« 中国と日本の習慣の違い | トップページ | 本を読んでいます »

2009年12月 3日 (木)意識すること

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのT.T.です。

さて、ゲーム制作をしている時には必ず、ディレクターやアートディレクター、もしくは先輩の方に3Dモデルなどをチェックをしていただく機会があります。
学生の人で言うと、講師の人に見てもらう、チェックをもらうというところでしょうか。

講師の方のチェックやアドバイスは作品のクオリティの面でのものが中心になっているとは思います。
ですが、ゲーム制作の現場ではやはり商品を作っているので、視点といいますか、見るところが画のクオリティだけとは違います。

ゲームの企画の中での意味合いであったり、必要性、ゲーム全体で考えた時のバランス(統一感)も重要なポイントになります。

画の部分だけで、わかりやすいので言うと、
・このキャラだけ顔の感じが違う
・このキャラだけ彩度が高くて浮いてる

とかでしょうか。

例だけ軽く挙げましたが、もちろん企画の人は企画の人で、モーションの人はモーションの人などで、作るものに求められるポイントは色々あると思います。

自分自身は学生の時に、ゲーム制作をしたいというのはありましたが、ゲームを意識して作っていたかというと・・・。
・・・NOです。作るもの作るものバラバラでした。
なので、全体を見てのバランスや統一感をあまり意識してこなかった分、現場に入って苦労しました・・・

学生の方は、基本的には一人で、一つの作品を集中して作っていると思うので難しい部分があるとは思うのですが、たまに自分なりに好きなゲームなんかを意識して作品のバランスをとったり、そのゲームの一部としてなじむようなものを作ってみれば、現場に入った時に、その経験が活きることがあると思います。
是非お試しを。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/12/post-42d2.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 中国と日本の習慣の違い | トップページ | 本を読んでいます »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意識すること:

« 中国と日本の習慣の違い | トップページ | 本を読んでいます »