« 遊ぶだけでなく見ることもためになる | トップページ | 企画は愛情 »

2009年11月18日 (水)とある遊戯の分析(アナリシス)

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Cです。

最近、気がついた事。
某アニメソングのPVに出てくるマジシャン…スッゲー面白い!

え~…前振りには何の意味もありません。
本当に最近、気がついた事なのでこの先は頭をまっさらにして
ブログを閲覧していただければと思います。

最近、とあるゲームソフトを借りまして
「久し振りに腰を据えて、ゲームをするか~!」
ゲーム機の電源を立ち上げました。
今回は借り物のゲームという事もあって、ゲームをクリアする事が優先です。
イージーモードでスタートです。
ここで「イージーモードが許されるのは小学生までだよねー」と思った方は
PCの前で正座してください。

先にも述べましたが今回はゲームをクリアする事を優先しています。
遊びとして、そのゲームを遊びつくしたいならばそのゲームを極めれば良いと
思うところですが、現実には反射神経の衰えた三十路のユーザーもいれば
幼いユーザーもいますし、アクションは苦手だが
キャラが好きでゲームをプレイするユーザーもいるハズです。
このゲームに難易度設定があるという事は、ワザと敷居を低くして
多くのゲームユーザーに遊んでもらうための処置だと考えられませんか?

イージーモードひとつにしても、作るとなるとそれなりの期間をかけて
作ることになります。
ということは、このゲームは難易度設定を設けるべき理由があるハズなのです。
それが何であるかを推測し、分析することでゲームの面白さや問題点などを
見つけだす事ができる
と思います。

ゲームをプレイするからには、当然楽しむのが第一ですが
ゲーム業界に身を置く人間として、頭の片隅のどこかでは
そのゲームのどの部分が面白いのか?という分析をしていますし
するべきだと僕は思います。
そうする事でゲームの面白さの部分を自分自身が納得できますし
ゲームの面白い部分というのが、おのずと分かってくるようになります。

また、この分析というのはゲームだけに限らず、TVや映画
スポーツや漫画などなど、いろんな物に対しても行うことができます。
そういった事が普段から出来れば、仕事にも応用が利くと思います。
ちょっと頭のスイッチを切り替えて、色んなものを分析してみると
新たな発見があると思いますよ。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/11/post-312c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 遊ぶだけでなく見ることもためになる | トップページ | 企画は愛情 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とある遊戯の分析(アナリシス):

« 遊ぶだけでなく見ることもためになる | トップページ | 企画は愛情 »