« ねじれ | トップページ | そなたの名は・・・ »

2008年1月21日 (月)ドット打ちのすゝめ

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.D.Aです。
ミドルネームのDとは・・・

先日、ドット欠けした液晶モニタの交換のために、8.5キロを担いで計1時間近く歩いてきたので、いい運動になりました。
翌日、両腕に深刻な筋肉痛を引き起こしましたが・・・。

・・・DはダメージのDです。

 
さて、本日は表題の通りドット打ちの話を書きたいと思います。

ゲームの話でドットというと、3Dはあまり関係ないなと思う方も多いのではないでしょうか。
「3Dデザイナーを目指す俺にはドット打ちはあまり関係がない・・・」
そんなふうに考えていた時期が 私にもありました。

ところが実際はそんなことはありません。
テクスチャ作成終盤では、ドット単位での調整作業が必要になってきます。
特に、ゲームモデルでは1ドットのズレが見た目に大きな影響を与えることもあるので、ドット単位でUVにマッチしたテクスチャを描く、ということが重要です。

これが如何に重要かということを、現在の作業からリアルタイムに感じています。
バッチリマッチしたテクスチャを目の当たりにした際には、「ビューティフル…」と呟いてしまうでしょう。

このようにドット打ちは3Dにおいても必ず役立つ技術だと思いますので、興味のある方はどんどん打ち込んでみてください。

初めは、お気に入りのキャラクターなどを打ってみるのが楽めると思います。
私も非常に楽しく、初めの頃は何日も徹ドット(徹夜でドット打ち)していたものです。

と書いていたら久しぶりに打ちたくなってきました!
週末は、そぉい!と打ち込むとしましょー。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/01/post_6fca.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ねじれ | トップページ | そなたの名は・・・ »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドット打ちのすゝめ:

« ねじれ | トップページ | そなたの名は・・・ »