« 当たり前のことを、当たり前に。 | トップページ | 怠けた私と絵と箱と »

2010年12月10日 (金)拘りを拘って!

おはようございます。
本日の当番、CGデザイナーのS.T.です。

先日、久しぶりに学校に行って、友達と会いました。その人は私と同級生ですが、
今は研修生として、もう1年学校で勉強することになります。

さて、感動的な再会を演出しましょう!

実は、会ってすぐ、ポートフォリオが渡されて、「見ろ!って押しつけられ
ました。
それで、喜び満ちるはずの再会が、何故かポートフォリオ審査会になりました。

それでは、早速拝見させてもらいました。

(シーン~~~)

「なるほど」と関心しました。

何が「なるほど」って?

それは、プロのデザイナーが、学生作品を見る時、こういうことを考えているなと、
少々わかったような気がします。

「こういうこと」って、どういうことでしょう。

これから、説明します。

私はまだ学生の時には、その友達の作品が、クオリティーが割と高くて、クラスの
中では結構できる人と思っていました。

しかし、この間その友達の作品を見る時、そういう感想が出ませんでした。

私が7カ月ぐらい働いてきて、2Dも3Dも色々関わり、ディレクターや先輩たちの
指摘を受け、修正を重なって、クライアントが納得できるものを作り上げた今は、
改めてその作品を見ると、昔気づいてなかった問題点が、色々見えてきました。

一番大きいと思う問題点は拘りが足りないことです。
完成度がそこそこ高いですが、自己満足の段階で止まっているので、細かい
ところを誤魔化して、全体的に浅く見えます。キャラクターであろうと、背景で
あろうと、一つの作品の中で、一か所でもいいので、ここだけは譲れないほどの
拘りで作ったら、作品の質と与える印象はだいぶ変わると思います。

さてさて、これから皆さんも自分の拘りを見つけ出して、いい作品を仕上げるように
頑張ってください。

と言ってる自分も、Good Jobをしないとだめですね~

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2010/12/post-dea8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 当たり前のことを、当たり前に。 | トップページ | 怠けた私と絵と箱と »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拘りを拘って!:

« 当たり前のことを、当たり前に。 | トップページ | 怠けた私と絵と箱と »