« トータル企画 | トップページ | 浦島禁止 »

2010年7月15日 (木)美化された記憶

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーの岡本です。

ちょっと昔の話です。

自社開発の昔のヒットゲームをいくつかパッケージして、懐かしのあのゲームが
まとめて遊べる!的なソフト
が各社から出ていると思います。

私は中学生の頃、1プレイ50円や100円というスタイルのアーケードで
ゲームにのめり込んだクチなのですが、中でも結構ハマったゲームが2つ
ありました。(どちらも同じメーカーさん)

で、その2つのゲームを含むパッケージソフトが出ないかな~なんて思って
いたら出たんですよね。

当然、即買いに走りましたが・・・売ってない・・・。

かなり色んなところを回ってみましたが、どうも出荷本数自体があまり多くなく、
買った人は売らないという感じで品切れ状態。
 
 
じゃあネットで買えばええやんとばかりに調べてみたら、定価の3倍強!

さすがにそこまでは出せん・・・orz
 
 
その後しばらく忘れていたのですが、結局定価の2倍弱で売っているところを
見つけて買ってしまいました。(ま、負け組か?)
 
 
ワクテカしながら、早速遊ぶぞおぉぉ!!!
 
・・・
 
・・・10分後
 
あ、あれ・・・?
 
なんつーか・・・操作性もテンポも悪・・・。
見た目もなんか・・・ん~、こんなんやったっけ?
 
なんでや!?
 
 
考えてみれば当然の事で、そのゲームは20年以上前のもので、その間ゲームは
進化し続けているわけです。
今のゲームに慣れた感覚で見てそれより良い!なんて
事になったら、まぁ大変ですよね。(そういうゲームもあるかもしれませんが)
 
あとは脳内で当時の記憶が美化されていることも大きいんだと思います。
でもそれは強烈に脳内に焼き付いているから美化されるんであって、決して
悪い事ではないはず。
 
もちろんそのゲームが当時の私にとって、もの凄く面白いゲームだったという
事実は揺るぎませんし。
 
 
何が言いたいかというと、後々美化されるぐらいユーザーの記憶に残るゲームを
つくっていきたい!!
って事ですな。
 
昔自分が開発に携わったゲームを、学生の頃死ぬほどやりましたなんて言われる
事がたまにありますが嬉しいもんです。
 
 
あー、でも記録にも残りたいなーっと。
 
 
2010_0714
学生時代の憧れの娘が・・・ちょっと違うかw

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/07/post-462c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« トータル企画 | トップページ | 浦島禁止 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美化された記憶:

« トータル企画 | トップページ | 浦島禁止 »