« 【号外】Red Seeds Profile/Deadly Premonition各賞受賞&ノミネーション報告!! | トップページ | 気を付けるレベル2 »

2011年1月19日 (水)順序

おはようございます。本日の当番、プログラマーのG.Iです。

世の中には、適切な順序でこなさなければ上手くいかないことが沢山あります。

例えば、コップに水を入れる前に飲むとか、風呂から上がった後に体を洗うとか
寝る前に起きるだとか、、、まったく上手くいかないですよね。

えーつまり何が言いたいかというと、
それはゲーム制作にも言えるということです!!

プランナーが仕様を決めて、デザインが素材を作り、プログラマーが組み立てる。
基本的な役割分担ですが、当然ながら仕様が確定する前から、プログラムや
素材作りをしてしまうと最終的に作り直し、、なんてはめになってしまいます。
もしそんなことになったら、スケジュールも変更しなくてはなりませんので
大きく時間を無駄にしてしまいますよね。

ゲームを制作する上でのトライアンドエラーは必要ですが、こんな間違いで
時間をロスするのは非常にもったいないです。

実は、プログラムの設計にも同じことが言えます。

1、投げる人を動かす

2、投げられる人を動かす


3、表示する

上記は投げアクションを行う際の、プログラム設計を単純化したものです。
例えば、上記の2番目と3番目を入れ替えると、投げる人と投げられる人の
動きが1枚づつ表示がずれてしまいますので、上手く組技に見えなくなって
しまいます。

さらに単純化してみます。

キャラクターを動かす

表示する

これでも順番が逆になってしまうと、初めに一瞬だけ何も表示されなかったり
動いていないキャラクターが表示されてしまったりと、変になってしまいます。
それだけならまだいいですが、最悪の場合だと一番初めの表示が上手く
いかずにプログラムがストップしてしまう可能性もあります。

こんな順番まちがえねぇよ!!

、、という人もいるかもしれませんが、
実際には、背景やエフェクト、シーンの切り替え処理などが入り混じってきて
むちゃくちゃ複雑になりますので気をつけてください。

ちなみに、プログラムの組み方にもよりますが、一度組んでしまった順序を
後から変更するにはすごく手間がかかります

初めから組み直したほうが早い場合も出てきます。

ですので、設計段階でその順序をしっかりと決める必要があるのです。
基本的なことですが、これが実はできない人が意外と多いんです。
私も昔は、全然できてませんでした。

もしプログラマーで、この記事を読んでドキッとした人は
今後は、書き始める前にしっかりと設計を行うことをオススメします。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2011/01/post-7f90.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 【号外】Red Seeds Profile/Deadly Premonition各賞受賞&ノミネーション報告!! | トップページ | 気を付けるレベル2 »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 順序:

« 【号外】Red Seeds Profile/Deadly Premonition各賞受賞&ノミネーション報告!! | トップページ | 気を付けるレベル2 »