2015年8月28日 (金)

不幸は立て続けに起きるが幸せはきっと来る

おはようございます。sun
最近、涼しくなって過ごし易くなりつつも
日の落ちるのが速くなり寂しい気持ちになります。

本日の当番、プログラマーのT.Mです。

最近、PCがお亡くなりになり余計に寂しい気持ちになりました。weep

電源を入れた瞬間に「バチン!!」と大きな音がなり、
その後、電源ボタンを押してもウンともスンとも言わなくなりました。
とりあえず、購入したPCショップに連絡を入れました。

症状を話したところ、おそらく電源がショートしたのではないかとのこと。
しかも3年保障に入れておいて3年と2週間が経ったタイミングでコレでした(泣)
詳しくは調べないと分からないとの事でしたので、持って行くことにしました。

PCがミドルタワーだった為、そのまま持ち運ぶことができず、
梱包する為、近くのホームセンターに段ボールと緩衝材を購入しに行きました。

購入し家に戻ろうとした所・・・雨が降っていました。
もうね、泣きっ面に蜂ってやつです(号泣)

仕方がないので雨のなか家に戻り、梱包し水が浸透しない様、
上からビニールをかぶせて、小雨になったタイミングで
PCショップへ向かいました。

PCショップへ持って行き、確認してもらったところ、
電源とグラフィックボードがお亡くなりになっていたことが確認されました。

修理費を見積もってもらおうとした所、気の毒に思ってか
少し時間がかかっても良いなら無償で修理して頂けることに!!happy02

・・・大好きです。今度お金が貯まったらノートPC買わせていただきます。

今では無事、PCが戻ってきて元気に動いてもらっております。

此処のブログを見てる人はきっとPCを使った職についてる人や
そういった職を目指している人がほとんどだと思います。

定期的にPCのメンテナンスをしてやってください。

自分みたいにならない様に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

一つの関数が三千行とか目を疑う

おはようございます。
本日の当番、プログラマーのT.Fです。

過去のソースコードを扱う機会があると、
ひとつの関数の中に if や switch が大量に使われているせいで、
何千行もの命令が書かれたソースコードに出くわしたりする事があります。

はじめはシンプルだった関数が、
度重なる要望対応、別のプログラマーへの引き継ぎ、
過去のソースコードのコメントアウト、増えていくenum、バグ修正、デバッグ処理の追加、
例外につぐ例外の追加によって生まれてしまったのであろう超絶の長さの関数!

・・・見る気が失せます。

こういったソースコードの解析する際は分かりやすいように適当な所で、
更に新しい関数に処理を分けたりするのですが、関数に分けづらいケースもあります。

そんな時に使うのが、#pragma region です。

#pragma region ほげ判定
if(hoge()){
huga();
}
#pragma endregion


と書くことによって、グルーピングする事ができます。
Visual Studioを使っている場合、

+ ほげ判定

と region ~ endregion の間に書かれたソースコードを非表示にする事ができるので、
長いソースコードを追いかける時の上下移動が楽になります。

region に関しては、推奨派、非推奨派の熾烈な争いが行われているので、
用法用量を守って正しくお使いください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

また調整の話

おはようございます。sun本日の当番、プログラマのT.Hです。

以前ロケテストに行ったゲームがついに稼働!

ということで普段家庭用で格ゲーをしている私もちょくちょくゲーセンに足を運んでゲームをしております。
他のゲームも新作が稼働するので、ゲーセンに行く機会が増えそうです。
そのためのアケコン。

前回のブログで調整に関して書きましたが、今回も似たような話を。

調整と一言で言っても、パラメータの微調整で済むようなものから、
プログラムを書き変えて根本の仕組みから変えたりするようなものまで様々です。
当然調整というのはおもしろくするためのものなので、
自分で実際にプレイし、画面を見て結果を確認していきます。
調整を重ねていったら自分の中ではおもしろくなっていっているはずなのですが、
たまにあるのが、夜遅くに調整していてこれめっちゃおもしろいわ…
となってたものを次の日に改めて見ると何か違うな…となったり、
調整中とは違うシチュエーションで確認するとしっくり来なかったりします。

やっぱり一人で調整していると気付かない部分も出てくるので、
一区切りついた段階で他の人に見てもらいましょう。
私はちょっと早めの段階で見てもらうようにしています。
他の人に触ってもらうことで、自分が調整している際には目に付かなかった点に
気付けたり、細かい箇所の意見も聞けたりします。
そもそも調整の方向性が違うぞってことがあるとまずいですしね。

特に自分で作ったものが大好き!っていう人は要注意です。はい。気を付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

任せてくださいヨー!

土曜出勤の朝に映画を見てから出勤することがブームの、
本日の当番プログラマーのT.Tです。catface

プロジェクト立ち上げの初期段階などで、
新しい項目についてプランナーの方と話すと、
実現可能かどうかを踏まえて提案してくれる方が多いです。

「これとこれを使うだけで」
「差し替えだけの作業です」
ナドナド。

すっげーありがたい。

スケジュールは辛いし、
あっちもこっちも追加要望は来るし、
あれやこれやの取りまとめも必要だ。

その頂いた提案なら軽く出来るでしょう。

ただそれって――

やりたいこと出来てるの?
面白いの?

って聞き返すと微妙な顔。

ゲームは面白いことがもう最強無敵に第一です。

作業をやった上でつまんないものが出来たら意味がなく、
結局元々やりたかったことを実装しなきゃいけないことになります。

第一声は、
「こういうことが面白くてああいうことをしたいんだ!」
ぐらい雑でも良いのかなという気はしています。

プログラマーはその内容へ具体的なアプローチを進めていくことを、
日々培っているわけですから。

むしろプログラマーはそのへんの信頼関係を築くためにきちんと作業をしないとネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

シェーダー

おはようございます。 プログラマーのG.Iです。

本日も暑いですね、一時期のピークは過ぎたかもしれませんが
もうしばらく夏は続きそうです。

今日はプログラマーになろうとしている学生さんで
特にグラフィックスについて学びたいという人に向けての
話を書きたいと思います。

普通に仕事としてプログラムをしている人にとっては、当り前の当たり前
話だと思いますが良かったら見てください。


昨今、リアルタイムレンダリングの技術は山ほどあります。
物理ベースレンダリングだとかSSSSSだとか、少し属性は違うけど

プロシージャルテクスチャだとか、まだ私が知らないものも沢山あります。


その全ての入口がプログラマブルシェーダーです。
自分でシェーダーを書いて、思考錯誤をする、簡単な技術を試してみる
そこから始まります。

学生時代に、ここまでできている人と、できていない人ではものすごく
差が生まれます。少し極端かもしれませんが、シェーダーを実際に
理解して動かしている人と動かしていない人では、プログラマー
を目指す上で実際にプログラムをやったことがある人と全く
さわったことがない人...くらいの差です。

おそらくですが、就職活動でもそれくらいの差で見られると思います。
コンシューマやPCゲームを制作している会社の場合は特にそうです。


もちろん自分はそうじゃない!
バリバリシェーダーを書いてゲームを作っている!
という人もいると思いますし、実際にいました。

そういう人は大丈夫です。むしろ希望するならアクセスゲームズを
受けてください。

一緒に仕事したいなーw

ですが、実際のところ学生さんの中では、ぽろぽろとそういう人が
いるんですよね。愚痴になりますが…

DirectXなどは一昔前までは、シェーダーを書かなくても固定の
グラフィックス機能を提供してくれる仕組みがありましたが
今はありません。

これはあくまで自分の経験ですが、ゲームエンジンUnity
UnrealEngineでもシェーダーを書かないと自分たちの作りたいゲーム
オリジナリティのあるゲームは作りにくいです。

本気で目指す人であれば、是非是非勉強して実際に自分で
シェーダーコードを書いてみましょう!

絶対に意味がありますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

プログラムの勉強方法について

おはようございます。

ここ最近、プログラムの勉強方法って何がいいですか?
と質問される機会が多い、本日の当番、プログラマーのM.Oです。

本日はその時の答えを紹介させて頂きます。

他人のソースコードを読み、改変する。
現在はソースコードはネット上に大量にあります。
これらのソースコードを確認して、改変していく事で以下の効果があります。

ソースコードの書き方を学べる
選ぶソースコードによってピンキリとなりますが、他の人のソースコードを
読む事でどう書くべきかがだんだんと分かってきます。
これは、書式もそうですが、データ構造やプログラム設計にも
良い影響を与えます。
また、読みにくい書くべきではないコードも分かってくるかと思います。

機能を知ることができる
業務上、普段プログラムを組む時は、自分が知っている内容で組む事が
多くなります。
しかし、新しい事を学ぶ場合は、まず、サンプルコードを読み、
分からない事をリストアップして、ドキュメントや他のサンプルを
調べて行く事でその周辺の知識を得ています。
同様の事をすることで、知識を増やしていけると思います。

なんでもいいのでプログラムを組む
自分の興味のある物をなんでもいいので組むのがいいと思います。
モチベーションの維持に繋がりますし、実際に組む事で分からないものが
何であるのか、その分からないものを調べる過程で知識が増えます。
また、実際に作る経験は大きいです。失敗する事で、
次回は回避しようとしますし、良い組み方ができた場合は、
以降、その作り方に習う事ができます。

経験者の方にはある程度、同意していただけるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

想像と体験

おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Hです。

先日、猛暑の最中ではありましたが、
知人と明石海峡大橋に出かけてきました。

といっても、橋を渡って淡路島へ…というわけではなく、
橋の本州側のたもとにある「舞子海上プロムナード」という場所です。
橋の下に敷設された遊歩道で、
海の上を歩いている気分を体験できるというスポットです。

最寄駅から徒歩5分ほどで到着したのですが
…すごく大きい橋ですねぇ。
想像していたよりずっと大きいです。
よくこんな大きな吊り橋を作ることができましたよね、、、びっくりです。

特にアンカレイジと呼ばれる、橋を支えるコンクリートの建造物が凄かったです。
近くで見ると、その大きさに圧倒されました。

写真やテレビで見て想像していたのとは違い、
実際に大きさを体験できたので、すごくいい思い出になりました。

さて、プログラム作業をするときも
実際にプログラムを組んでみると、想像していたのとは
いろいろと違う点が見えてくる事が多いです。

思ってたより難しかったり、簡単だったり、
前に似たような処理を作った事があることが分かったり…などなど。

なので、ちょっとプログラムの方針に迷ったりしたときは、
頭の中で考えるだけではなく、
手を動かして実際にプログラムを組む事がお勧めかもしれません。
少し組むだけでも、意外な事が発見できたりしますし。

さて、橋の見学の方ですが、
高所恐怖症というわけではないのですが、かなりドキドキしました。
当日は風も強かったので、その影響もあったかもしれません。

足の下では海がうねっているのが見えて、凄い光景でしたよ~typhoon

凄く楽しかったのですが、
次に明石海峡大橋に行くときは
橋を渡って淡路島旅行に行きたいですねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

力加減

おはようございます。本日の当番、ゴルファー兼プログラマのJ's.Kです。golf
夏の日差しの中でのゴルフで真っ黒に日焼け中です。sun

さて、本日のお題は「力加減」です。

先日、土砂降りの中でのラウンドがあり、無理せず軽くスイングしてました。
すると、あれよあれよといい感じでプレーすることができました。

結果74で、今年のベストタイの好スコア!

特に大きなミスもありませんでした。
(パットが下手なので3パット5回もしましたが…)

その後2回ゴルフに行きましたが、好天で何の問題もなし。
しかし、8086という結果に…

まあ、2回とも難しいと言われているコースだったのですが…

それ以上にスイングが悪かった…

そこで考えました。
何がいけなかったのだろうか?と。

行き着いたのは、無駄に力を入れていた、ということでした。

土砂降りの時は、無理をしない、でも手も抜かない。
そういう考えのもとプレーしていました。

しかし、好天で何の問題もない時には、無駄に力が入っていました。

こういうことは仕事でも多々あります。

やる気満々で全力作業のスケジュールを組む。

ですが…

途中で割り込み作業が入る…
バグが出て調査する…
体調を崩す…

結果作業に遅れが生じる。

このように余力がない予定を立ててしまうと後々痛い目に…bearing

ですから、余力を残した状態で作業できるスケジュールが重要です。

自分の実力、調子等をしっかりと見極める。
そして、これくらいの作業なら余裕を持ってできる。
そういう考えのもと、進行しなければいけません。

と言いつつも…
ゴルフに行くとプロになった気分になってしまいミス多発…
ゴルフも仕事も余力を残して進めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

新入社員になって興味を惹かれる物が増えました

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのH.Mです。

私が、アルバイトとしてアクセスゲームズに迎えて頂いてから、気がつけば
3ヵ月がたち今、新入社員として働かせて頂いています。

最初、新入社員とアルバイトとどう違うのか、説明して頂いたのですが、
個人的にあまり違いが分からず実感もそれほどなかったです。
ですが、新入社員になってから3Dで物を作るだけだったアルバイトと違い、
事務関連の仕事やゲームに関する勉強会などにも参加させて頂いたり
しています。

前までは、好きな物はゲームかアニメぐらいだったのですが、
会社で様々な事を学ばさせて頂いている内に興味を惹かれる事が増えました。

学生の頃は自分には関係ないと勝手に決めて、
CGツール関連などを使っていなかったり、
あまり映画を映画館まで行って見る事をしていなかったのですが、
休みの日などをよく利用してCGツールの勉強をしたり、映画を観に
行くようになりました。

映画を見た後は、本屋に寄って画集などを買って帰るのが休みの日の
過ごし方になってきています。


他にも、フィギアなど立体で物を見れるので勉強になると言われていたのに
ほとんど買った事がなかったのですが最近、ZBrushの説明を聞いてから
参考になりそうなアメコミのフィギアやカッコイイロボットのフィギア、
可愛い女の子のフィギアなどを買いに行くようにもなりました。
(正直な所、自分でもこんなにはまるとは思っていなかったので少し買いすぎで
部屋がとても狭く感じる、掃除しないと)


まだ、事務仕事などで失敗が多く、先輩の方々に迷惑をかけてしまっているので、
もっと情報を仕入れて仕事の事などで、「ありがとう」と言って頂ける存在に
早くなれるように頑張っていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

身の回りのモノから作り手の意思を

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Yです。
 
夏といえば、ということでここ最近近場の祭に色々と出向いていました。happy01
立ち並ぶ屋台、運ばれていくきらびやかな神輿、想像以上の人ごみなど…。
祭には様々良いところはありますが、その中でも特に魅力的なのは「花火sign01
ではないでしょうか。
 
何発も打ち上げられ、夜空を彩る花火。
昔はただ綺麗だな~風流だな~と眺めるだけでした。catface
ですが、最近は昔と違い花火の打ち上がる種類や量、タイミングなどから
作り手の意思」を感じられるようになってきました。
 
ここは抑え目にして次で盛り上げさせたいんだな、とか
似た種類だけど同じのばかりで飽きさせないようにしてるのか、みたいな
花火に詳しくはないのでそんなに深いところまではわからないのですが、
全体の流れや狙いみたいなものをなんとなくですが読み取りながら
楽しんでいます
 
これは日々の日常も同じような感じで、お店にいったらレイアウトやメニュー表など
から狙いを探ったり、駅などの人が多く通る場所から動きやすい動線を
どう作ってるのか考えてみたり、などなど…。
 
もちろん、ゲームをプレイしているときにも作り手の意思を感じとろうとしてます。
作り手の狙い通りに自分が引っかかったら、そこから意思を読み取り、
今度自分も同じ様に表現してみよう、といったような感じで活かすことも
出来ます
 
是非みなさんも身の回りのモノから作り手の意思を読み取ってみては
いかがでしょうか。思わぬモノから意外な発見があったりするかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«暑い夏の対策