« スケール感 | トップページ | ○○の秋 »

2009年10月 8日 (木)それは… ひらめ木 やすら木 ときめ木

秋を感じますね。何とも言えない憂鬱な気分にさせられます。
それは、ふと見上げた空に、綺麗に色付いた木の葉が舞うから。
と言ったロマンチックなものではなく。
ふと立ち寄ったコンビニに増えた秋の味覚である、
さつま芋を使った美味しい美味しい商品が私を呼び、
買って食べれば、体内で"あの気体"が発生し、お腹ぽっこり、
少しでも我慢すると腹痛ずきずき、更に我慢しようものなら、
 きゅるぅ~…くっく…コココ… 
と鳴き声までするあの感じ。
秋を感じますね。何とも言えない憂鬱な気分にさせられます。
おはようございます。
芋と栗と南瓜で頭いっぱい腹いっぱい、新人CGデザイナーのE.Fです。

この間、学生時代にしていたバイトの先輩に会う機会がありました。
それはもう、楽しく、厳しく、弄りまわして下さり、
大変お世話になった先輩です。
全く音沙汰もない先輩から連絡があったのは実に2年ぶりくらいでしょうか。
「そろそろ鬱になってるんじゃないかな~と思って~。」
確かに。さつま芋を我慢し始めるこの時期を狙ってくるとは。
流石、大変お世話になった先輩です。
その先輩は今、看護師の仕事をしています。
私には全く知識がない業界。未知の世界過ぎて、
私のちっぽけな脳みそが、一生懸命考えた第一の質問が
「やっぱり注射とか打つのって楽しいですか?」でした。
先輩は「ん~、楽しいよ~。血管とか探して~。ぶちゅって射して~。
時々ぐりぐり~って探したり~はしないけど~。んふふ(笑)」
他人に針を押し込むなんて考えることすらまずない自分。
そんな自分の目の前にはそれを躊躇いもしないで楽しく押し込む先輩。
本当に未知の世界です。
「E.Fちゃんは何してるの~?」と先輩も聞いてきたので
私は「ゲームの中のCGを作っているCGデザイナーです。」と答えました。
私のちっぽけな脳みそが、一生懸命考えた簡単に伝える答えでした。
答えた後の先輩の顔には?が浮かんでいたので、私は更に説明を加えました。
ですが、先輩の口からはこんな言葉が出てきたのです。
「ゲームって"するもの"ってしか考えてないから~。
よくわからないけど、パソコンができるってだけでもすごいって思うの。」

そうか。先輩からしたらこちらが未知の世界なのか。

今の自分にとっては、パソコンでモノを作ることが当たり前で、
先輩にとっては、注射を打つことが当たり前のことだったです。

それからはご飯を食べながらそれぞれの仕事の話や、
バイトをしていた時の思い出話に花を咲かせ、かなりの気分転換になりました。

私の中の気分転換といえば、演劇を観たり、美術館に行ったり、と
無意識に自分に必要な知識や技術を取り入れるため、と意識が働いていたりして、
それ以外の知らない世界が見れていない本当にちっぽけな自分がいたことに
この出来事で気付かされました。
全然関係のない業界の人の話を聞き、まだまだたくさんある知らない業界のことを
知ることで、今までに感じたことのない新鮮さを感じました。
この新鮮さで、何か新しい発見ができるきっかけになれば良いなと思います。

そして、その時に食べたさつま芋の料理のおかげで、次の日は腹痛ずきずき。
秋を感じますね。いつもとは少し違う憂鬱な気分にさせられます。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/10/post-7476.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« スケール感 | トップページ | ○○の秋 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは… ひらめ木 やすら木 ときめ木:

« スケール感 | トップページ | ○○の秋 »