« 新年 | トップページ | 生の英文メールに触れてみよう »

2012年1月 5日 (木)アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ

アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ

おはようございます。
子供の頃、友達から貰う年賀状にはどれも「お餅の食べ過ぎに注意!」
書かれていた食いしん坊キャラクターにして本日の当番、プランナーのK.Mです。

前回のブログ当番でも軽く社内ゲーム企画コンペが開催中だと触れましたが、
応募は〆切られ、今は社員全員で作品の審査を行っている最中です。

企画コンペの審査は楽しいですよ!

年に一度のこの企画コンペで、それぞれが思い描く「ボクの考えたすごいゲーム」、
例えば新人の考えた夢いっぱいの企画だったり、中堅の野心的な企画だったり、
熟練者の業界動向を分析した上でのリアリティある企画だったり、人それぞれ、
様々な形のゲーム達に触れる事で、脳の色んなところに刺激を受ける感じがします。


コンペとは別に盛り上がりを見せているのがアクセスゲームズ(以下AG)10周年
向けた色んな取り組みで、目下さまざまな事が計画されています。

AGが設立された頃から10年が経ち、ゲームを取り囲む環境も色々変わりました。
業界勢力図が変わる程の新ゲームジャンルの流行もありますし、「未来は今!」
言えるようなSFめいたゲームデバイスが登場し、しっかり定着しつつあったり、
すごい事になってますよね。

現状を考えると、AG20周年や、30周年の頃にはどうなっていることやら………
と、人ごとみたいに言わず、予想してみる事にしました!

そう言えば、CGデザイナー西出が「妄想上のゲームハード」で触れてましたね。

今から10年後、AG20周年の頃のゲームデバイスはこれだ!!
(この予想は、プランナーK.Mの個人的な妄想です)

2012_0104


●最も身近なウェアブル・デバイスとしてのメガネに着目したゲーム機

●メガネを通して映像を受け取り、メガネに仕込まれた各種センサーで入力する

●映像表示は以下の3モードからなる。

  ① 目の前50cm位置に30インチ程度の仮想TVモニターが広がるTVモード
  ② 現実風景を遮断し視界全体にゲーム世界が広がるVR(仮想現実)モード
  ③ 現実風景にゲーム世界情報が混ぜられたAR(拡張現実)モード

 ※①~③とも左右視差による立体映像
 ※①の50cm位置の仮想モニターを手前に引き寄せての疑似タッチ入力を搭載

●入力はカメラに仕込まれた以下のセンサーで行う。
  A プレイヤーの動作(首の動き、腕の動き、体の動き)センサー
  B プレイヤーの視線、焦点センサー
  C 他プレイヤーの動作(首の動き、腕の動き、体の動き)センサー
  D メガネの両テンプル(つる)のタッチセンサー入力&突起レバー操作

 ※Aセンサーでプレイヤー状態を監視。映像モード①②の時は安全面を考慮し、
  プレイヤーが歩き、走りを行うとゲームを緊急遮断する機能を搭載

●モダン(ツルの耳当て部分)に4つのスピーカー、
 フレーム中央にセンタースピーカー(重低音)で5.1chサラウンドを実現

●左右モダン部分とノーズパッド(鼻あて)部分にバイブ(振動)機能付き

●クラウドでゲームを実行し、次世代通信で映像と音声を受信、入力を送信する

●メガネ表面の透過型ソーラーパネルと、歩行振動による発電によって充電補助

●メガネ表面にサイン表示。周囲に気味悪がられないようプレイ中である事を周知




数年のうちに各メーカーさんの試行錯誤がなされ、10年後ぐらいに上記の機能を
搭載した決定打が出る!…みたいな筋書きをイメージしています。

いかがでしょうか?


30周年の頃には「枕デバイス(夢・出力入力)」を予想してますが、
この話は10年後のAG20周年のブログの場で、大胆予想したいと思います…。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/01/2030-142a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 新年 | トップページ | 生の英文メールに触れてみよう »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ:

« 新年 | トップページ | 生の英文メールに触れてみよう »