« 美の○人 | トップページ | それは… ひらめ木 やすら木 ときめ木 »

2009年10月 7日 (水)スケール感

おはようございます。
本日の当番、CGデザイナーのT.Nです。

少し前ですが、大阪・天満橋にアヒルちゃんを見に行きました。
え?アヒルちゃん?なんなの?と思われるかもしれませんが・・

2009_1006_01_2
2009_1006_02_2

アヒルちゃんです。

 
2009_1006_03_2

でかいです。

このアヒル、大阪で開催されている「川」をテーマにしたイベント・プロジェクト
『水都大阪2009』の一環として登場したもの。
(この催しものは現在は終了しちゃってるみたいです)

しかし
なんなんだ、このでかさ!!
なんなんだ、この可愛さ!!
この異様なスケール感にシュールさを感じずにはいられない僕です。

というわけで、今回はスケール感についてちょっと語ってみます。

さて、ものを大きく見せるにはどうすれば良いでしょう?

「そんなの、大きく作ればいんじゃね?いんじゃね??」

もちろんそうです。大きく作れば、いいんです。
ただ、大きく作っただけで大きく見えるかといえばちょっと違います。
いや、もの自体は大きいんですが、大きいことに違和感があるというかなんというか・・・・
ええい、めんどくせーーーーーー!!

というわけで、ちょっと図解してみました。

2009_1006_04  2009_1006_05

左右の画像を比べてみましょう。
スケールは同じです。
ただ、左側は貼っているテクスチャをリピートさせて細かく見せています。
大きな建物を建てる時、素材自体(レンガなど)を大きく作るのには限度があるので
多くの素材を使用することになります。
つまり、大きなものを表現したい時は、テクスチャを細かくすればいいわけですね。

ただ、単に細かくすればいいってものではなく
表現したいスケールに合ったテクスチャを使用してあげることも大切です。

2009_1006_06

上図のように、キャラデカっ!!!

ってことにならないように注意しましょう。

 
ちなみに、このアヒルちゃんも近くで見ればこんな風になってましたよ。

2009_1006_07_2

ビニールの素材をつなぎ合わせてます。

 
以上、スケール感についてでした。
さあ、みなさんもレッツスケール!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/10/post-d8ec.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 美の○人 | トップページ | それは… ひらめ木 やすら木 ときめ木 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケール感:

« 美の○人 | トップページ | それは… ひらめ木 やすら木 ときめ木 »