです!

今では、よく知らないものでも「調べればいいや!」という気持ちになり、何でも描けそうな無敵感があるので絵を描くのがとても楽しいです。

こうやって仕事中に学んだことを趣味で試したり、趣味で閃いたことを仕事に取り入れたりできるのはこの職種のいい所だなぁと思います。

これからも、楽しくイラストを描いていきたいと思います。

これは資料集めができるようになる前の絵ですが載せておきます。

Img_20180706_2

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/07/post-ddc7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)ゲームにアクセスする

おはようございます。
好きな季節は夏。今週の当番、汗だくプランナーのK.Mです。

少し前、学生時代の友人数人と我が家で宅飲みした時のお話です。
酒や食料品の買い出しに出かけた時、一人がある提案をしました。

友A「映画観ながら飲もう」

映画学校時代の友人達なので今でもみんな映画好きです。
別の友人が言います。

友B「全員が観たことない映画にしよう」
友C「それってなかなか難しいんじゃない?」

話題作や有名どころはたいてい押さえている、そんな連中です。

友B「しかも!」
友B「たしか、この近くにアダルトビデオショップあったよな」
友B「その店先でもうしわけ程度に売ってる一般映画の中から選ぶ!」

映画好きの僕は、定額動画配信サービスに入ってます。
わざわざそんなことしなくても…と内心思いましたが、みんなは大盛り上がり。
掘り出し物を見つけるというお宝探し要素が琴線に触れたのでしょう。

さっそくビデオ店へ。 一般映画コーナーはそれほどの大きさはなく、寂れた味わいがあります。
色褪せたパッケージの中古DVD群はワンコインで買えるものが大半です。

友人達で厳選した結果、「デビル」(2010)が選ばれました。

決め手はM・ナイト・シャマランのプロデュース作品だったこと。
みんな大好きシャマラン監督。「シックス・センス」の監督ですね。
監督作はもちろん押さえてましたが、プロデュース作があったとは…。
映画好きの仲間達も見逃してたマイナー映画のようです。

どんな映画かと言うと…
EV(エレベーター)で密室なミステリーホラー

予算かかってなさそー。でも…面白そー!

自宅に戻って飲み始めます。
いい感じで酔いがまわってきた頃合いに上映開始。

EVという究極の密室空間に閉じ込められた人達。
不調のEVで照明が消えるたび、誰かが切りつけられたり殺されたりします。
疑心暗鬼になる登場人物達。
しかもそれぞれに怪しい事情を抱えていることが判明していきます。

お酒でマッタリしてた友人達は皆、前のめりになって観てます。
さらなる犠牲者が出た時………DVDを止めました。。。

友A「何?どうした?(怒)」
私 「さて、犯人は誰でしょう」
友A「???」
私 「色々情報が集まりだしました。さて犯人は誰でしょう」
私 「君達、観終わった後に途中で犯人分かってた…とかよく言うよね」
私 「ここでそれぞれの推理に基づく犯人を宣言してもらいます」

みんなは、この「暴挙」を面白がってくれました。
まず、この時点で集まっている情報を整理。
そして、それぞれが犯人を推理します。

私 「では、再開」 誰かが殺されるたび、新情報のたびに止めてディスカッションタイム。
見逃してしまった重要シーンを確認するため巻き戻したりもしました。

自信満々で犯人宣言したのもつかの間、候補があっけなく殺されたり、
重要な伏線を見落とし、とんでも推理を披露したり…

ミステリーホラーを観ているはずなのに絶えない笑い。笑い。笑い。
いつもの映画鑑賞とはひと味違う、新しい楽しみ方を発見した思いです。

で…推理ゲームの勝者はどうなったか?なのですが…

結局、誰の推理も当たりませんでしたー!
だって、予想だにせぬ「あんなこと」や「こんなこと」が起こるんですもの。
さすがシャマラン!

悔しいですが、酔ってなかったとしたら…きっと当てられたはず!
でも酔ってなかったら、ここまで盛り上がらなかったかもしれません。

●〆(しめ)のお言葉
これからも色んなものにゲーム性を追求していきます。
それがアクセスゲームズである我々の努めなのですから…

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/06/post-23d0.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)ゴールに向けて

おはようございます。本日の当番、ゴルファー兼プログラマのJ's.Kです。
気温が上がり、ゴルフシーズン到来!
梅雨だろうが、お構いなしにプレーだ!
でも、絶不調中です…

さて、本日のお題は「ゴールに向けて」です。

ゴルフは、最終的にカップにボールを入れることがゴール。

スタート地点とゴール地点は決められています。
ですが、その間の過程はプレーヤーの裁量であり、決められていません。

その人の実力、その時々の体調やゴルフの調子などで、過程は大きく変わります。

如何に上手くゴールに近づくか?
それを考えるのがゴルフの楽しさ。

ですが… 自身の実力を過大評価したり…
調子を無視して無茶なプレーをしたり…
という方もちらほら…

そういう方は、最終的にゴールはできても良いスコアにはならないこと多々。

如何に危険を回避するか?
如何に正しい状況判断を行うか?
そして、如何に上手くゴールするか?

考えるだけでも楽しくなります。

さて、ゴールに向かうのはやはり業務でも同じ。

業務にはスケジュールがあります。
当然スタートとゴールがあります。

業務をスタートさせ、スケジュールに合わせて上手くゴールさせる。

もちろん、すんなり進行すれば問題なし。
ただ、様々な障壁、紆余曲折はあるでしょう。

自分はどのようにゴールさせたいのか?
ゴールさせるためにはどうすればよいのか?

ゴールに向かう道は何通りも存在します。
その時にベストの選択を行うことができれば、結果は自ずと出るでしょう!

ただし、無謀な道、無茶な道は避けましょうね…

と言いつつも…

ゴルフだと、どうしてもチャレンジ精神が…

無謀はしません、多分。
無茶もしません、多分。
でも、無理はしちゃうかも…

ゴルフも業務も上手くゴールしたいものです…

Gvswing

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/06/post-2f3d.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)初挑戦

おはようございます。
本日のブログ当番、プランナーのM.Tです。
先日梅雨入りしましたが、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は、天気がよかったので、バイクのオイル交換を行いました。
今乗っているバイクのオイル交換はいつもお店任せでしたが、今回は自分でしようと思い、初挑戦しました。

まず最初にネットなどで調べて、メガネレンチとオイルトレイ、交換用オイルなどが必要とわかったので、そちらを購入しました。

購入工具一式
20180614_01

その後、工具が一通り揃ったので携帯片手にオイル交換を行いました。
ネットでは、【ドレンボルトを外してエンジンオイルを抜け】と記載されておりましたので、その通りにエンジンオイルを抜こうとした時、下がオイルまみれになると気づき慌てて、オイルトレイを下に置きました。
ちなみにネットでは何も書いてなくて写真が入っているだけでした(汗)

抜いたエンジンオイル
20180614_02

エンジンオイルがすべて抜けた後、先程外したドレンボルトを取り付けて、新しいエンジンオイルを目分量でオイルを入れました。
その後、エンジンを始動してオイル量をチェックすれば作業完了になります。
(結構適当でしたが、意外とうまくいきました)

エンジンオイル量
20180614_03

今までめんどくさいと思いしていなかったですが、意外と簡単に出来ました。
また、自分でメンテナンスしたことにより、今まで以上に愛着が湧いたので、オイル交換以外にもメンテナンスを覚えたいと思いました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/06/post-7795.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)自分を知ってもらう

はじめまして。社会人2年目のプログラマー、Y.Mです。
昨年度はブログを書く機会がなかったので、今回が初ブログとなります。
よろしくお願い致します。

さて、私が入社して1年が経って少しずつ周りの方がどんな人かがわかってきました。
普段は気さくだけど仕事になるとまじめになる人。
仕事や趣味に対する熱意があふれている人。

その方がどんな人かがわかってくると、「この話は楽しく出来そうだ」とかこのニュースはあの方と共有しようと考えるようになってきました。

そういった普段の会話もあって、新人特有の緊張感もある程度無くなり、少しずつ場に馴染めてきたのかなと思っています。

こういった場に馴染む方法として、どのような工夫が考えられるでしょうか?
私は上記の様に話の内容にも工夫していますが、私が一番気にしているのは「相手に自分のことを知ってもらう」ことです。

「私って○○なところあるんですよね」という何気ない会話や普段から口癖の様に自分の性格や趣味について話す。
また、行動で示すなど様々な伝え方があります。

周りの方に自分をどういう人か伝われば、「この方はこういう人だから」と無意識にでも考えてくれるので、よりスムーズな会話が成立します。

お互いを知っていくことでコミュニケーションが気軽になれば話す機会が増えていき、ゲーム開発にも活かせて一石二鳥ですね!

こういったことに少しでも気をかけることによって、普段の会話もまた違った観点から見ることが出来るのでぜひ試してみてください!
私としても今後もいろいろな方とコミュニケーションをとっていきたいですね!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/06/post-9f8f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)最近よく思う、睡眠の重要性

おはようございます。
本日のブログ当番、モーションデザイナーのT.Hです。

先日整体に行きストレッチ等を受けたのですが、その先生に、睡眠に関する豆知識やおすすめの睡眠方法、リフレッシュ方法などを教えて貰いました。
そのことをふと思い出したので、いい機会なので少し紹介したいと思います。

そこで今回は教わった睡眠についての豆知識を、少しだけ書いてみたいと思います。

睡眠には「よい睡眠の3箇条」というものがあります。
①寝つきがよい
②ぐっすり眠る
③寝起きがすっきり

この3つすべてあてはまっているかどうかで睡眠の質が決まるそうです。
睡眠の質を向上させるほど、心身の疲労回復や健康維持はもちろん、自身のパフォーマンスアップなど様々な効果をもたらしてくれる。とのこと。

では睡眠の質を上げるにはどうすれば?
これにはいくつか方法がありますが、今回は私の実践している方法を2つほど挙げてみます。

1つは、寝る前に温かい飲み物を飲むこと。
これは温かい飲み物は、体内から体温上昇を促してくれるそうで、そして体温が下がり始めるときに自然な眠気がおきるみたいです。
麦茶などノンカフェインのものをおすすめされました。

2つ目は、室温等心地よい空間を作ること
暑すぎたり寒すぎたりして体温調節がうまくいかないと、寝つきが悪くなってしまうことがあります。
確かに暑すぎたり、寒すぎたりで夜中に起きてしまうことってありますもんね。

上記に挙げたものや私が実践しているのもは、いくつか教えて貰った内のほんの少しです。
でも、やっぱり一番は自分に合った方法を見つけること、とも教えて貰いました。

私も実際に実践してみて、前より寝起きがよくなったと感じていますし、同時に寝つきが良くなったようにも感じています。
今では実践していく内に、自分なりのこだわりや、やり方を持つようになっています。
それこそ敷布団から掛布団、枕や寝る時の体勢まで…
結構長くなりそうなので、またの機会があればこれらも紹介してみたいです。

先にも挙げましたが、よい睡眠をすればパフォーマンスアップにも繋がります。
自分のパフォーマンスをできる限り最大限までだして、なおかつモチベーションを高く維持していくことは仕事でも勉強でも、とても重要だと思います。

なので、私はこれからも自分にとって良い睡眠が出来るように模索していきます。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/06/post-42d8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)カメラの設定を使いこなしたい

おはようございます。CGデザイナーのN.Tです。

現在キャラモデラーとして日々働いているわたしですが、学生の頃はアニメーションの勉強をしていました。
アニメを一本まるまる自分で作り上げるフローを学んでいたので、キャラや背景のモデリングやモーションはもちろん、それらを写すカメラのことも勉強していました。

と、前置きはさておいて。学生の頃はカメラの知識を深める為、実際にミラーレス一眼を購入して様々な所に撮影に行っていたのですが、先日自宅PCの整理をしていたときに写真のデータを発掘したので、カメラの話を混ぜつつ、載せてみようかと思います。

まず、デジカメやスマホで普段撮影している人は、機械が自動で最適な設定を行ってくれるので、いつでも"良い感じ"の写真を撮ることができると思います。
ですが、ガチで一眼レフ買って撮影行ったるでオラ!って人向けに、「どんな場所でも綺麗に撮影するための設定」について解説してみようと思います。

カメラでまず覚えるべき設定は以下の三つ。

・絞り(F値)
・シャッター速度
・ISO感度

これ。この三つ。
これさえ覚えればあとはどうとでもなります。

「絞り」とは「光の量を調節できる値」であり、画面に発生する「ぼけ」の要因にもなります。この値が大きければ大きいほど絞りが強くなるので、光の量は少なくなりますが、画面全体が鮮明に写るようになります。
目を細めて物を見ると、ハッキリクッキリと見える代わりにちょっと視界が暗くなる…そんな感じです。

「シャッタースピード」とは、文字通り「カメラがシャッターを下ろす速度」です。速ければ速いほど、動くものが鮮明に写るのですが、カメラが十分な光を取り込む前にシャッターが落ちてしまうので、画面全体が暗くなってしまいます。

「ISO感度」とは「カメラが光を取り込むパワー」のようなもので、高ければ高いほど現実の物より明るく(露光して)写ります。ただし、無理矢理光を取り込むので不要なノイズが乗ってしまいます。

例としてはこんな感じで、、、
1

2_2

それぞれこんなデメリットがあります。
3

4_2

なので、絞り(ぼけるかぼけないか)とシャッター速度(ブレるかブレないか)をきっちり設定した後、ISO感度の強弱で画面の明るさを調整するのです。

梅田のキャンドルナイトに出かけた時の設定はこんな感じ。
5_2

あとは実際いろんなものを撮影してみて、適切な設定を感覚的に覚えていくことが大事かと思います。
もうひとつコツはとにかく枚数を撮ること。わたしは一回撮影に行くと200~500枚撮って、その中からより良い50枚程を選別します。奇跡の一枚が取れていることを信じて連射するんです。

最近撮影目的の散策を行えていないので、スキルを鍛えるためにも観光地巡りとかしたいですね…!
また沢山写真が溜まったら、次のブログでお見せしたいと思います!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/05/post-6966.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)現実で掴むイメージ

おはようございます。
人生という迷宮に挑む冒険者であり、今週のブログ当番、プランナーのO.Oです。

5月になり、暖かく過ごしやすい季節になってきました。
冬の間は寒さで家に籠もりがちだった方も、暖かくなってきましたので、休日は外に出かけてみてはいかがでしょうか?

ということで、私が最近やりはじめた、実際に歩いて、見て、体験しながらイメージする、あるトレーニングについてお話したいと思います。

元々、私は歩くことが好きで、休日の日中は外に出て、色々と歩き回るようにしていました。
ただし、歩くこと自体が目的だったため、漫然と歩くことが多かったと思います。

そんな折、昨年参加させて頂いたCEDEC2017のセッションで、ある開発の話をお聞きして、目から鱗が落ちるのを感じました。
それはゲーム内の距離などの規模感を現実の規模を参考にして、ゲームが作られたというお話でした。

それ以来、ただ漫然と歩くのでなく、色々な場所に行ったりイベントに参加して、もしこれがゲームの中だったらどうなるだろう?と考えながら歩いてみることにしました。

今回は実際にゲームにしたらどうなるだろう?と考えながら参加してみたスタンプラリーのイベントを例にお伝えしたいと思います。

20180515_01

色々な神社巡り=色々な神殿を巡れば、神殿でどういった恩恵を得られるのだろう?

20180515_02

山を登り=山を登った頂上では、一体何が待ち構えているのだろう?
吊り橋を渡り=吊り橋という不安定な場所で、どういった緊張感のあるイベントが作れるだろう?

20180515_03

苦労の末、ゴール地点にたどり着く=たどり着いた目的地には何が待ち構えている?

このスタンプラリー自体、スタートからゴールまで色々な場所を巡り歩くもので、4時間ほど掛かりました。
これをゲームに置き換えるのであれば、巡った場所ごとにイベントを用意すれば、4時間近いゲームイベントが作れるのではないかと思いました。

その他にも展示会などでは、展示会場をダンジョンに見立てて、1つの展示物に見るのに掛かる時間をバトルに置き換えたり、会場全部を回る時間をダンジョンをクリアする時間にしてみたりしてみました。

ゲームを作る上で、自分の頭の中でイメージしたものをゲームに取り入れることは重要だと思います。
ただ、ゲームへの没入感をより高めるためには、実際に現実で掴むイメージをゲームに取り入れることも重要だと感じました。

皆さまも一度、イベント事に限らず身近なことで良いので、これをゲームに置き換えたらどうなるだろう?と考えながら過ごしてみてはいかがでしょうか?
私は新しいアイデアをゲームに取り入れるべく、次はどんな新しい体験をしようかと考える毎日です!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/05/post-d012.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)GW

おはようございます。
本日の当番のディレクター兼デザインリーダーのH.Fです。

おっぎゃー!!
とうとう、、今年のGWが終わっちまいましたね、、、。

しっかり療養をとって今週からエンジンフル可動で頑張るという人
逆にギリギリまで遊び過ぎて疲れが残ったままの人
家で酒飲み過ぎたり寝過ぎたりして少しいつもの調子が出ない人

など、様々なGW明けの週を体感している人がいるものと思いますが、休めた方は有意義な日々を過ごせたでしょうか?

私は久しぶりにある程度纏まった休みをとる事が出来きたので、子供の参観日で小学校行ったり近場ですが水族館など、諸々の施設や行事に行ってきました。

小学校の校舎などは実に2~30年ぶりに入るような歳w
学校によりけりで環境は変わると思いますが、子供の教室に移動するまでに色々と施設内を見回すと、私の時代では無かったPC&サーバールームや面談するカウンセリングルームなどがあり、「へぇ、、最近の小学校はやはり進んでるなぁ、、」と感心しつつ、いかに自分が地元の小学校の環境しか知らず古い知識だけで止まっていたのかを今更ながら痛感しましたw
しかもトイレが壁もパステルカラーで可愛くメッチャ綺麗でビックリ。
デザイナーとしてトイレを何度もモデリングしてきた身としては、ここは入らないと気が済まない!!
と行動が怪しい私に対する嫁の冷たい視線に耐えながら少し内装を視察w
しかし親になるか教育関係者の仕事に就かなかったら容易に入れなかったであろう施設と考えると、非常に貴重な体験でした。 まあ当然主目的は子供の参観日ですがねw

他、GWに行ったところとして子供達からのたっての希望でもあった近場ですが、大型水族館なども行きました。
で、、予想通り館内や水槽の前には人の行列でごった返しなので、移動するのも見るのもひと苦労w また館内は水槽の魚が観賞している人を見てストレスを感じさせないために、明るい水槽内の光がアクリル板に反射してマジックミラーの効果になるよう通路は暗くなっているので、

「わーwwスタンプラリーw」

「わーwwアザラシーw」

と動き回る子供達が暗闇で迷子にならないかをビクビクしていたので

「ちょっ、、魚どころじゃねー!!」

っていう状態でした。
(まあどこの家族連れもそんな感じでしょうかね?)

しかし当の行きたいと言った本人らは人の波を気にせず楽しんでいたので、相変わらず子供はパワフルやなぁ、、と改めて実感。
そんな私は魚を追う事が出来ず、せめてもと子供達を横目にデザイナーの性か水槽の水面や光彩を見て、綺麗やなぁーと光と水の表現を楽しんでいましたw

20180507_01

20180507_02

っとGWは家族サービスしていたことをブログで報告をしながらも、子供から解放される合間は酒と睡眠でグダグダと過ごす日々の繰り返しだった私は、なんか微妙に疲れが残った状態でのGW明けに打ちひしがれておりますw

GW皆さんは如何お過ごしでしたか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/05/gw.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«定時後の過ごし方