« パワーアップアイテム | トップページ | 道のり »

2010年6月 3日 (木)やっぱりゲームでした。

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのE.Fです。
入社して2年目になります。2年目1発目のブログです。
2010年も半分に差し掛かって参りました。
本当に1年って早いものですね。

最近、クレーンゲームで遊ぶ事がありました。
ゲームセンターによく置かれている、アレです。
何故か…?理由はありません。ただ久しぶりに遊んでみたかったからです。

クレーンゲームと言えば、
2つ、もしくは3つの歯で何か景品をつかみ上げ穴まで運ぶ…
そんなゲームだったと思います。

…だった。

…と…思います。

最近のクレーンゲームって…何ですか?

歯が一つしか無いって何?
転がすって何??
紙に穴を開けるってナニ???

同じクレーンゲームなのにここまで遊び方を考える人…すごいです。

それだけではなく

景品をちょっと歯が触れるくらいで落ちそうな所に置き、
如何にも簡単に取れますよ~と言わんばかりに観せたり、
でも、ちょっと歯が触れただけで持ち上げる動作に切り替わるように
してあるもんね~って設定されていたり。

この様に観せるスタッフさんの配置する技術と、機械の技術も…すごいです。


…あれ?
実はクレーンゲームってテレビでやるゲームとかに似てる?

色々な遊び方を考える…プランナーさん?
取れるように観せる…デザイナーさん?
歯が触れた時の判定を行ったりするシステムを組む…プログラマーさん?

…さすがに少し無理やりすぎますかね。


でも何でしょう。
遊んだ後の「やりました感」は、景品が取れても取れなくても、
テレビでやるゲームで遊んだ後に感じる気持ちと変わらない気がしました。

やっぱりゲームなのですね。

景品が取れない時の悔しさと、もう一度チャレンジしたいという気持ちとか…
テレビでやるゲームが、クリアーできない時と同じだと思いました。
景品を取ることができた時の快感と達成感は、テレビでやるゲームがクリアーできた時、
そして景品が手に入った時の満足感、これはやっぱりクレーンゲームだけでしか
味わえない醍醐味だと私個人は思っております。
ただ、景品を取るだけの数秒で終わるゲームでも、ここまで色々な気持ちを
与えてくれるクレーンゲーム…奥深いです。

私もデザイナーとして、観せる所から色々な気持ちを与えられるような
デザインを行っていけたら…と思っております。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/06/post-610c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« パワーアップアイテム | トップページ | 道のり »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりゲームでした。:

« パワーアップアイテム | トップページ | 道のり »