« 若さゆえの構想と妄想と暴走(筐体開発編/最終回) | トップページ | 快適を目指せ »

2012年8月21日 (火)言語

おはようございます。本日の当番、プログラマーのG.Iです。

今年の夏も相変わらず暑いですね。
毎年ですが、この時期は一日に一本は必ずアイスを食べてしまいます、、。

ところで最近ですが、新しいプログラミング言語に触れる機会がありました。
コーディングにはとても時間がかかってしまいましたが、
記述方法や構文が新鮮なのでとても楽しかったです。

ゲーム開発を行う上で、必ずしも一つの言語だけを使用してプログラミングを行うとは限りません。
ツールだけは別の言語を使用したり、プログラミング言語とは少し違うかもしれませんが一部のスクリプト言語なんかも多用されることがあります。

それぞれの言語にあった用途というものがあるので、
それらを駆使すれば作業効率の改善につながる可能性があります。

ただし新米プログラマーの人に関しては、
まずはしっかりと一つの言語を勉強することをお勧めします。
というのも、どのプログラミング言語も書き方や構文は違っていても
アルゴリズムや考え方は非常に似ているものが多いので、
逆にその部分を理解できていないと、どの言語も使いこなすことはできないからです。

そういった上でも、プログラムの勉強でアルゴリズムを理解するのはとても重要なことなのです。

、、とは言いつつも

あまり一つの言語に固執しすぎるのもよくありませんので
気晴らし程度であれば、別の言語も勉強してみるのもいいかもしれません。

どちらにしろ色々なプログラミング言語を勉強することは、
プログラマーにとって必ずプラスになるので、皆さんも積極的に勉強していきましょう!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/08/post-719f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 若さゆえの構想と妄想と暴走(筐体開発編/最終回) | トップページ | 快適を目指せ »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言語:

« 若さゆえの構想と妄想と暴走(筐体開発編/最終回) | トップページ | 快適を目指せ »