« 最近 家族が増えました | トップページ | 田舎生活の必需品 »

2010年9月 9日 (木)企画コンペでLet's リフレッシュ!

おはようございます。本日の当番、プランナーのK.Mです。

暦の上では秋が訪れても良さそうなのに、残暑…というより猛暑が続く中、
アクセスゲームズ(AG)には、いつもの年ならとっくに来ても良さそうな
暑い…いや、熱い夏が、どういう訳かまだやって来てません…。

そうです。
AG夏の風物詩、社内企画コンペが、今年はまだ開催されていないのです!
 
 
社員全員が応募資格を持ち、ルーキーからベテランまで同じ土俵で
がっぷり四つな戦いを繰り広げるワクワクイベントが、
今年は社内のほとんどのプロジェクトがこの時期に締切を迎えるという
緊急事態のために開催できないでいるのです。

今年のAGの夏は、「締切の熱い夏」になりましたが、
メンバー達の頑張りによって、何とか実りの秋が迎えられそうです。

…ということで、激闘で出し切った力を回復させつつも…、
ゲームで夢を語る素敵イベント、企画コンペをそろそろ始動させ、
「リフレッシュ」といきますか?という話が持ち上がっています。

ゲームを作る仕事をしていてゲームを考えるイベントがリフレッシュになるの?
と思う人もいるかもしれませんが、気の持ちようでとてもリフレッシュできます!
 
 
ゲームを製品として完成させるために発揮するパワーと、形がないところから
ゲームを思い描くパワーは、「別の源」から出ているように思います。

例えるなら、焼肉を「もう喰えん!」というぐらい腹一杯食べた後でも、
シャーベットなら喰える…という「別腹」感覚とでも申しましょうか?
 
 
リフレッシュできるかは「気の持ちよう」と書きましたが、
もちろん企画コンペも企業活動の一つなのでゲーム会社として求められる
押さえるべきポイントがあります。
…が、仕事仕事と肩肘張ってしまうと「ゲームを完成させるためのパワー」
と同じ源を使ってしまうことになり、リフレッシュになりません。

まずは、自分の中から無理なく沸き上がってくるゲームアイデアを並べて
ニヤニヤしたり、ワクワクするところから始めるのが良いと思います。

充分に堪能したら、今度はそれらを並び替えたり、他のアイデアとくっつけたり
整理して、求められているようなゲーム企画に近づけましょう。

この段階になると少しコツがいるので、しんどく感じられるようなら
プランナーや、周りの人に相談してみるのも良いかもしれません。

重要なのは、企画書作りを「楽しむ」精神!

〆切ぎりぎりからこれら作業を始めてしまうと「ニヤニヤ、ワクワク」を
堪能する間もなく、急いで完成まで持って行かなければいけないため、
企画書の内容的にも、リフレッシュ的にも良い結果は得られません。
 
 
…と、いうわけで…
この秋は、企画コンペでLet's リフレッシュ!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/09/lets-26df.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 最近 家族が増えました | トップページ | 田舎生活の必需品 »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企画コンペでLet's リフレッシュ!:

« 最近 家族が増えました | トップページ | 田舎生活の必需品 »