« 謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます | トップページ | それは病魔です(良い意味で!!) »

2011年3月15日 (火)モーション?解説

おはようございます。
本日の当番、解説するモーションデザイナーのN.Aです。

今回はいつもと違った感じで用語の解説を行いたいと思います。
といっても、私自身あまり造詣が深いわけではないので、
専門的な話をすることはできないのですが・・・

モーションデザイナーの仕事モーションを作る事 です。
何を当たり前のことを…と思われるかもしれませんが、その仕事にも種類があり、

 ・キャラクターモーションの作成
 ・ムービーの作成

など、用途に応じて専門的な知識が必要になる場合があります。

しかしゲーム会社で働く以上、
キャラクターモーションに関する知識は嫌でも入ってきます。

そこで今回は、
ムービーを作成する際、特に意味不明な言葉が飛び交う、
カメラーワークについての用語を解説したいと思います。

●フィックス
 カメラを固定して動かさない状態で撮影することです。

●ズーム
 被写体に近づきたい時に使用します。
 カメラ位置は固定で、画角の調整のみで行います。

●あおり
 カメラを上に向けて撮影することです。
 一般的に、被写体の巨大感を出したい時などに使われます。

●俯瞰(ふかん)
 高い位置から見下ろすように撮影することです。
 ※ あおりとは逆の状態です。

●ロングショット
 遠景の意味です。
 全体の状況等を視聴者に把握させたい時や、背景がメインのカットで使用します。
 俯瞰と組み合わせて使用する場合があります。

●パン
 カメラを固定し左右に振る撮影方法で、
 上下に振る場合ティルトという場合もあります。
 動いているものを追うように撮影する場合が多いです。

●ドリー
 カメラを移動させながら行う撮影方法で、
 徐々に近づきながらの撮影をドリーイン
 離れていくことをドリーアウトと呼びます。
 ズームと異なる点はカメラを固定せず、直接移動させることです。

これらは映像業界ではよくつかわれる単語ですが、
キャラクターモーションを作っているだけでは中々出会うことのない言葉です。
特に、カメラワークに関してはほぼ無縁と言っていいでしょう。

私自身、言葉の意味がわからず間違ったカメラワークをしてしまったり、
知らない言葉をネットで調べていたこともありますし、
知識を持った上で作業するのと、調べながら作業をするのとでは効率が違います。

皆さんもこの機会にぜひ覚えてみてはいかがでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2011/03/post-7ed1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます | トップページ | それは病魔です(良い意味で!!) »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーション?解説:

« 謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます | トップページ | それは病魔です(良い意味で!!) »