« 有から有 | トップページ | 健全なる上昇思考 »

2010年5月21日 (金)まずは理屈から

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのR.Iです。

気がつけば、もう入社して3年目になります。
後輩も増えてきましたが、中堅とは言えない微妙な位置と同時に
先の事を色々考えてしまう位置です。

中堅って位置になった時にはどうなってるだろう・・・?
仕事内容は?、結婚はしてるのか?
貯金はいくらくらいだ?、給料は?、給ry・・・


!?

失礼しました・・・

という感じで色々考えてしまうわけです。


最近、友人の結婚式に招待されることが多くなってきたからでしょうか?
○年後の自分を考えてしまいますが、今回はそのことではなく
結婚式の余興を決める打ち合わせでの出来事について書きたいと思います。

打ち合わせの日は前もって連絡があったのですが、当日はどうしても
はずせない用事があったので、自分は不参加でした。
打ち合わせに参加する友達から怒りの電話がありましたが・・・それは置いといて。

不参加だった自分は余興の内容を
怒りの電話をしてきた友達のブログを見て知りました。
なぜ直接連絡してこない?と思いましたが、それも置いといて。

余興の内容ですが、歌を歌うことになったそうです。
普通に歌うのは面白くないらしく「歌う人」「茶番、思い出話をする人」
担当分けされており、自分は「歌う人」に割り振られていました。

「なぜ!?」と友達に聞くと

打ち合わせに同席していた

A君は声量が足らんから
B君はC君とセットで考えてるから
D君はシャイだから


という理由で自分に決定したそうです。

消去法かい!!と友達にツッコミをいれつつ、
歌の内容を聞いてみるとキーが高い高い。
正直、うまく歌えるかどうか不安でいっぱいですが、
友達の結婚式なので引き受けることに・・・

当日、グダグダになるのは避けたいので「高音だせるように準備しておこう」
と思ったわけです。
もしかしたら、喉仏のモーションとか、この先、作るかもしれないから
いい機会かもと思い、色々調べてみました。


「声帯の振動数」の違いで高音か低音になるのかに分かれるそうです。
声帯が速く震えると高音に聞こえ、ゆっくり震えると低音になります。

高い声を出すには、声帯をピンと張った状態で速く振動させることが
ポイントだそうです。
男性より女性の方が高い声が出やすいと聞きますが、
理由として女性の声帯は男性より短いので、声帯を張りやすく、
より速く声帯を振動させることができるからだそうです。

高音を出すには、声帯を張るための筋肉を鍛える必要があるらしく、
ボイストレーニングなどで鍛えることができます。
ただし、正しい方法で行わないと、声帯、喉を痛めるので注意が必要とのことです。


「こうやって調べてみると、人間の体ってよくできてるなぁ」と感心しつつ、
「いつかこういう知識が仕事に活かせたらなぁ」と思いながら、調べてた次第です。
仕事でも理屈をしらなければいけないことが、多々あるので勉強になりました。

結婚式はだいぶ先ですが、調べたことを活かせるように当日頑張ります。

ん!?なになに?
調べたところで高音が出せるようになるのかって?
まぁまぁ、それも置いときましょう。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/05/post-1cf1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 有から有 | トップページ | 健全なる上昇思考 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは理屈から:

« 有から有 | トップページ | 健全なる上昇思考 »