« 人付き合い | トップページ | √で移しておぼろげに »

2012年8月14日 (火)練習に”これでよい”は存在しない!

おはようございます。本日の当番、ゴルファー兼プログラマのJ's.Kです。

やっとプロジェクトが一段落して、ゴルフのリハビリを開始。
休暇中に2回コースを回って、82、80とまずまずの結果でした。
が、2回ともパットが37で、あまりのヘタクソ加減に呆れかえり中です。


さて、本日のお題は「練習に”これでよい”は存在しない!」です。


最近、ゴルフの練習をしていて、常々思う事。

「なぜ自分はここまで練習するのか?」



単純に好きなだけなんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが…

確かに好きです。
まさに「好きこそ物の上手なれ」です。

好きだから練習を継続できるわけです。
まさに「継続は力なり」です。

何か名言集っぽくなってしまいました…



練習は非常に大切なものです。

地道な練習を行う事で、本番で最高のパフォーマンスが出せます。

もし、パフォーマンスが出せないというのであれば、それは、練習が間違っているか
練習が足りないか、練習に自信が持てていないか、だと思います。



そう、それが問題です。

練習には「質」が要求されます。
間違った練習は、間違った結果しか生み出しません。

かといって、正しい練習の「量」が少なければ、安定を生み出すことはできません。

そして「質」「量」が合わさらないと「自信」にも繋がりません。



現状の自分に置きかえると、今の自分は「質」探しをしているのだと思います。

素晴らしい打球を打つためには、どのようにスイングすればいいのか?
そして、そのスイングは良いスイングなのか?

試してみては改める。

この繰り返しですね。

なので、「練習」というよりも「研究」と言った方が良いかもしれません。
そして、この「研究」によって一定の成果を得た時、初めて「練習」になるのかも。

だから「これでよい」と思えないのかもしれません。



人間は妥協しがちな生き物です。

ですから、ある一定の結果が出れば「これくらいでいいか」と妥協します。

これは、プログラム業務にも非常に関係のある話です。

「こういう仕様で動く敵キャラ作ってよ」
「できました!」
「うん、いいね」
「じゃ、この作業は完了」



非常に良い感じに聞こえますが、実は色々と問題を含んでいることがあります。

例えば

・結果的には仕様通りになっているが、処理が異様に重い
・良くわからない計算処理を行ったが、結果的には仕様通りになった
・計算方法がわからないので、サイトからコピペしてきた
・etc...


というものです。

このような事を「妥協」していると、後々痛い目に遭います。

そのような事態に陥らないためにも、日々の研究や、勉強が必要なわけです。
そして、それらを「これくらいでいいか」と、勝手に終わらせないことも重要です。
それが良い仕事、良い製品にも繋がって行くわけです。

さて、皆さんは「最高のパフォーマンス」を出せているでしょうか?



と、偉そうに述べましたが…

パットの練習全然してなかったんですよね。
「これくらいでいいか」と思う以前の問題。

さすがにヘタ過ぎたので、現在鋭意練習中です。

「これくらいでいいか」と思わないように継続します!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/08/post-1c43.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 人付き合い | トップページ | √で移しておぼろげに »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習に”これでよい”は存在しない!:

« 人付き合い | トップページ | √で移しておぼろげに »