« ゲームの未来形 | トップページ | 想い出のGW »

2010年5月 7日 (金)造形部に入ったらいいんじゃない?

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Aです。

前回に引き続き、
台湾で見てきたものを今回はデザイン目線で紹介しようと思います。
前回も少し触れましたが、台湾の造形物は非常に細かな作り込み派手な色彩
特徴的でした。
特に、廟に行けば必ずと言っていいほど見られる、これでもかというくらい張り巡らされた彫刻には圧倒されました。

屋根にも彫刻品がびっしり…廟建築は様々な芸術の結集として造られたそうです。
 
2010_0506_01
景福宮、生活の守護神である土地神、福徳正神を祀っています。
 
 
2010_0506_02
平らな壁などネェー
 
 
2010_0506_03
柱に彫刻した龍柱、立体感がすごい
 
 
このようにあちこちで見ることができた彫刻工芸ですが、中でも圧巻だったのが
故宮博物院の中で見た「象牙多層球」というものです。
 
 
2010_0506_04
※博物院内は撮影禁止だったので写真はみやげ物屋に置いてあった多層球です。

細かな彫刻を施された球が21層になっていて(内にいくほど小さな球が入っている)、
切り離したり接着することなく、1本の象牙から彫りだされているそうです。

当時親子三代かけて造られたものだそうで、造り方は判明しているものの、
それをできる人がいないので現在では作成不可能とのこと。

どうやって作ったのか全然想像がつかない…
こういうものを見ると無性に造りたくなる性分なんですが、さ、流石に無理か…(汗
 
 
こういった立体造形物は、写真だけでなく、
生で見るということの意味がでかいです。
刺激を受けた部分も多かったのでまた、色々と見にいきたいですね。
彫刻にも非常に興味がわいたので、いずれ何か作ってみたいと思います。
 
 
帰国後、脊髄反射的に、テクスチャを使って作ったお手軽3分間モデリング~
 
2010_0506_05
(;=△=)なん…だ…こ…れ…
当時のテンション上がりすぎた私の証言によれば龍の壁画のつもりだったようです。
 
 
おまけ
 
2010_0506_06
向こうの狛犬的なもの
すごい特徴的な顔ですなぁ
あと子犬落ちる…

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/05/post-93bc.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ゲームの未来形 | トップページ | 想い出のGW »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 造形部に入ったらいいんじゃない?:

« ゲームの未来形 | トップページ | 想い出のGW »