« こいつを飲めば楽になれる・・・ | トップページ | 生のリクルートメールに触れてみよう »

2012年3月27日 (火)監督で観る娯楽映画の系譜

おはようございます。通勤の時通る桜並木のつぼみも膨らみはじめ、
会社の花見イベントが待ち遠しい本日の当番、プランナーのK.Mです。

さて、このブログでも誰かが取り上げてた事があったかと思いますが、
AGでは定期的に社員が社員に向けて勉強会を行っています。

で、今度K.M担当として「映画」を取り上げる事になりました!

K.Mは結構年齢(とし)食ってますが、アクセスゲームズは若い社員が多いので、
アプローチとしては、80年代ぐらいからの「娯楽映画の系譜」を「監督」に
着目してたどってゆく内容にしようと思っています。

自称・映画好きのK.Mとしては、「娯楽映画の系譜」を紹介する事で過去作を
観るキッカケとしてもらい、ゲーム作りに役立てて欲しいと願ってますが、
心配なのは過去の「名作娯楽映画」を若い人が観てどう感じるか?という点。

文芸作ではなく娯楽作を紹介するつもりなので、当時最先端の観客に対して
飽きさせない趣向が凝らされているはずなのですが、それでも今の目で観ると
なんだかなぁ…と感じてしまう部分があるかも?

自分も50~70年代の名作娯楽映画をあとで見て、そう感じた事があります。


なぜなのか?


それは、当時その映画がブレイク・スルーした表現が熱狂的に受け入れられ、
続く多くの映画が影響を受けて定番化してゆき、今、その原点を観てみると
「なんだかありふれてるなぁ…」と、なっているから…なのかもしれません。

まあ、「名作」と呼ばれるからには、革新的部分だけではなく、
構成のうまさや魅力的な人物像など、普遍的な素晴らしい要素を持っている事が
ほとんどなので、見てがっかりする事はそうないのかもしれませんが。


天使にブ・ソングを

フェ
ス/オフ

ストリート・
ブ・ファイヤー

クロコダイル・ダ
ディー

天国から
たチャンピオン

ポセイド
・アドベンチャー

スティン


勉強会に向けて構成を考える中で、何だかんだ思い入れたっぷりの映画を
懐かしむ日々を送っているのでした。


■余談
上の映画タイトル、K.Mがこよなく愛する90年代→70年代の作品達ですが、
伏せ字のの文字をつなぐと…。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/03/post-c8d8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« こいつを飲めば楽になれる・・・ | トップページ | 生のリクルートメールに触れてみよう »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監督で観る娯楽映画の系譜:

« こいつを飲めば楽になれる・・・ | トップページ | 生のリクルートメールに触れてみよう »