« Logicは外 | トップページ | 制約をものともしない挑戦的な(以下略 »

2012年2月15日 (水)観劇!激見!!

おはようございます。本日の当番、激見するモーションデザイナーのN.Aです。



年も明け2ヶ月が過ぎ、
そろそろ社会人となって4年目になろうかという時期が近づいていますが、
私には会社に入ってから毎年行っていることがあります。


それは観劇です。


きっかけは1年目に行われた会社のイベントでした。
毎年秋に、行われているイベントなのですが、
その年はたまたま観劇をすることになったのです。

モーションや演出の参考になるのではないかと参加したイベントだったのですが、
舞台独特の演出やセリフ回しなど、思いのほか面白く、
また来年もと、次回が楽しみになっていました。


実際、勉強になる点も多く、

動き一つをとっても、
後ろの席の観客にも見えるようにと、
体全体、舞台全体を使った大きな演技で、
強調すべきところがしっかり強調されているのでとてもわかりやすく。
また、多くの観客にイメージしやすいよう、
一般的に浸透している動きを演技に取り入れているので、

・ここを大きく見せることで動きがより際立つのか
・こういう動きをすれば人からはこう見えるのか


と、実際モーションを作る際に参考になることが多くありました。


他にも、各役ごとにしっかりとキャラづけがされているので、
例えば、同じ泣く演技でも

・崩れ落ちて泣く
・背を向けて泣く
・上を見上げて泣く


など、役ごとに違いがあり、
複数キャラを作成する際の演技のバリエーションの参考にもなります。


今回はモーションについてのお話をしましたが、
企画は企画、アートはアートで見るべきところが多くあると思いますので、
皆さんも、時間があればぜひ見に行ってみてください。


また、昨年行われた研修旅行では、
ショーの本場とも言えるラスベガスで、
素晴らしいショーを見ることができました。
いつかその時のことを話せればいいなと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/02/post-b790.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« Logicは外 | トップページ | 制約をものともしない挑戦的な(以下略 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/53986232

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇!激見!!:

« Logicは外 | トップページ | 制約をものともしない挑戦的な(以下略 »