« 日本の夏 | トップページ | めいきんぐ・おぶ・ゲーム企画書【その 3】 »

2008年8月 7日 (木)「データが消えると休日が消える」の法則

おはようございます。
本日の当番プランナーのK.Tです。

開発者にとって、一番怖いものといえば「〆切」ですが、
その「〆切」以外にも恐ろしいものが存在するのです。
それは「雷」です。

夏は台風の多い季節・・・、
さっきまで抜けるような青空が
手のひらを返したように雲行きが怪しくなり、
「ゴロゴロ...」と雷雲が...
そのとき、開発室内の全員がザワつきます。

皆、「雷」が怖いのではなく、
「落雷による停電」に恐怖します。
なぜなら、落雷による停電で、
PCの電源が「ブツン!」と落ちてしまうと、
組み上げてきた作業中のデータが消えてしまうからです。

そして「ピカッ!」という閃光とともに落雷があった直後、、
「ギャァャァャァーッ!」と、どこからか断末魔の叫びが
聞こえることがあります。

つまり・・・
悲鳴をあげた人=「データが消えた人」といえます。
その声を聞いて、皆はあわててデータを保存します。
それは消えたデータの被害が大きいとき、
「データが消えると休日も消えるの法則」が成り立ってしまうからです。

また、停電で一番困るのは、
デザイナーやプログラマなどデータを取り扱う職種だと思いますが、
また、企画も実際の配置やスクリプト、
パラメータ等のデータを作成しますので
データが消えると被害大です。

僕も経験がありますが、
「Noooooooooッ! オーマイガッッ! (ああ、神よ...)」と
思わず母国の言葉が出てしまうぐらいショックです。

皆さんも落雷には気をつけましょう。
あとゴルフをする方は特に...

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/08/post_c96a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 日本の夏 | トップページ | めいきんぐ・おぶ・ゲーム企画書【その 3】 »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「データが消えると休日が消える」の法則:

« 日本の夏 | トップページ | めいきんぐ・おぶ・ゲーム企画書【その 3】 »