« 中の人の週末 | トップページ | 皇帝の子供 »

2007年11月21日 (水)解答率1%以下?惨劇に挑んだり、挑まれたり。

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Cです。

最近、あるアニメにハマっています。
アニメっ子だもの。
僕がハマっているアニメの概要を書くので、暇つぶし程度に何のアニメか予想してくださいな。

まず時代背景は昭和40年~50年ごろでしょうか。
舞台は人里離れた村で、山奥にあるダム建設が中止となった飯場の人間と仲たがいをして暮らしていて
主人公はそんな村の学校へやってきます。

ここでピ-ンときた方!そう、アレですよ。
その答えを解答まで大事に大事に、胸の内に取っておいてください。
続けます。

学校といっても、そんな山奥にまともな学校があるわけがなく私塾のような学校です。
ちなみに生徒は基本的にツンデレと不思議キャラしかいません。
これが皆、かわいらしいキャラばかりですわ。
そんな個性的なキャラに主人公はいきなり斧で襲われかけるという物騒なシーンからスタート!!
それは、これから起こる数々の奇怪な事件の前触れであり、主人公をいやおうなしに巻き込んでゆきます。
その表現が今のTVじゃ放送できないんじゃないかな~?というくらいぶっ飛んだ演出をしてくれます。
あと、たまに野球もします。

さぁ、ここまでの内容で大方の予想もついたと思います!
まぁ、アニメは見たことが無くても名前ぐらいは知ってるじゃないでしょうか?
そうです!アレです!僕が今、ハマっているアニメとは!!

「アパッチ野球軍」です!!

はい!まずは時代背景は貧しい昭和の時代、舞台は山奥にある猪猿村、通称アパッチ村です。
プロ野球選手の道を閉ざされた主人公が、子供たち(高校生)に野球を教えに学校へやってきます。
2話のサブタイトルが「他国者(よそもの)は刺せ!」ですよ。
そのタイトルどおり、斧をもった生徒に主人公がサブタイトルどおりピュアに襲われます。
その斧を振るスイングを見て「こいつには野球の才能がある!」と言い出す主人公もどうかと思いますが。

あと、奇怪な事件も起こります!事件の内容は次のサブタイトルから想像してください。
「犯人(ほし)を探せ」「白昼のダイナマイト」「天狗岩の死闘 」「走れ!ボロ馬車 」
大体、数ある野球アニメでグラウンドを作るために、ダイナマイトを使って荒地を吹っ飛ばすなんて
後にも先にも、このアニメだけでしょう!

あと、こいつら本当にたまにしか野球をしません。(特に前半)
普通、こうゆう野球モノにはライバルとして、親父をビーンボールで殺した外人プロ野球選手や
1試合80球しか投げない、いけ好かないピッチャーとかが出てくるものですが、
なんせ人里はなれた山奥、さらに私塾のような規模の小さい学校
対戦相手どころかチームメイトすらまともに集まりません。
しかも生徒の半分ぐらいはツンデレで、ツンの時期は やたらと主人公の命を狙ってきます。
(デレの時期になると、泣いてまで慕ってくるので可愛い)
じゃあ、何と戦っているかというと 野球部を潰そうとする村長や
暴利な価格で野球道具を売りつけようとするよろず屋など、
野球部を取り壊そうとする、「社会」と戦っています!!
それも一重に野球がやりたい!続けたい!という純粋な気持ちが感動を呼ぶ、良いアニメだと思い
今回、紹介させていただきました。

どうでしょう?アナタの予想どおりでは無かったかもしれませんが
僕のお勧めのアニメなので是非、見てもらいたいと思います。

ただ、内容がちょっとアレすぎて放送コードに引っかかるモノが多く
テレビでの再放送は「絶望的」なので、ご覧になる場合はぜひDVDを購入するかレンタルして
見ていただきたいと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2007/11/post_e841.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 中の人の週末 | トップページ | 皇帝の子供 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解答率1%以下?惨劇に挑んだり、挑まれたり。:

« 中の人の週末 | トップページ | 皇帝の子供 »