« ファイル書き込み要注意 | トップページ | これは愛の鞭です »

2011年4月 7日 (木)業種が違っても問題になる事は似たり寄ったりっぽい

おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Tです。

暑くなったり寒くなったりと気温も安定していない今日この頃、
皆様は如何お過ごしでしょうか。

先日、まったく別の企業で働いている古い友人数人に久しぶりに会い、
色々と話をしました。

その話の中で、ちょっと前にブログで書いた
「引き継ぎ」に関する話題も挙がりました。
どんな企業であれど、引き継ぎ業務はやっぱり問題になる事が多いみたいですね。

前のブログで書いた様な事もあれば、
引き継ぎ項目が多い場合は、一日中付きっきりで教える必要がある等、
思った以上に面倒というか、手間がかかるというのが全員の意見でした。

そんな話の中、友人の一人が、彼女から又聞きした
引き継ぎの方法の一つを話してくれました。

手順で説明すると、

1・ある業務の引き継ぎが必要な人を全員集めて、
  重要な点と業務の流れをサラッと説明してすぐ解散
2・説明を受けた人の中から抜き打ちで一人を選んで、
  実際にその業務をしながら説明書を書かせる
3・以降、その業務を行う人は、書かれた説明書をマニュアル代わりにする

だそうです。

それを聞いて「サラッと説明ってダメだろw」とか思ったんですが、
実際に業務をしながら説明書を書くタイミングで、
説明になかった細かい事を調べて確認しつつ、それでもハッキリしない所は、
質問してくる為、最終的に説明書の担当者は、
項目が多くても、内容をほぼ完全に理解出来るそうです。

また、間違っていたら、
その後、説明書を見て作業する人が皆間違える事になるので、
結構神経質になりながら皆取り組むのだとか。

「説明書を書くタイミングで一つ業務任せられるし、
一日中付きっきりではないし、
その相手が説明をちゃんと聞いていたか確認できるし、
自分で物をちゃんと調べながら業務を行える人材か確認できるし、
結構効率がいい」

らしいです。

この話を聞いて思いだしたんですが、昔ゲーム業界に入りたての頃に、
教えてもらった開発環境のセットアップ方法を文章でまとめて、
それを社内wikiで公開するといった作業の指示を受けたんですが、
まさにこれが狙いだったのかなと。

まぁ・・・間違いばかりで訂正されまくっていましたが・・・w

一つの事を行う上で、やり方なんて幾らでもあるんだなと改めて思いました。
この間上司に「頭が固いんだよ!この雑魚が!」と言われたばかりなので余計w

臨機応変な人間になる為には、まだまだまだまだ修行が足りないようです・・・w

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2011/04/post-89a9.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ファイル書き込み要注意 | トップページ | これは愛の鞭です »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業種が違っても問題になる事は似たり寄ったりっぽい:

« ファイル書き込み要注意 | トップページ | これは愛の鞭です »