« 本日の記事はお休みです | トップページ | 今年は寅だ!お前は虎になるのだ!! »

2010年1月28日 (木)君が気づくとき…

おはようございます。
ブログ当番となりました、プランナーのM.Hです。

本日は、息子のお話を…。

息子は1歳。
ちょっと面倒な体質を持っていますが、元気に育っております。
最近は、自己主張するようになってきて、気に入らなければ物を投げまくる、同じ絵本を読んでとしつこくせがみ、泣く。おとなしかった娘の時とは全然違うので、男女で成長が違うんだなと思う毎日です。

そんな息子ですが、少しずつ「名前と人のつながり」
わかるようになってきました。

「パパどこ?」と聞くと、
私の方を見てにっこり。

「ねーねどこ?」と聞くと、
娘の方を見てにっこり。

猫を見れば「にゃーにゃ」、犬を見れば「わんわん」といってテンションMAX。

うんうん。成長成長。

しかし、

全くもってわからないことが1つだけ。

それは……

“ママを認識できていない”ということ。

「ママどこ?」と聞くと
本人を目の前にしてあらぬ方向を向く始末。
(何か見えているのでしょうか?)

私を「たーた」、娘を「ねーね」と呼ぶが、
「まーま」は呼ばない。

こんなことってあるんですね。
最も近くにいて、最も身の回りを世話してくれる人なのに…。
身近なことは逆に見落としている…。
「灯台下暗し」と言った状態でしょうか?

ゲームの制作中、灯台下暗し的状況に私はよくなります。実は肝心なところが抜けていたり、もっといい方法があったりするのですが、自分では気がつかない。

そんな時、その抜けへのツッコミや、逆提案をいただけるのが
チーム制作のありがたいところ。

他のプランナー、デザイナー、プログラマーなどから
全く思いもつかなかった抜けや方法を伝えられ、

「あ゛……」

目から鱗です。
そして感謝すると同時に、もっと頑張らないとダメだなと思わされます。
助けられるプランナーではなく、助けるプランナーに早くなりたいです。

息子も、そのうち「この人がママか」と気付く時が来るでしょう。
その時のリアクションが楽しみでなりません。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/01/post-a063.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 本日の記事はお休みです | トップページ | 今年は寅だ!お前は虎になるのだ!! »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が気づくとき…:

« 本日の記事はお休みです | トップページ | 今年は寅だ!お前は虎になるのだ!! »