« 手ぶれカメラ | トップページ | Shall we dance? »

2008年7月 1日 (火)本棚の中のプロジェクト

おはようございます 本日の当番、モーションデザイナーのY.Nです。

先々月に引越し、先週ようやく最後のダンボールが片付きました。
収納スペースがほとんど無いところに引越したので引越しに合わせて収納家具を結構一杯購入。限られた予算の中で場所の制約などの要件に合ったものを探す都合上組み立て家具を選ぶことになります。

組み立て家具って、当たり前なんですが組み立てるまでは家具じゃないので、家具が到着した段階では引越しの荷を解くことができません。
一時期はダンボールで一部屋が埋まる大変な状況でした。
注文家具を毎週組み立てあげては荷を片付けるという作業がようやく先週終わりを迎えたということです。さてそんな週末を送る中で体験した事柄が業務にも当てはまりそうでしたので取り上げたいと思います。

それはとある日曜日、その日の家具は本棚でした。
サイズは横90cm程度、高さは2m超とまぁまぁ大きく、上側と下側で奥行きが違うため形もただの矩形ではなくパーツもまぁまぁ多様です。
しかし、組み立て説明書は5ページほど。

それまで組み立ててきた中で最も少ないページ数です。
確かに、これまで組み立ててきたチェストやカウンターは引き出しや扉が付いていたのでその分パーツが多く大変でした。
今回は結構楽できるのかと期待しながら組み立てを開始。本棚ができたら箱がだいぶ片付くのでとっとと終わらせよう…

1ページ目
2008_0630_1

へー不思議な手順だなっとちらっと思いましたがすぐに作業を開始。接合部分がなかなか付けにくいので念入りに付けた後、次の工程へ。

愚かなる者、汝の名は…俺
次のページには宇宙の神秘が記されていました。

2ページ目
2008_0630_2

…。この重量の下、一体どうやったら、一手順でこの図の通りにできるのか。
描いたやつちょっとやってみろやっ!!!
2ページ目の詰め込み具合にびっくりした後、怒りを抑えながら、一挙に与えられた全組み合わせから最も楽そうな工程を検討しているとようやくあることに気づきました。
賢明な皆さんならもうおわかりでしょう。1ページ目で説明されていた手順はその後の作業を著しく困難にする罠工程だったのでした。
まず1ページ目の成果物はこの地上で安定して存在できません。支えていてやらないとすぐに倒れて壊れてしまいます。

ばらばらになっていれば、両側面もしくは底面を下にして普通に
安定した構造を増設していくことで比較的楽に組み立てることができたでしょう。
しかし今や支柱になる部分がとても不安定な形で最初にくり貫かれてしまっているのです。何をやるにしてもやりにくい事この上無し。あわてて最初の構造を分解しようとしましたが時既に遅くボンドが一部くっついて、無理やり抜くと残念な事が起こりそうな状態に。
あ~~っ う~~っっっ

この棚は結局とっととは片付けられず6時間くらいかかってようやく完成を見たのでした。

毎週家具を購入して組み立ててはいないという方のために念のために言っておきますが、普通は1ページ目の図程度の小規模な手順で完成までの全工程が区切られているものなんです。
この説明はかなり大雑把な部類に入るのではないでしょうか。

しかし、そんな愚痴を言っていても何にもなりません。
結局しんどいのはその工程に実際に取り組んでいる自分達自身、そう思うといろいろと反省点が見えてきました。
今回の事から学んだ事は以下。

・甘い言葉には要注意
 今回はパーツが多くしかも多様さに比べて作業説明が少なす
 ぎました。
 しかし、勝手に合点して楽なんだろうと思い込み、結果本当に
 楽な工程をとることができなくなってしまいました。
 甘い言葉にただ乗っかると後々痛い目に遭うかも…

・常に自分の頭で考えて作業に取り組むこと
 作業のパーツ(要素)をざっと眺めて完成までのステップを思
 い描いて見るとよいでしょう。
 作業手順を誤ると後でとても苦しむこともありえます。

・やっちゃったら、まずは落ち着くこと
 万が一甘い判断に身を委ねて陥穽に落っこちても怒り狂って
 それまで作り上げてきたものを壊したりしてはいけません。
 たとえ後戻りができない状況になってしまっていたとしても
 まずはケーキでも食べて落ち着きを取り戻しましょう。
 不誠実、無責任に打ち明けられた残りの工程も理性を持って
 事に当たったほうが何とかなりやすいです。

・チームワークを大切に
 仲間がいるのであればチームワークを発揮して乗り切りましょ
 う。乗り越えればそれも良い糧になります。
 後に訪れるよい状況に思いを馳せれば案外楽しく乗り切れま
 すよ。

作り上げたそれは大きな恩恵をもって役割を果たしてくれます。
皆さんもがんばって本棚を組み上げてください。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/07/post_0154.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 手ぶれカメラ | トップページ | Shall we dance? »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本棚の中のプロジェクト:

« 手ぶれカメラ | トップページ | Shall we dance? »