« プログラム以外の泉 | トップページ | 恐怖、背中に忍び寄る・・・ »

2008年5月27日 (火)意識変化とオンとオフ

おはようございます。本日の当番、ゴルファー兼プログラマのJ.Kです。
先日、土砂降りの中でゴルフをして少々お疲れ気味です。

さて、本日はこの業界に入った後の意識の変化のお話を。

私がこの業界にいる…ということは、やはりゲームが好きなわけです。
子供の頃からゲームに接していましたし、ゲームが大好きでした。

中学生の頃から、この業界に入る!と明言して、それを有言実行しました。

業界人になった当時は、それはもう嬉しく、楽しく、毎日がバラ色でした。
勤務中の全ての事が目新しく「へぇ~」「ほぉ~」と感心ばかりしていました。
先輩方の作業を、羨望の眼差しで眺めていました。

「ゲームってこうやって作るのかぁ!」

それは大変勉強になりました。

しかし、しばらく月日が経ってから、ふと感じました…

「なんだか最近ゲームをすると疲れるなぁ…」

原因はわかりませんでしたが、非常に疲れるのです。

作業に追われて疲労が蓄積しているのか?
仕事としてゲームに携わるようになり、ゲームをすることに疲労を感じてしまうのか?

いや、それほど疲れてはいないし、ゲームをするのも楽しい。
色々と考えてみましたが、原因究明には至りませんでした。

それからしばらくして…

ある時、自分の意識の中の変化に気が付きました。
そしてそれが疲れの原因であることにも…

それは自分の視点が「ユーザー視点」から「制作者視点」に変わっていた事でした。

制作者視点になっているので、普通に自宅でプレイしていても

この演出方法は素晴らしいなぁ…とか
この動きはどうやって作ってるんだろう?とか
これはきっとああいう方法でやってるんだろうな…とか

そういうことばかりを考えてしまい、純粋にゲームを楽しめていませんでした。
ある意味職業病でしょうか…

そこで、リハビリをすることにしました。
メリハリをつけるために、会社から一歩出たら

あのゲームのあそこをクリアするにはどうしたらいいのかなぁ?とか
帰ってからあのビデオ観よう!とか
ゴルフの練習に行こう!とか
今度の土日は何しようかなぁ…とか

できるだけ、制作に関わらないことを考えるようにしました。
さすがに、すぐには慣れませんでしたが、今では普通にメリハリがつけれています。
気持ちのオンオフが切り替えられているということですね。

オン:バリバリ働く!
オフ:バリバリ遊ぶ?(いつ休むんだ…)

気持ちの切り替え術は人それぞれ違うと思いますが、覚えておくと非常に楽です。
ずっとオンだと精神的にきついですし、ずっとオフだといつ仕事してるんだ!ってことになってしまいます。

オンオフを使い分けている人は、格好良くも見えます、多分…(個人主観)

…なので、オンオフを使い分けれるデジタル人間を目指しましょう!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/05/post_b9a8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« プログラム以外の泉 | トップページ | 恐怖、背中に忍び寄る・・・ »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意識変化とオンとオフ:

« プログラム以外の泉 | トップページ | 恐怖、背中に忍び寄る・・・ »