« 監督で観る娯楽映画の系譜 | トップページ | 自分の原点って… »

2012年3月28日 (水)生のリクルートメールに触れてみよう

おはようございます。本日の当番、プロダクトマネージャーのM.Yです。

私の家は山間部なので今でも日によって雪化粧が見られます。
相変わらず寒いのですが、日差しが少しずつ暖かくなり、春の到来を感じて心躍る日々です。
目と鼻は花粉症でダメダメですけれど…。

さて、相変わらずプロダクトマネージャーは「何でも屋」。
春になっても、いろんなあれこれをゴニョゴニョしていますよー。

この季節、リクルートの応募状況にも動きが出てきました。
毎日問い合わせをたくさんいただいています。ありがとうございます!

アクセスゲームズではリクルートの応募時、まずはe-mailでご一報いただき、それに対して応募詳細をご連絡する流れとなっています。

この最初のe-mailですが、やはり応募する会社への最初のアクセスですから、第一印象が良いに越したことはありません。

定型にとらわれず、みなさんの真っ直ぐな気持ちが伝わる文面であれば良いのですが、そうでない場合もいくつか見受けられます。
扉をノックする段階で煙たがられても、もったいないですよね。
そこで今回は、私がいつも目にしているリクルートメールを元に、応募メールについてのイロハを少し紹介することにしましょう。

--

*差出人について
ここには、あなたのメールソフトに設定された名前が表示されます。

 oshiri_oshiri_pu

こんな名前では、ふざけているように見えてしまいます。
応募の真剣具合が低く見えて、実にもったいない。
今使っている名前が、就職活動で使うのに適しているか見直しましょう。

メールアドレスも意外と気になりますのでご注意あれ。

 akuseku_itumo_issyo.aishiteru@ホニャララ

うぅーん。彼氏とメールしとけば?って感じです。
君、就職先探してるんだよね?と思わず疑問を感じてしまいます。

ここはシンプルに実名表記が好印象でしょう。アクセク太郎さんなら、

 taro.akuseku@ホニャララ

とか、

 t_akuseku@ホニャララ

といった具合です。実際に会社で使われるメールアドレスもこのような形が主流です。
これらなら一目で誰宛か分かりやすくて、やりとりする際の事故も減らすことができるでしょう。
それにメールアドレスを手入力で登録する必要がある場合も、比較的簡単ですよね。

*件名について
ここは今まで特に問題に感じたことはありませんが、敢えて言うなら、空欄にするのは避けた方がよいでしょう。
受信箱に一覧表示した時に、何のメールか分からなくなってしまいますので。

*宛名について
”株式会社アクセスゲームズ 人事担当様”といった感じで問題ありません。
これがないと、誰に向けたメールなのか、誰に向かって話しているのかが分かりにくく、少しおっちょこちょいな印象を受けますね。

ちなみに、
”株式会社アクセスゲームズ 総務部人事課”と送られたケースがあります。
アクセスゲームズに総務部人事課はありません…。コピペなの?と少し悲しくなります。
定型に倣い過ぎず、送信前にもう一度見直してみましょう。

*本文、挨拶について
見知らぬ人と会話するのに、いきなり本題に入りませんよね。
まずは何かしらの挨拶が必要でしょう。
「はじめまして」や「突然のメールで失礼いたします」といったものでOKです。

そして必ず名乗りましょう。
あなたはどこで何をしている誰なのですか?
名無しの方からのメールは、なんだか気味が悪く感じられ、扱いに困ってしまいます。

*本文について
ここでは希望職種を忘れずに書いてください。
「HPを見ました。応募したいです。」というだけでは、何を目指している人か分かりません。
アクセスゲームズでは複数の職種で募集していますので、何をしたいのか具体的に意思表示をしてください。

*末文について
「よろしくお願いします。」といった締めがある方がモアベターです。
用件だけ述べるよりも丁寧さが伝わりますね。

*署名について
記号を駆使した派手な署名は必要ありませんが、せめて最低限、名前くらいは記して終わりましょう。

--

以上、いかがでしたでしょうか。
ちなみに今までで一番驚いたメールはこんな感じでした。

--

差出人:メールアドレスのみ表記(フリーアドレス)

件名: 書類受付について

本文: 応募書類の受付はいつから開始しますか?
    短文ですが、ご確認ください。


--

ガクッ!
これではどこの誰からのメールかさっぱり分かりませんよー。
下手したら、迷惑メールとして片付けられてしまいますので、上に書いたような事を気にして作文してみてくださいね。

 → リクルートページはこちら。

それでは、引き続きみなさんからのご応募お待ちしていまーす:)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/03/post-3308.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 監督で観る娯楽映画の系譜 | トップページ | 自分の原点って… »

プロダクトマネージャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生のリクルートメールに触れてみよう:

« 監督で観る娯楽映画の系譜 | トップページ | 自分の原点って… »