« ブレない人生 | トップページ | 味もみてみよう »

2008年6月20日 (金)最後までしっかりと

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーの岡本です。

手書きで文章を書いていて間違えると、消しゴム・・・ではなくCtrl+Z操作を
しようとしてしまう今日この頃です。

ハイスペックハードでゲーム開発していると、麻痺してくるのがポリゴン数です。
調子に乗ってハイポリ化していくと、ゲームにデータ出力した際に、

「ん~、パフォーマンス出ないなぁ、つーか処理落ちしてね?」

などという事はしばしばです。
事前に綿密な処理計算からデータの仕様を決めるのですが、なかなか机上の計算
通りに事は運びません。

そんな時は処理を稼ぐ為に、減ポリするべ!となるわけですが、この作業が中々
曲者です。たいていの場合は、ポリゴンを削っても見た目に問題ない箇所から
優先的に削ります(じゃあ最初から作るなよって気もしますが・・・)。

・何かに隠れていて余り見えない部分
・無駄にポリゴンを細分化している部分

などです。

で、それでもまだ削る必要がある場合は、いよいよ断面の角数を減らす作業に移行
します。例えば腕や脚などの断面を16角形→8角形や8角形→6角形にした場合、
単純計算で・・・

16角形→8角形だと50%削減、 8角形→6角形だと25%削減できます。

しかし、単純に削っただけで、うほ~い!これで問題ないっす!ってデータを出力
するとみんなから

「なんか前より細くなってない?」

などと突っ込まれてしまいます。下図のように単純に削ってしまうと、赤い部分が
どうしてもボリュームダウンしてしまうので細く見えてしまうわけです。

2008_0619

もちろんボリュームだけでなく、テクスチャのゆがみやウエイトの調整などにも
気を使う必要があります。

目標の一側面のみ終了しただけでは、作業を完遂した事にはなりません。
多方面から見て問題がないか最終確認する事が大事なのです。


とかいいつつ、せっかく手書きで丁寧に書いたハガキの誤字を嫁さんに指摘され、
書き直す羽目になったのは内緒です。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/06/post_3302.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ブレない人生 | トップページ | 味もみてみよう »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後までしっかりと:

« ブレない人生 | トップページ | 味もみてみよう »