« ユニークな先輩 | トップページ | Y.A自動化計画 »

2009年6月26日 (金)記憶と想像で描いてみる

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーの岡本です。

最近、ラフデザイン画を描く機会があったのですが、ここ数年3Dに特化していて
サボっていたせいか、腕が落ちているんですよ(元々大したことはない)。

まぁ何というか描いていて、あれ?なんかバランスおかしいな…と思う事が多々
ありまして、これはイカンと。

という事で、感覚を取り戻すために動物でも描いてみよう!と

・記憶と想像のみ
・時間1分弱
・描き直し無し

上記条件の元、描いてみたところ…。

2009_0625_01

まずは馬。
ん、まだマシかな…昔から競馬が好きでよく描いてたからな。じゃ次。

2009_0625_02

怪しくなってきました(笑) …象ですよ、念のため。次。

2009_0625_03

うはっ!何だこれは?新種誕生か!?(カバのつもり)
デザイナーとしてこれはまずい…この辺でやめておこう。

やはり、感覚が戻ってない状態+前述の条件では厳しいものです。

では感覚が戻ればちゃんと描けるのか?

というと、実はそんな事はなくて対象物をどれだけ理解しているか?でかなり
変わってきます。上の動物を例にとると、まずは骨格、各部位の特徴などを
しっかり把握していないとそれらしくは描けないものです。

(把握せずに描ける人がいたら、それはかなり凄い)

実制作に入る前の準備として、対象物の大きさ、材質、動き、その他諸々を
詳細に研究しておくことが大事です。
いくら準備していても、やり過ぎという
事は無く、後々新たな発見が出てきたりします。

まぁいろいろ書きましたが、新種を誕生させないように頑張ります…。

 
※多人数で、記憶と想像のみで描いてみるゲームをやると結構楽しいのでおススメ

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/06/post-9809.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ユニークな先輩 | トップページ | Y.A自動化計画 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶と想像で描いてみる:

« ユニークな先輩 | トップページ | Y.A自動化計画 »