« オレの歌を聴けーッ! | トップページ | 全てが消えてしまうその前に »

2012年6月 6日 (水)しゃーぷっっ

おはようございます。本日の当番、プログラマーのT.Hです。

ここ最近、格闘ゲームのロケテストが2タイトルも行われたり新作が発表されるなど、
格闘ゲームがまた盛り上がってきているような気がしますね。
みなさんゲーセンに行って対戦しましょう

前回のブログでC#について軽く触れましたが、CやC++と比較して僕が個人的に
便利だったり、書きやすいと思うものについて書きたいと思います。

例えば、あー文字列連結してぇ…という時に、C言語なら

strcat( str1 , str2 );

という風な感じになりますね。これがC#なら、C++でstring型を使うのと同じように、

str1 += str2;

となります。関数使わなくていいんです。書きやすい!

C++でstring型を使うのは便利ですが、fopenなどの引数がchar*型の関数に渡す際に
いちいち変換する必要があります。
C#なら、ファイルを開いたりする際にもstring型をそのまま使用することができるので、
変換する手間が省け、コードの量も少なくすることができます。


他には、プログラムの動作を変更せずにソースコードの内部構造を変更することを
リファクタリングといいますが、C#の開発環境では簡単にリファクタリングを行うことができます。

例えば、変数や関数の名前を変更したい時は、C言語なら、エディタの機能で変数名を
検索して置換すればいいですが、抜けがあったり、置換したくないものも置換してしまうかもしれません
C#なら、リファクターの「名前の変更」の機能を使用すれば、簡単に変数や関数の名前を変更できます。

他にも、関数内の特定の部分を別の関数として抽出したい場合に、リファクターの「メソッドの抽出」
の機能を使えば、引数と関数名を指定して、簡単に別関数に分けることができます。

いくつか書きましたが、実際に触ったほうがわかりやすいと思うので、
興味を持ったら一度C#を触ってみてください

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/06/post-0e45.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« オレの歌を聴けーッ! | トップページ | 全てが消えてしまうその前に »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しゃーぷっっ:

« オレの歌を聴けーッ! | トップページ | 全てが消えてしまうその前に »