« 発想 | トップページ | デフォルメのある生活 »

2009年2月25日 (水)やつが来た

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーの岡本です。

今回は、ゲーム開発者を悩ませるパフォーマンスについて書きたいと思います。
(マスコミや民衆を意識した派手な主張や行動、振る舞いの事ではありません)

パフォーマンスはゲームハードが持つCPU/GPUの限界値とでも言いましょうか、
いかにその限界値を超えないように創意工夫するか?で随分変わってきます。

ほとんどの場合、プロジェクトが本格始動する前にサンプルを用意して処理負荷の
テストを行い、その結果を元に仕様を決定していくのですが、それでも開発途中で
ヤツ(パフォーマンス障害=処理負荷の限界越え)』はやって来ます。

ヤツ』がやって来ないのが一番なのですが、来てしまった場合にどう対処する
のかが重要です。

ま、ほとんどの場合デザインデータが疑われます(笑)

デザイン的な見地からのみですが、経験的に『ヤツ』を呼び寄せる原因として
よく挙げられるのが、

1.オブジェクト/エフェクト単体で処理負荷が異常に大きい
2.オブジェクト/エフェクトの数が多すぎる
3.ライトの数が多すぎる
4.リアルタイムの影描画が処理負荷が大きい

などでしょうか。

一番対処が簡単な2について書きます。
(1.3.4.は・・・すみません、気合で直してください)

オブジェクトやエフェクト数が多いほど、計算量が増え処理負荷が増大します。
数が多いので減らさなければならないのですが、単純に減らしてしまうと見た目に
数が減ったのがばれてしまいます。

そこで、一定の範囲のオブジェクトなりエフェクトをまとめて1個のオブジェクト
なりエフェクトとしてしまう事で表示数の減少→処理負荷の軽減を図ります。

2009_0224

肝心なのは修正前と同じに見えて、実は処理負荷が小さくなっているという事です。

ただこの方法は、オブジェクトやエフェクトの種類が増えてしまうという欠点も
あり、そのあたりはケースバイケースで対応していく事になります。
(単体で使用する場合とグループ化した場合の2種類必要なため)

日々こういう事の積み重ねで、我々開発員は『ヤツ』を追い払っているのです。

 
ちなみに、巷でよく見る↓は今回のケースに似てるかも・・・違うか(笑)

2009_0224_2

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/02/post-ed56.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 発想 | トップページ | デフォルメのある生活 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やつが来た:

« 発想 | トップページ | デフォルメのある生活 »