« 疑問 | トップページ | ゲームグラフィックス・シェーダ »

2008年9月11日 (木)未来予想図

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのT.Nです。

いきなりですが、何かモノを作る時に必要なものってなんでしょう?

「おいおい、そんな話題散々このブログで語り尽くされてるよ、この豚野郎!!」

と、お思いのアナタ。

その通り、正解です。

 
 
豚野郎って部分がな!!

 
確かにいままでも様々な観点から語られてきましたね。

スキル
経験
知識
スピード
パワー(パワー!?パワーってなんだよ!)

んー、そのどれもが必要です。
(いや、パワーは知らないですけど。)

しかし今回語るのはそのどれでもありません。
ですが、色々な要素が内包しているとも言えなくないです。

今回のテーマ、それは

【ビジョン】です。

いえいえ、鳩のことではないです。それはピジョンです。

え?いやいやいや、眼鏡とか今は関係ないです。

ビジョン。
わかりやすく言えば完成予想図をイメージすること。
それはとても大切です。

例えば、ビジョンがはっきりしている人は仕事が早いです。
行くべきゴールの方向や距離がなんとなくわかっているので
足取りも軽く、ペース配分もバッチリです。
もちろん、神ではないのですべて完璧とまでは行かないでしょうが
それでも、立ち止まっている時間は比較的少ないです。

なんでも、伝説のビジョン神は
すべてのルート、ゴールがはっきり見えていたりもするとかしないとか。

ええ、噂です。

 
逆に、ビジョンがない人は、作業に時間がかかっちゃいます。
どうすれば正解なのかわからないゆえの試行錯誤・・・。
試しにやってみたらいい感じになったので、この方向で。
でも、ポリゴン数が多くなってしまったので、その解決策を模索。

まるで霧の中を歩いているような感じですね。
もう手探りで歩いてる(作業してる)ものだから、時間がかかっちゃいますし
全然違う方向に歩いている可能性もあります。

 
また進むべき方向が定まっていたとしても
どこまで作れば終了かがわからない時もあります。
なので、終了地点を手前に設定してしまうことも・・・。

このあたりで終了かなと立ち止まっていると先輩に肩を叩かれこう言われます。

「なに止まってんだ、豚野郎。早くゴール目指せ」と。

そこで初めて気づきます。
俺たちは、このはてしなく長い制作坂を登り始めたばかりなんだと。

 
 
ビジョンは大事です。

ビジョンビギナー(謎の造語)には一見越えられないと思われる壁=試練も
ビジョンのある人は、なんなく越えていったりします。
簡単に越えられない場合も、越えようと試行錯誤します。
それは、壁を越えた先にあるものがイメージできるから。
そして、壁を越える自分をイメージできるから。

ビジョンビギナーは、そうは行きません。
思ってしまうんです。

壁・・・・。越えられない壁・・・。と。
これがダメ・・。この思考が・・・。

そして、考えてしまいます。
この壁を越えたとして、その先に道はあるのか?

俺たちに、未来はあるのか!とたまにカッコいい感じに自問自答をしたりもします。
そうやってマゴマゴしていると先輩にこう言われます。

 
「・・・・・なにしてんの?早く越えろよ。この豚野郎」と。

それはもう当たり前のことのように言われます。

えー、無理だろー・・・。とか思いつつも
なんとか越える努力をします。
先輩に手を引っ張ってもらったりしてようやく壁を越えるとそこで気づきます。

なるほど!壁は越えられる。
そして、越えられない壁なんてないんだ!

そして、次の壁を見てこう思うのです。

 
 
この壁は、さすがに無理だろう・・・。と。

ビジョンがまだまだな証拠です。

そんなこんなで、どこまで行ったら(作ったら)いいのかわからず
幾多の壁を越えがむしゃらに前に進んでいると、先輩からまた肩を叩かれます。

そして、こう言われます。

「ここらへんがゴールだ。やったな豚野郎・・・・。
 いや、お前はもう豚野郎なんかじゃあない。

 
 できる豚野郎だ」

 
そして、思うのです。

結局、豚野郎なのかよ!!!

 
 
さて、話が微妙に横道にそれてしまいましたが、
ビジョンをしっかり持つことが大切だということはなんとなくわかりましたね。

では、ビジョンを明確にするのに必要なのはなんなのでしょう?
経験ももちろん必要でしょう。
いろんなものを見ることも必要ですね。
資料や写真、他の人が作ったもの。
しかし、なにより必要なのは考えること
そしてイメージをする意志を持つことだと勝手に思ってます。

 
私はまだまだ若輩者ゆえ、ぼんやりとしたビジョンしか持てていません。
しかし、今後何かモノを作るときには
できる限り完成のビジョンをイメージし
それに近づけるように努力しようと思っています。

そしていつかは、世界に7人いるというビジョン神になってやる・・・。
と心に誓い今日もゲーム制作に精を出しています。

いや、ビジョン神は噂ですが。

 
そして最後にもう一つ・・・。

痩せるビジョンを持ちたい。

お後がよろしいようで。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/09/post-addb.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 疑問 | トップページ | ゲームグラフィックス・シェーダ »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来予想図:

« 疑問 | トップページ | ゲームグラフィックス・シェーダ »