follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

2020年1月16日 (木)我が家のスマート化進めてます

おはようございます。プログラマーのK.Aです。


我が家は、田舎の閑静な住宅街にある一戸建です。
中古で買ったもので随分古いのですが、内装は数年前に無理してリフォームをしているのでそれなりに綺麗になっています。
とはいえ新しくなったのは内装の見栄えだけなので、当然ながら今時のスマートホーム的なものは一切ありません。引き込み線もアンペアが低くて工事をするまでは、ブレーカーがかなり厳しい設定になっていたほどです。


元はどうあれ少しは何とかしたいので、数年前に某社のスマートスピーカーを買って少しずつスマートホーム化を進めています。
スマートホーム化といっても、家電製品の使い方が変わる程度のものなのですが……。


スマートスピーカーで具体的に何ができるかと言いますと、声や遠隔地からのスマホやタブレットによる家電の操作が可能です。
それ以外にも色々機能はありますが、アクセサリーとの連携が可能なのでかなり拡張性が高いです。
我が家の家電はスマート家電ではないので、間を取り持つアクセサリーを複数用意しています。


・スマートリモコン
・スマートプラグ


これらのアクセサリーを使って家電を操作できるようにしています。
スマートリモコンは、リモコン操作が可能なすべての家電を操作できます。
私はよく分かっていませんが、IFTTTに対応していれば、既存のWebサービスとの連携すら視野に入るのでしょうか。
個人的にスマートリモコンの恩恵で一番大きいのが、手の届く範囲に無駄にリモコンを集めないで良いことだと思っています。
スマートプラグは、コンセントに繋がっている家電の電源のオンオフを操作できます。
変わった使い方として、通電を切ってもオン状態をキープできる物理的なスイッチで操作できる安いコーヒーメーカーをスマートプラグに差して操作しています。
これらのアクセサリーがスマートスピーカーを中心にして繋がっています。
Img_20200115_01

写真右にスマートスピーカー。
中央がスマートプラグで繋がっているコーヒーメーカー。
左上にある目立たない白いものがスマートリモコン。
絵の後ろにたこ足配線です。


スマートスピーカーやスマートリモコンは、よく使う操作を登録することで機能の多い照明やエアコンなどの操作を容易にできる面もあります。
どちらも細かな連携を設定できますので、手間を惜しまなければ色々できます。
スマートスピーカーは、クラウド上で自分でアプリを作ることもできるという点でも可能性を感じます。
一度軽く実験的にアプリを作ったことがあるのですが、困ったことに何を作るかで良いアイデアが思い浮かびませんでした……。
個人的には、アプリでWebAPIを操作すればPC環境のクラウド化次第でいろいろやれそうな気はしていますが。


声による家電の操作は、逆に面倒ではないかと思われるかもしれませんが、慣れると案外便利ですし、赤ちゃんのいる家庭では手が離せない場合にも重宝すると思います。
それ以外にも、炊事中やこたつから出たくない場合にも重宝します。
防水を解決できれば、お風呂で便利かもしれない。妻は、炊事中に声でBGMを変更できるのがとても便利だと言っていました。
残念なのは、我が家のお掃除ロボットと食洗機と乾燥機だけは、どうにもならないことです。
こればかりは、対応しているものを買うしかありません……。
場合によっては使えるのですが、テレビのチャンネルの切り替えは、さすがに声でしようとは思いません。
しかし、オンデマンドでは、音声検索が圧倒的に便利だと思います。


私が幼い頃は、今頃はもっと未来的な凄いことになっているように漫画で描かれていたような気がしますが、個人的にちっともそれらしくなっていないと残念に思っているので、家で雰囲気だけでも未来チックにできて、何か気分だけは誤魔化せているように思います。
AR(拡張現実)グラスがもっと良くなって安くなれば、これらの組み合わせ次第でもっと素晴らしいことができそうなので、技術の進歩が待ち遠しいです。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/01/post-bc07b1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)ガレージキット(作り)始めました

おはようございます。
今週のブログ当番、モーションデザイナー2年目のT.Oです。


突然ですが、プラモデル好きが高じて、ついに「ガレージキット」を始めました。
ガレージキットとは、簡単に言うとプラモデルより工程が複雑(自分でパーツ接続用の穴をあける必要がある、パーツに余計なゴミが多いなど)で、自分で手を加えなければならない部分が多い模型です。


組み立てるだけでも難しそうと思って今までは購入したことが無かったのですが、自分の好きなキャラクターがガレージキットとして販売されている事を知り、思い切って購入してみました。(工作スキルの向上に繋がるかもという期待もしつつ)


さぁ作ろうと意気込んだのですが、ガレージキット制作に必要なものが足りないことに気づきました。
パーツの接続に必要な金属線が家に無かったのです。
プラモデルと違ってガレージキットの場合、パーツ接続用の穴に真鍮やアルミなどの金属線を入れ、パーツ同士を固定させる必要があります。
と言うことで、あわてて近所のホームセンターで購入…


さて、道具も揃ったので早速組み立てをしていきます。
パーツを切り離し、組み立て…の前にやる事があります。
パーツの表面をきれいに整える表面処理です。
ガレージキットのパーツにはプラモデルと違って余分な繋ぎ目が存在しており、これをカッターや、やすりできれいにしていかないと歪な状態で出来上がってしまいます。
プラモデルよりも切り離した時にできる跡が大きいので、カッターで切り取る際も気を使いました。
スキル不足のためか、余計に削ってしまったところがあったので、次からはもう少し刃の入れ方を浅くしていきたい所です。


表面処理ができたらいよいよ接続するための穴を開けていきます。
パーツによってはそのまま垂直にドリルを入れるのではなく、斜めに入れなければいけない箇所もありました。
もちろん角度が入りすぎると余計な部分に貫通してしまいます。
僕は貫通させかけました…。


つまずく所もありましたが、無事組み立てる事ができました!

Img_20200109_01


今回、ガレージキット制作は初めてだったので、パーツ一つ一つにかける時間、加工するときの緊張感は半端なかったのですが、その分造型についてしっかり観察することができ、中でも可動させる部分はパーツの干渉を避けるように、どんな構造で接続すればいいか考えられている事に今回の制作で気づくことができました。


自分では難しそうと思って今までやってこなかった事もあえて挑戦してみる事で、今まで知らなかった事に気づかされ、より理解が深くなりました。
もっと早くやっておけばよかった…


とはいえ、塗装~仕上げも含めると、まだまだ手がかかるので年末年始を利用して挑戦してみようと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/01/post-227d12.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)謹賀新年

新年明けましておめでとう御座います。
令和元年も皆さまに大変お世話になった事、心から感謝申し上げます。


本年も引き続き、宜しくお願い申し上げます。


今年のAGは『結』(ゆい)という一文字をキーワードとして、全てに対して結果を出していこうと思っております。


●『結』という字は、(ゆい、むすぶ、つなぐ、けつ)と読む事ができます。
画数は12画で、今年の干支は『子』十二ある干支としての一番目として、商売繁盛や株が上昇するとも言われています。


その干支の全てを結びつけることで、全社員が一丸となって、昨年同様チャレンジも忘れません。
一画、一画、全て結ばれる事で、これからの一回りの十二年は、絶対的に揺るがない体幹作りをしながら、結果を残す事に拘ります。
そして、面白、可笑しく、エンターテインメント企業として笑顔を忘れない様にして参ります。


皆様と共に、ゲームもアミューズメントも、ニュービジネスもワクワクする事していきます!


「すべてはお客様のために」


本年も宜しくお願い申し上げます。

 


2020年1月吉日
株式会社アクセスゲームズ
代表取締役社長 浦澤 貴洋

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/01/post-2cc188.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)久々に触る

おはようございます。
デザイナーのN.Nです。

最近手芸屋さんに行く機会が多く、洋裁に興味が出たので簡単なものから!と中学生の頃の裁縫セットを引っ張りだしてちまちまと手縫いをしていたのですが、1つを縫いきるのがあまりにも大変でどうしても均一に縫えない…
なので、この先も使いたいという事でミシンを購入しました!
購入したミシンがこちらです。

Img_20191226_01


ミシン屋さんで購入したのですが、ミシンに触れるのが私自身家庭科の授業以来だったので、お店の方にみっちり1時間半ほどミシンの性能と実践による使い方を教わり、家に持ち帰りさっそく使ってみました!


昔家庭科の授業で使っていた頃の記憶を思い出しながら使っていたのですが、全体的に使いやすいように進化していて感激しました。
まず感激した所は糸通しです。
昔はミシンにセットされた針の穴にがんばって糸を通した思い出があるのですが、今では糸を所定の位置にセットした状態で糸通しレバーをおろすだけで、糸を半自動的に通してくれるのです…!
他にも、昔なら縫い初めと終わりの強度を確保する為に同じ箇所を2往復くらい縫い付ける「返し縫い」や、縫い終わった時に糸をハサミで切る「糸切り」という作業を手動で行なっていたのですが、ボタンを押すだけでちょっとした事だけど何回も行うのはめんどくさい…という部分を自動で行なってくれるようになっていました。

Img_20191226_02

Img_20191226_03


それ以外にも上の写真のように、縫い幅が調整できる基礎の縫いと飾り縫い含め40種類の縫い方ができて、キルティングやデニムなどの厚めの生地を3枚重ねにしてもサクサク縫えるパワーを併せ持っており、とても使いやすく手縫いの時と段違いの速さと綺麗さで洋裁が出来るようになりました!


学生の頃は糸通しや布詰まりなどのミシンの扱い難さから苦手だったのですが、久しぶりに触りだしてミシンの便利さ、良さに気づけました。
時がたって触ると、技術の進歩もあり昔触っていた頃と感じ方が変わるというのを今回知れたので、他にも昔苦手にしていた物に挑戦できたらなと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-bfa293.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)ぐっと楽(らっく)~

おはようございます。
好きな言葉は「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである(By孫正義)」
今週の当番、プランナーのK.Mです。


プランナーは色んな仕事をしますが、文章を書くのもそのひとつです。
例えばNPCのちょっとした会話やTIPS、アイテム説明文などですね。
しかし機会で言うと、これらのユーザーさんが目にする文章を作成することは、そう頻繁にはありません。
それよりも、仕様書と呼ばれる開発メンバー向け文書を書くことの方が圧倒的に多いです。
その際に心がけているのは、読む人に負担をかけない書き方をすること。


例としてまず、しんどい文章を見てもらいましょう。
---------------
ゲーム機の性能が上がり、ますますリアルな世界を描けるようになっているが、あるスポーツをリアルにゲーム化し、それをプロ選手が「まさにこれこそ忠実なゲーム化だ!」…と太鼓判を押したものが良いゲームとは限らない。
なぜなら、そのゲームを一般人が遊んだ場合、身体能力は置いておくとしても判断力や反射神経がついていけないのは明白で、グラフィックをリアルしつつも運動の部分は記号化(シンプルに描く)や誇張(大げさに描く)が不可欠なのである。
---------------


言わんとしていることは何となく分かるけど…読んでてしんどい
そういう感じ…伝わりましたか?
一文が長く、例やカッコ書きの補足説明などが入り乱れてて読みにくい。
何より結論がどこに向かうのか最後まで読み進めないと分からない…これがきついですね。


読むことそのものを楽しませる小説などにおいては、もったいぶった書き方が効果を持つ場合があります。
しかし開発向けの文書では、読み手に負担なく伝わることが大切です。
例えば、こんな感じ。
---------------
■趣旨
グラフィック性能が向上しても、記号化や誇張は遊びやすさのために必要
■説明
例えば、プロスポーツを忠実に再現するあまり、プロ選手しか上手く遊べないゲームを作ると、一般ユーザーが楽しめないものになってしまう
リアルに表現する中にも遊びやすくするための工夫が必要。
■工夫例1:記号化
プロ選手が練習で時間をかけて習得するコツを、記号化することで簡単に習得できるようにする
■工夫例2:誇張
プロにしか分からないような微妙な違いがもたらす成功/不成功を大げさに描き、分かりやすくする
---------------


開発向けの文書で心がけること
  1.結論を最初に書く
  2.トピックを分けて書く
  3.各文章をできるだけ短くまとめる


これらの工夫で、読み手の理解がぐっと楽~になります。
良い効果がもう一つ。
アイデアを伝わりやすい文章にまとめるうち、書いてる本人の考えが整理される。
実はこれがとっても重要なことなのかもしれません。


■余談 もうひとつ好きな言葉
「人生は、どないやねんの連続である。そうじゃない場合もあるけど(By松本人志)」

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-d87475.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)もう冬ですね・・・

おはようございます。
本日のブログ当番の、プランナーのM.Tです。


最近は、すっかり寒くなりましたが、寒さに負けず趣味のバイクでのんびり岡山城まで散歩ツーリングへ行ってきました。


岡山方面へ進んでいると日生漁港があったので、ちょっと寄り道・・・
色々な魚が売っている中、もう冬ということで、名産の牡蠣がトラック一杯にありました。
Img_20191212_01


牡蠣は好きなのでちょっと欲しかったけど、岡山城まで行こうと思っていたのでガマン、ガマン!


その後、のんびり岡山城に向かい、到着したころには夕方になっていました。
岡山城に着くとライトアップされた岡山城がお出迎え!
ライトアップをしているのは知らなかったので、少し嬉しいサプライズがありました。
Img_20191212_02


近くで見ると草木はまだ青かったですが、ライトのおかげでキレイに紅葉していました。
のんびり楽しんだ後は、バイクで帰宅。


休日を趣味で楽しみ羽を伸ばせました。
色々楽しかったけど、一番心に残った事は、
帰りが極寒で辛かった、もっと厚着をしていけば!!!
と感じた一日でした。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-9cea3e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)物忘れをする癖をカバーするには

おはようございます。
ゲームプログラマーのT.Kです。ここ最近になって一気に冷え込みましたね。
季節の変わり目で体調を崩さないように体調管理をしっかりしたいと思います。
私は学生の頃から物忘れが多く、そこから連鎖するようなやらかしを起こしがちでした。
では、どの様にすればカバーできるのでしょうか?


ここで物忘れをしにくくするために私が行った事を記載します。


私の場合、まず最初にノートにメモを取るようにしました。
しかし私は文字を書く速度が遅く、加えて急いで書かなければならない場面が多く、早く書こうとした結果、見返したときには解読不能な汚い文字になることが多々ありました。


それが原因でメモした内容を上手く思い出すことができず、ノートにメモを取るだけでカバーすることは出来ませんでした。
何度か失敗を繰り返した末に、「もう文字を書くのに時間かかるんだったら別媒体にメモ取ればいいんじゃね?」
と考えるようになりました。そして、次に私はノートではなく、スマホやPCで文字を打ってメモを取るようにしました。結果、文字を書く時よりもメモを早く取れるようになり、メモを取った事柄に対して自分が思った事を追記する余裕ができました。


例えば、次に実装するプログラムに対して「この処理は時間がかかりそう」だとか、「この処理は将来的な事を考えてもっと汎用的に作ろう」だとかそんな内容を記載する感じです。


自分が覚えておくべき事柄に対して個人的な感想を記載する事で、メモを取った時に自分はどう考えていたかをある程度思い出せるようになりました。


この方法は今も使用していて、実際に物忘れをする頻度はかなり減少しました。以上が私なりに実行した物忘れをカバーする方法です。


ここまでの過程で感じたことは、最適な方法は人によって異なるということです。
ですので、もし物忘れを改善しようと考える方がいれば、先ずはよく聞く手法を実行し、もし改善できない場合はその原因を自分で分析し、原因を解消するように手法をアレンジする事が大切だと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-01aa5c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)『FINAL FANTASY VIII Remastered』の開発協力をしました

こんにちは。プロデューサーの富田です。


いきなりですが、ターミネーターシリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』を観てきました。
ターミネーターシリーズ生誕35周年記念作品とのこと。
実は、『ターミネーター』(1作目)が映画好きになった切っ掛けの作品なので、映画好き35周年とも言えます。
映画は、いつものごとく、とても迫力があり、面白かったです。


そして、私がゲーム業界を目指す切っ掛けは、ファミコン版『ファイナルファンタジー』(1作目)をプレイし、世界観とシナリオ、ゲーム性に感動したからなのですが、シリーズファン30年目にして、開発にご協力させていただくことになりました!


--------------
『FINAL FANTASY VIII Remastered』
プラットフォーム:PlayStation®4/Nintendo Switch™/Xbox One/Steam
発売元:株式会社 スクウェア・エニックス
--------------


http://www.accessgames.co.jp/products/final_fantasy_viii_remastered.html


1999年に発売された『FINAL FANTASY VIII』が美麗グラフィックで蘇りました。
冒険をさらに快適にするための機能も搭載されていますので、是非お楽しみください。


2019年も残すところあと僅かとなりました。今年は令和に改元されたり、消費税が上がったりと、世の中的にイベントが目白押しでしたが、個人的にも感慨深い1年でもありました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/11/post-8d5452.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)ストレス解消法

おはようございます。
本日のブログ当番の、モーションデザイナーのY.Aです。

11月に入ったと思ったら、もう12月も目の前ですね。
目まぐるしくも忙しい今日この頃、僕が最近帰り道にやっている、「ストレス解消法」についてお話したいと思います。

会社からの帰り道、最寄りの駅の一つ前の駅で電車を降りて、家に向かって歩きます。
この頃はすっかり寒くなって来ているので、早く家に帰って温まりたいと思う方もいるかも知れませんが、僕は寒い中を歩いて、体を温めて家に帰る方が好きです。

歩いてみると、電車の窓から何気なく眺めていた景色も、一味違った楽しみがあります。
ライトアップされた建物や、落ち葉で一杯の歩道、近所の子供が作ったと思われる可愛らしい「ポイ捨て禁止」の看板。
そうした景色を楽しみながら家に帰ると、小さな充足感と、心地の良い疲労感があります。
これらのおかげで、夜も気持ち良く眠ることが出来るので、とても良いストレス解消になっています。
「ちょっと歩いて気持ち良く睡眠!」これが僕のストレス解消法です。

…今年も体重が増えていたので、「少しだけでも痩せられたらいいな」と考えながら、今日もひと駅前から、歩いて帰ろうかと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/11/post-7f8c6f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)おおさかホビーフェスへ行ってきました

デザイナーのA.Eと申します。
さて、先日「おおさかホビーフェス」というイベントへ出掛けて来ました。
関西最大の模型、ホビーの祭典。しかも入場無料となれば行くしかありません。
実在あるいは架空のものを製品として仕上げるというアプローチは私達の仕事とも
共通点があり、興味が湧きます。(本当は「カッコイイメカを沢山見たい」だけ・・・。)
Img_20191114_01   

模型会社のショウルームへはよく足を運ぶ方ですが、大規模なホビーフェスは初めてです。会場付近の看板で否応なしに気分は高まります。


5,000平方メートルの会場には72社の模型会社の展示ブースの他、著名なモデラーの方によるトークショーや実演コーナー、プラモデル組み立て体験コーナー、物販コーナー等がひしめき合っています。
(模型を撮るのに夢中で会場の様子を収めるのを忘れました・・・。)


Img_20191114_02
普段目にするプラモデルの展示は勿論のこと


Img_20191114_03
「岐阜城築城」の様なスケールの大きなジオラマや


Img_20191114_04
25mm(1/700スケール)前後の緻密な模型まで様々な模型が展示されています。
また、模型だけでなく模型にまつわる工具、塗料なども展示されていました。


Img_20191114_05
映画に登場するメカ達も展示されており最早、忘我の境ですw
時間を忘れ見聞してきました。


模型が趣味という訳でもないのですが、鬼気迫るクオリティの製品群を見ると身が引き締まる思いがします。
ゲーテの言葉に
「審美眼は、最上の物からのみで、平凡なものでは養えない。」
というものがあります。
折角インプットするなら良いものから吸収したいものです。


ちょっと固くなりました。
近日中に近所の模型会社のイベントがありますので、また楽しんでこようと思います。
(物販やガチャガチャの誘惑に負けてしまいそうです・・・。)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/11/post-52f721.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

«買い物は足を使う