« 家系図スパイラル | トップページ | 対抗兵器! »

2009年12月17日 (木)思い出の品

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーの西出です。

今回はデザインティップスが絡んでいませんがご勘弁を。
ちょっと風潮を変えてお送りします。



最近我が家に新しい仲間が加わった
といってもペットなどではない
古いオーディオ

今まで全くオーディオというものに興味はなかったのだが
家でゆっくりと音楽に浸るのも悪くないと、ふと思い購入を決意した

雑誌やウェブでいろいろと物色してみたのだが
私はどちらかというと、機能よりも形にこだわってしまう性質で
いい形のものを見つけると値段を見てびっくりし
購入を怖じ気付いてしまうのである

そんな中、たまたま中古オーディオショップが目にとまった

基本は新品主義で、まあ中古がどんなものか見てみようと
とりあえず入ってみることにした

積み上げられたアンプの数々、ひしめき合うスピーカー群
なんともノスタルジックでアダルティーな空間であった
ここでお茶ができるなら、毎日でも通うのだが、と思うくらい面白い

店の雰囲気を楽しみながら、私のイメージするオーディオを探していると
どこか見覚えのあるものを見つけた、と同時に幼少の思い出がよみがえる

おお アレだ・・・
子供の頃、壊した アレだ・・・
親父に殴られた・・・そう アレだ!

幼少の頃私は電気製品の中身がどうなっているのかが、たまらなく興味があり、
ドライバー片手に親の目を盗んでは、分解して組み立てることを繰り返していた
その中のひとつに父のステレオシステムがあり、散々分解を楽しんだあと、
組み立てかたがわからなくなり、焦っているところを父に見つかり御用となったのである

そのあとぶたれたあげく、凍える寒さの外へ閉め出され、
暗闇と孤独の怖さのあまり、「お助けぇ~!」とわめき散らしては
またぶたれ、当時人生の終わりにも思えた出来事があった
今では独りで笑えるほどの、父との良い思い出ではある

その思い出の品が目の前にある
これが運命の出逢いであった

メーカーは伏せるが 1973年製 プリメインアンプ 
なんといっても今は少ない Made In Japan いい響きである
製造年が私の出生年であるのもまた運命を感じる


2009_1216_2


最初は幼少の思い出から興味を引かれたのだが、よく見ると、良いデザインをしている

前面は金属パネル、側面はウッドカバーになっており、美しく素材が融合しており落ち着いた雰囲気で、今の部屋になかなかマッチしている
久しぶりに満足な買い物であった


ちなみに私が壊した父のアンプは当時価格 10万円
現在でいえば20万円位だろうか

また笑えてくるが、ぶたれて当然である

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/12/post-6fbd.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 家系図スパイラル | トップページ | 対抗兵器! »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の品:

« 家系図スパイラル | トップページ | 対抗兵器! »