« 食わず嫌い | トップページ | 管理という名の・・・それより管理できてるのかい? »

2012年1月31日 (火)おはよう遺跡

おはようございます、本日の当番、CGデザイナーのY.Aです。

アクセスゲームズでは10周年を迎え、イベントレポートや日々のブログでラスベガス
旅行のことが語られたりと盛り上がりを見せていますね。
ならば私も続いてベガっちゃいますか!

というわけで・・

遺産スバラシイ!(3ヶ月ぶり2回目)

ハイ、嘘です!( ´▽`)+
これまでの流れをぶったぎって、前回に引き続き、第二弾、カンボジア遺跡編その1をお送りいたしますよっと。

ベトナムハロン湾を後にした翌日、隣のカンボジアへ行ってきました。
隣国なので飛行機で1時間、スイスイです。(実際は飛行機遅延で3時間かかりました(;´ロ`)ウワァァ)

ここで前回と同様に、カンボジアという国について少しだけ。
人口は約1400万人で、首都プノンペンとシェムリアップという2都市が特に発展しています。
ゲーム産業に関してですが、私の見てきた範囲ではゲームショップは1件、最新ゲーム機も置いてありましたが、価格帯をみるにカンボジアでは超高級品の様です。
また、携帯電話の普及率が急速に伸びてきているので、狙い目かもしれません。
ガイドさんの話によると、カンボジアでは携帯電話は使わないとお金がかからないそうなので、皆持つだけ持っているそうです。

豆知識 カンボジアの電話の普及率は、家電話より携帯のほうが高い


スイマセン、また前置きが長くなっちゃいましたが、ここから遺跡のお話です。

カンボジアでは、2日間にわたって8つの遺跡を巡ってきました。
遺跡フリークスにはたまらんでしょうな、フフフ。
今回はそのうち3つをお話します。

最初に訪れたのは、アンコールトム。12世紀に建築されたとされる世界遺産です。

2012_0130_01

アンコールトム南大門。上方には観世音菩薩、下方には三つ頭の象が彫刻されています。
写真ではちょいと分かりにくいですが、右下の方に柱の様なものが見えるでしょうか、それが象の鼻です。

2012_0130_02

遺跡中そこかしこに、精密な彫刻が、これでもかというくらい施されています。
精密な上に、描かれている人種によって顔が違う等、非常に細かい設定の上造られているそうです。
職人技ですな~

2012_0130_03

バイヨンの中央尖塔。
こちらも観世音菩薩が彫刻されています。
全ての尖塔が4面像となっているため非常に多くの顔に圧倒されます。
どこにいても見られている気がする・・・


続いて榕樹寺院タ・プローム遺跡。巨大なガジュマルに浸食された遺跡です。
2012_0130_04

初見の感想は一言、「ッッッスッげぇ~」
なんというかそれしか出なかったです、ハイ。自然物と人工物の融合でこんなものができるのかと。

ところで、この光景どこかで見たような気がしませんか?
某女トレジャーハンターが遺跡を探検しながら謎の組織と戦ったりする映画のロケで使われたそうです。

2012_0130_05

樹木は樹木でなんだかすごいことに・・・なんだか溶けてるみたいに見えますね。


ただ、この光景にも問題はあるようで、樹木の浸食が激しく遺跡の形状の維持が難しくなっているそうです。
2012_0130_06

確かに崩れている個所も見受けられました。国が修繕に乗り出しているようですが、木を取り除くのもどうなの?という意見もありなかなか難航しているようです。
ガイドさんは「10年後はこの風景は見られないかもしれないな~」と言っていました。
興味をもたれた方は今のうちに言っておくのがいいかもしれませんね。


そして今回のメインであるアンコールワット。超有名な世界遺産ですね。
2012_0130_07

美しい・・・、湖面反射のシンメトリーの素晴らしさに白馬に乗って駆けだしそうになりましたが、大人力を発揮して耐えました。

2012_0130_08

遺跡内にいたウマ。


上写真のような遠景の写真はよく見かけるのでイメージ通りだったのですが、実際遺跡内に入ってみると・・・
色々とデカイ。
中央の尖塔は想像より高く、60度近い角度の階段をかなりの距離登らないといけませんし、遺跡内の段差は「昔の人はこんなとこを悠々乗り越えてたの?」と思うくらい一段一段がデカイです。

2012_0130_09
これは、実際に行ってみないと体験できないことですね・・・

以上訪れたカンボジア遺跡群から3つご紹介しました。
途中でも少し書きましたように、これらの遺跡は映画やゲームで頻繁にモチーフにされています。
実際に触れてみることで得られるものも多かったように感じます。
前回と同じようなことになりますが、やはりこういったものを肌で感じることは非常に良い経験値になる!ということで〆たいと思います。

あ、第一回第二回と「直に見て経験しよう」が続いたので、次回は文化あたりに触れようと思います。
異国文化はまた違った味わいがありますぞ。

それでは今回はこの辺で、また次回をお楽しみに~


おまけ

気球にも乗ってきました!

2012_0130_10

2012_0130_11

見ろ!人が以下略(遠くにアンコールワットが見えます)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/01/post-aae3.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 食わず嫌い | トップページ | 管理という名の・・・それより管理できてるのかい? »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おはよう遺跡:

« 食わず嫌い | トップページ | 管理という名の・・・それより管理できてるのかい? »