« 戦場に届けられた「愛」 | トップページ | このプランナーのリサーチ能力はッ! »

2008年10月 1日 (水)はじめての○○○○○

おはようございます。本日の当番、プランナーのN.F.Hです。
FはフォーリナーのFになりました。
先日、10年ぶりくらいで海外旅行に行ってきましたが、外国に行くと日本では
見られない瞳や髪の色などを見ることがあります。
「うわぁ、外国人ばっかりやな」
と言うと
「お前が外国人なんや!」
と突っ込まれたりします。

旅先、特に海外で見たもの、聞いたもの、食べたものはどれも新鮮で衝撃的です。
「空気が違う」「建物が違う」「ビールが美味い」「景色が違う」
「1人前の量が多い」「貨幣の単位が違う」「食べ方がわからない」
「地下鉄の乗り方がわからない」「言葉が通じない!」
「文字も読めない!!」「ビールが美味い!(笑)」
あまりにも初めての体験ばかりだと、思わず
「デカルチャー・・・」
とつぶやいてしまいますが、こういった経験は非常に印象深いもので、帰国後は
土産話として真っ先に語りたくなります。

「自分が初めて経験した感動を誰かに伝えたい!」と思いますが、昨今では
そういった感動を擬似的に体験できるゲームがすでにいくつも存在しています!


「エベレストの山頂に辿り着いた感動」
「42.195kmを走り抜いた達成感」
「地平線まで続く道路を車で走る爽快感」
「自分を慕う12人の妹と一緒に暮らす興奮」



 一度でいいから経験してみたい。
 想像するだけで興奮するようなその瞬間・・・


世界中にはきっと「まだ日本には伝わっていない感動」があるはずです。
それらをいち早く発見して、ゲーム化すればおもしろいのではないでしょうか?

私 :旅行から戻ってきました。はい、お土産です。
ボス:お、帰ってきたか。美味そうなチョコレートだな。
私 :あっちで経験してきたことをゲーム開発に活かそうと思うんですよ!
ボス:ほう?どんな内容だ? モグモグ。
私 :ビールが美味しかったです!
ボス:・・・モグモグ。
私 :チーズも美味しかったです!
ボス:・・・モグモグ。
私 :それと、ワッフルも美味しかったですよ!
ボス:で、それをどうやってゲームにする気だ? モグモグ。
私 :・・・えぇっと・・・舌に味覚を感じるデバイスをつけて・・・
ボス:お前はまだそれを言う気か!?
私 :あれ?ところでさっきのお土産はどこに行きました?
   私もまだ食べてないんですよ。
ボス:もう全部食ったよ。
私 :ヤックデカルチャー!

「自分が買って来た食べ物を誰かに食べられた時の気持ちを体験できるゲーム」
というのはどうでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2008/10/post-9725.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 戦場に届けられた「愛」 | トップページ | このプランナーのリサーチ能力はッ! »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての○○○○○:

« 戦場に届けられた「愛」 | トップページ | このプランナーのリサーチ能力はッ! »