« 健全なる上昇思考 | トップページ | 「2年目」って何回言った!? »

2010年5月25日 (火)定めを設けると書く

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのN.Aです。

設定って大事ですね~。
最近つくづくそう思う様になってきました。

僕は漫画や小説が好きで、よく読むのですが、
面白い作品に共通して言えるのは、
キャラクター一人一人にきちんと設定があって、
その設定が個性として成り立っている
ということです。

その個性はブレることがなく、
物語を読んでいると、
こいつならこうする
ここはこうなる
と、ある程度予測が出来、
それが読者を作品へと引き込んでいるのだと思います。

仲間の為に熱くなる
常に冷静沈着
飄々としてつかみ所がない
等、そのキャラクターの年齢や、
辿って来たであろう人生によって個性が形成され、
そしてそれは制作者の考えた設定から生まれるものです。
その設定をないがしろにするとキャラクターが成り立たなくなってしまいます。

モーションを作る際にも設定が重要で、

例えば、
40代男性
落ち着いた性格
という設定のキャラクターがいたとして
そのキャラクターに、
まるで子供の様にはしゃぐ演技をさせてしまうと
キャラクターが崩壊してしまいますし、
女性の様にしなを作ってしまうとオカマちゃんに見えてしまいます。

モーションを作る際には
そのキャラクターの設定を考えつつ、
一番あった演技をさせる必要があるのです。


以前、
厳ついオッサンのモーションを作った事があったのですが、
自分では意識していない内に内股気味になってしまい
オカマちゃんみたいと言われてしまいました。

まさに例にあった通りの事をしてしまっていたのです。
原因は、
自分の中で厳ついキャラクターを動かしているという意識が薄く、
思うがままにモーションをつけてしまっていたのです。

頭の中では解っていてもそれを意識して作るのと、
意識せずに作るのとでは出来上がりがまったく違います。



少なくとも内股にはならない( ̄_ ̄;;



そんな僕も最近では、
モーションを作る前にキャラクターの設定を意識することで
活き活きした動きを作れる様になってきました。(^▽^)/


なってきましたよね?(・・;)



ハイ勉強シマス。m(_ _;)m


入社2年目
これからも日々努力し、
キャラクター設定を意識する事を大切に、
そしてその設定を活かせる演技が作れる様、
頑張ります!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/05/post-b359.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 健全なる上昇思考 | トップページ | 「2年目」って何回言った!? »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定めを設けると書く:

« 健全なる上昇思考 | トップページ | 「2年目」って何回言った!? »