« 理想と現実 | トップページ | 「んあ?色と体積っ!」 »

2008年3月13日 (木)特徴が無いのも必要。

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのN.Kです。

キャラクターにモーションを付ける際、各キャラクターの特徴…性別や性格、体格などを考慮した上で行ないます。

かなり大雑把に例えますと…
・お腹がポッコリと出た男性の歩き
  →全体的にゆったりとした動きで、背中を仰け反りお腹を前に突き出して歩く
・神経質そうな女性の歩き
  →両手をお腹の前で組んで胸を張り、歩くスピードは早めに
・子どもの歩き
  →手足を大きく振りながら(元気良く)歩く

ざっとこんな感じでしょうか。

ある程度、キャラクターの基礎となるモーションが固まると、他のモーションも付け易く作る側も楽しくなってきます。
そこで、ゲームをしていて気づくかと思いますが、別々のキャラクターが同じモーションをしている時があります。
例えば、会話モーションや食事モーション。
もちろんキャラクター特有の物もありますが、汎用的に使用出来るような物も多く見られます。

この汎用モーション。
作成するのが意外と難しい事も…。
私が会話モーションを作成した際、あまり特徴が出ないようにした上で、キャラクターにモーションを当ててみると

「あれ?このキャラクターには、なんかちょっと雰囲気が…」

なんて事が…。
特徴の無いようにと考えながら作成しても、様々なキャラクターに当てはめてみると違和感を感じる事もあります。

 
セクシーな女性ならお任せ!太っちょならどんと来い!という御方。
あ。もちろんこれ以外にも。
是非、特徴の無い平々凡々なモーションも作成してみてはどうでしょう。
きっと良い練習になりますよっ!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/03/post_0f83.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 理想と現実 | トップページ | 「んあ?色と体積っ!」 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特徴が無いのも必要。:

« 理想と現実 | トップページ | 「んあ?色と体積っ!」 »