« このくらい | トップページ | 中国と日本の習慣の違い »

2009年12月 1日 (火)武勇伝♪武勇伝♪ででででんでんででんでん♪

おはようございます。
本日の当番、デザイナーのH.Iです。


アクセスゲームズでお仕事をし始めて早二年が経とうとしています。
これまでに様々なことがありましたが、まだまだヒヨッコでございます。

そんな折、僕が通っていた専門学校主催の同窓会の告知が我が家に来ていました。
5年に一度というなんだかオリンピックみたいな周期で行われる大同窓会です。

行ってみると懐かしいコムレット(同士)が何人か集まっており、みんなそれ
ぞれの業界で切磋琢磨しながら仕事に精を出している話を伺いました。

ただ、僕が所属していた学科で同窓会に参加していたのは男女合わせてわずか4
人・・・。
5年に一度やで?もっと集まろうよ!
だいたいクラスの生徒数50人弱いたのに・・・。

しかし、中には東京を職場とする人もいて、そういう人たちはなかなか来れません

って大半が関西で働いているのにそいつらはどうした?って感じですが・・・。

小人数ではありますが、コムレットと集まり「なんの仕事をしているの?」と言う
質問や「こんなん作った!」と言って武勇伝を聞かせてくれる人もいました。

ゲーム開発会社は機密事項などが沢山あり、なかなかこれやったよ、とは大声では
言えません。
だから僕は仕事のことを聞かれたらいつもこう答えます。

「ふっ、デザイナーやってるよ・・・」

こんなちょっとかっこいい台詞をいつも言っています。滑稽ですか?もしかし
て・・・


武勇伝話を聞いてると、ハリウッド映画のCGやったよ、CMのCG作ったよ、アニメ、
そして○○○のゲーム作ってたとか、いっぱい話を聞いて、素直にうれしい、と思
うと同時に悔しさもありました。中にはフランスと合同制作で映画作ってて、直接
フランスに出張に行っていた人もいまして、すげー経験してるなぁ~と、思いつ
つ、「いやいや、俺だってなんのその!」と、思いだけを胸にしまいつつ、心の中
で悔しさを思いつつ、思いつつ、思いつつ・・・っと複雑な気分になっていまし
た。

ですがふと思いました。
僕らはある意味裏方なのです。ユーザーの方々にはぶっちゃけ誰が作ったかなんて
気にしない人がほとんど。

「表に出ないのに作ってて楽しい?」

そう思う方もおられるでしょうが、何本売れたなどの情報を目にすると、僕が作っ
たキャラでお金を払ってプレイしてくれている事がわかるので、その時なんとも言
えない幸せを感じるのです。
どこかで、だれかが「うわ!やられた!!」とか「よっしゃクリア!!」とか「ち
ょ、無傷やで!?俺!」とかいって遊んでくれている方がおられるのであれば励み
になり、これからもっとがんばろう、って思えるのです。

そんなことを思いつつ、
これからも一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2009/12/post-9725.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« このくらい | トップページ | 中国と日本の習慣の違い »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武勇伝♪武勇伝♪ででででんでんででんでん♪:

« このくらい | トップページ | 中国と日本の習慣の違い »