« 継続は力 | トップページ | それだけじゃない »

2010年7月 7日 (水)Emotion Control

おはようございます。本日の当番、プランナーのS.101です。

本日は7月7日。七夕です!
今年もアクセスゲームズでは【七夕イベント】が開催されております。
みんな願い事を短冊に託すのですね。なんて夢いっぱいのイベントなんでしょう!

ちなみに私の願い事は「サマージャンボ当たりますように!」(確か今日発売?)

じゃなかった…「開発したタイトルが100万本売れますように!」

2010_0706_01_2 

また、最近の記事でも話題となっている4年に一度のイベント【ワールドカップ】
サッカー+フットサル歴が10年を超える私には、この祭典に興奮しっぱなしです!
奮闘した日本代表!
トーナメントも終盤に近づき、強豪国同士のハイレベルな攻防!
今回のワールドカップも見所たっぷりですね。



これらのイベントは私達にたくさんの感情を与えてくれます。
感動、興奮、喜び、悲しみ、悔しさ…。細かな感情を挙げるとキリがないほどです。
いやぁ、実に素晴らしい!

さてさて、私達が携わっております【ゲーム業界】も多くの感情をユーザーに
抱いてもらえるお仕事です。このブログを見てくれている読者の皆様は、
少なからずゲームに関心のある方々と思います。
ゲームをプレイしている時って、様々な感情が湧いてきませんか?

手に汗を握る激しい戦い、疾走するようなスピード、信用していた仲間の裏切り
そして、クライマックス…。

それらゲームプレイから得られる感情も、挙げるとキリがないですね。
しかしながら、前述にあります【七夕イベント】や【ワールドカップ2010】とは
ちょっとだけ事情が違います。なぜなら、ゲームプレイによってユーザーが
抱く感情は99%意図されたモノになります。

実は、ゲームデザイナーとも呼ばれるプランナーの【匠の技】なのです!
勿論プランナーだけではなく、シナリオ、グラフィック、プログラム、サウンドなど
様々な要素が加わって感情の演出が行われますが、根幹になる「この感情を抱かせ
たい!」という部分をプランナーが考えてゆきます。

例えば、ゲーム開始直後のイベントを考えてみますと
「一番最初にガッチリとユーザーの心を掴みたい!」
「ユーザーは右も左も分らない状態なので、どうやって試みる?」
「そうだなぁ【驚き】ってどうだろう?思わず声が出そうな感じの」
「んじゃユーザーに驚いてもらうには何をすればよいか?」


という感じで、一つ一つ丁寧にイベントを作ってゆきます。
そして、そのイベントが様々な形で組み合わさり、絡み合うことでユーザーに
多くの感情を抱いてもらい、深くゲームの世界へと惹き込むのです。

まぁ、たまに意図した内容と違う方向にユーザーの感情が傾いてしまうことが
ありますがね…。非常に難しく、奥が深いお仕事です。


でもでもでも!
そんないろんな感情を演出できるお仕事って遣り甲斐があるとは思いませんか!?
自分が考えて、練りに練ったイベントを、チームメンバーと作り上げ、プレイして
くれる人が笑ったり、興奮したり、悲しんだり。
その光景を想像しただけでゾクゾクしませんか!
「ひょっとして私ってファンタジスタじゃね?」ってね!

如何でしょう!そこの貴方!
プランナーに興味が出てきたんじゃぁ~ないですか!
そんな貴方はコチラからアクセスゲームズリクルートページにアクセスだ!
そこには私のインタビュー記事も載っているぞ!参考にどうぞ!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/07/emotion-control.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 継続は力 | トップページ | それだけじゃない »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Emotion Control:

« 継続は力 | トップページ | それだけじゃない »