« 静的な変数に対するエラーチェック | トップページ | i とか j とか… »

2008年6月 4日 (水)整理整頓

おはようございます。本日の当番、プログラマーのY.Tです。

みなさんは部屋の整理をきちんとしていますか?
どこに何があるかわからなくなったりしてませんか?

散らかった部屋から物を探すのって大変ですよね。
プログラムでも同じなんです。
ごちゃごちゃしていると、どこで何をしているのか自分でもわからなくなります。
それに、見るのは自分だけではありません。
他の人の迷惑にもなります。
汚い部屋は人に見せられませんよね。

と、いうことでいくつか整理の方法を。

○同じ処理を関数化する
 同じ処理がいくつもあるなら関数化してしまいましょう。
 見た目もすっきりしますし、何をしているかもわかりやすくなります。
 例えば

 // AとBの値を入れ替える
 int iA1 = 10;
 int iB1 = 100;
 int iTmp = iA1;
 iA1 = iB1;
 iB1 = iTmp;
 
 int iA2 = -10;
 int iB2 = -100;
 iTmp = iA2;
 iA2 = iB2;
 iB2 = iTmp;

 こんなものがいくつもあると見づらいですよね。
 そこで関数化します。

 void Swap( int *iA, int *iB )
 {
   int iTmp = *iA;
   *iA = *iB;
   *iB = iTmp;
 }

 結果こうなります。

 Swap( &iA1, &iB1 );
 Swap( &iA2, &iB2 );

 こんな感じです。
 道具は一つあれば、それを使いまわせばいいですからね。

○プリフィックスをつける

 int g_iTest;     // グローバル変数
 static short s_sTest;
// スタティック変数

 class CTest
 {
   char m_cTest;  
// メンバ変数
 };

 void Test(void)
 {
   float fTest;   
// オート変数
   void *pTest;   
// オート変数
 }

 こんな風に変数の型やスコープで区別すると、パッと見で分かりやすくて便利。
 ポインタ変数は型やスコープと組み合わせてもいいと思います。

他にも、インデントを揃える。改行を入れる。コメントをつける。
・・・等々、色々とあります。
どれも簡単な事ばかりなのですが、整理されているものとされていないものでは、
それだけで作業の効率が結構違ったりするのです。
なので、部屋もプログラムもきちんと整理をしましょう。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/06/post_92aa.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 静的な変数に対するエラーチェック | トップページ | i とか j とか… »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 整理整頓:

« 静的な変数に対するエラーチェック | トップページ | i とか j とか… »