« アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ | トップページ | メイドインジャパンを感じる »

2012年1月 6日 (金) 生の英文メールに触れてみよう

おはようございます。本日の当番、プロダクトマネージャーのM.Yです。

出社時の電車にて、まだ余裕で空席を見つけることができるあたりに
正月の残り香を感じます。

みなさんはいかがでしょうか。

さて、プロダクトマネージャーは「何でも屋」
年が明けても相変わらず、いろんなあれこれをゴニョゴニョしています。
次から次へと、いろんな色と形のタスクが降ってきて、
さながら落ち物パズルの中にいるようですが、ズバッと片付けていきまっせ!

さて「英文対応」もタスクの一つですが、先月ラスベガスに行かせてもらってから、
ますます英語に触れるのが楽しくなってきました。

海外は海の向こうで異なる言語を使うとはいえ、基本は人間同士です。
恐れることはありません。

TwitterFacebookといったグローバルなソーシャルメディアを通して、
海外の人とつながるチャンスも増えていますね。
私が普段英語でやりとりするのはEメールですので、生の英文メールについて、
いくつか気付いたことを書きます。
やりとりが成立した時の達成感はやみつきになるので、
ぜひみなさんもポチッと送信してみてください。

◎その1:むやみに改行しない
 普段日本語でメールを書く場合、相手が読みやすいように、
   まめに改行を入れています。
 一行の長さができるだけ短くそろうような感じですね。


 ところが、生の英文メールは意図的な改行が少ない!
 ズラーッと長文を書いて、後は自動改行まかせといった感じです。
 
 もちろん、冒頭の宛名と締めの言葉には改行が入りますが、
改行だらけの日本語メールに慣れた目には、
英語がびっしりと並んだその様子はちょっと驚きでした。

◎その2:締めに自分の名前をシンプルに書く
 みなさんメールで定型の署名を設定しているかと思います。
 署名の上下を、趣向を凝らした罫線で囲んだりしますよね。
 そこに名前は書いてありますから、改めてその上に名前は書かないかと思います。


 ところが、生の英文メールでは、定型の署名の上に、改めて名前を書くのです。
 そして、英文メールの署名はとにかくシンプル。
 罫線は上にハイフン二つだけといったこともしばしば。

 
 -James

 --
 James akuseku
 GM Development Promotion Division
 Product Manager
 ACCESS GAMES INC.


 こんな感じ。
 ハイフンに続いて名前を書くのがポイントです。

その3:顔文字は横向き
 ファンからのメールで顔文字が使われることがあります。

 日本だと顔文字は縦向きですが、
英文メールでは向かって左に倒れた形の横向きなんですよ。


 日本語
  ^o^

 英語
  :D

 どうです。横を向いて笑っている様に見えますか?


どうです?
こんな風に生の英語に触れられる仕事は刺激的だと思いませんか?
ゲームが好きだし、英語に触れる仕事をしたいというあなたには、
プロダクトマネージャーはもってこいのポジションかと思います。
興味がある方は、リクルートページにあるアドレス宛にメールをください。

 → リクルートページはこちら

この落ち物パズルのハイスコアをたたき出すために、あなたの力が必要です!
アクセス待ってまーす:)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/01/post-2380.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ | トップページ | メイドインジャパンを感じる »

プロダクトマネージャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生の英文メールに触れてみよう:

« アクセスゲームズ20周年、そして30周年へ | トップページ | メイドインジャパンを感じる »