« Outlier of the Everywhere | トップページ | 人類皆プログラム作戦! »

2009年10月15日 (木)自動化処理でティータイム

おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Hです。

先日、久しぶりにタイムスリップでお馴染みの
某有名映画1作目を鑑賞しました。

何回も見ている映画なのですが、
さすがは名作中の名作です。
見るたびにワクワクドキドキで興奮しちゃいます。

「デロリ○ンかっこいい!!」
「マー○ィのギター痺れるぅ!!」
「○ク、もう少しだ!もう少しでケーブルが繋がるぞ!!」


…す、すみません、興奮しすぎてしまいました…。

と、このように見どころはたくさんあるのですが、
個人的にはこの映画の冒頭で登場する
目玉焼きを自動で調理する機械にも興味を惹かれてしまいます。
なぜなら、自動化処理はプログラマのロマンだからです!

…まぁ熱く語るのはひとまず置いておくとして、
プログラマに限らず誰でも、
作業は可能な限り機械(PC)に任せたいと
思っているのではないでしょうか。


というわけで今回はPCでの自動化処理のお話です。
バッチファイル各種スクリプトなどがありますね。

簡単な自動化処理の例として、ファイルコピーがあげられます。
GUIを使ってドラッグ&ドロップでも可能ですが、
バッチファイルで作成しておけば、
ウィンドウを2つ開いたりする必要もありません。

単純なファイルコピー程度であれば、
それほど恩恵が分からないかもしれませんが、
ファイルコピーする場所が複数になってきたり、
ファイルコピー完了後に他に処理したいことがあったりすると
自動化処理のありがたみが分かるようになってきます。


例えば社内チェック用の実行ファイルを作成する場合に、
・最新ファイルをコピー
・実行ファイル作成
・バックアップ用に各データの圧縮
・バックアップデータを指定フォルダにコピー

…といった一連の定型作業があるとします。

これらを予め自動化処理で作成しておけば、
ウィンドウをいっぱい開いたりすることもなく、
ひとつの作業が終わるのを待ってから、
次の作業を実行することもありません。
紅茶でも飲みながらまったりしているうちに、
最後まで作業が自動で処理されて完了します。



また、ファイルコピーのようなOSの処理に限らず、
2D/3Dグラフィックソフトや
表計算ソフトなどの各種アプリケーションでも
スクリプトマクロを使って、
アプリケーション内の定型処理を自動実行できるものがありますので、
自動化処理の話はプログラマだけに限らないですね。


PCで毎回決まった作業をするときは、
このような自動化処理を作成しておくと
時間短縮になりますし、ケアレスミスも無くなります
要するに作業効率が良いってことです。

最初に自動化処理を作成するのが億劫かもしれませんが、
一度作ってしまえば後々の作業が断然楽になります。

みなさんも自動化処理を作成して、
まったりティータイムを満喫してみてはいかがですか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/10/post-c9d5.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« Outlier of the Everywhere | トップページ | 人類皆プログラム作戦! »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動化処理でティータイム:

« Outlier of the Everywhere | トップページ | 人類皆プログラム作戦! »