« 友人との何気ない会話という名の情報交換 | トップページ | 失敗は成功の母? »

2012年10月25日 (木)秋の夜長の早起きは…

おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Hです。

秋を通り過ぎてしまったのか、近頃はすっかり冷え込んできましたね。
特に朝晩などは薄着でいると
すぐに風邪を引いてしまいそうです。

話は変わりまして…
先日になりますが、
朝早くから新幹線に乗る機会がありました。

帰宅して夕食を食べながら、
新大阪発の時間から出発すべき時間をネットで調べてみました。
その結果、どうやら朝の5:30に起床し、
自宅の最寄り駅発で6:00の電車に乗らないと
間に合わないことが判明しました。

は、早すぎる…!!

まぁここは慌ててもしょうがないので
秋の夜長ということもありますし、
テレビゲームでもプレイしながら
落ち着いて考えてみましょう。

確実に5:30に起きるためには
何をすれば良いでしょうか?

すぐに思いつくのは、目覚ましを使うことですね。
(僕は目覚ましには携帯のアラーム機能を使ってます)

ただし…5:30に起床するために、
アラームを5:30に設定していては確実性が乏しいです。
何せ僕は二度寝が大好きですので…(汗

この状態ですと、起床確率80%といったところでしょうか。
たぶん起床できると思いますが、若干不安が残ります。

というわけで、5:30の起床確率を
100%に近づけるにはどうすればよいでしょうか?
方法はいろいろあると思いますが、僕の場合は、
5:005:155:30

…と3回に分けてアラームをセットするようにしています。

もしも1回目に起きることができなかった場合は、
2回目、3回目のアラームが予防してくれるというわけです。

ちなみに普段の起床も、
同じようにタイマーを複数に分けてセットしています。

もっと確実性を上げるのであれば、
・アラーム設定を徐々に大きくする
・目覚ましを複数個買う
…などなどが考えられますね。

このように方法論をひとつだけではなく、
複数持つことは大事ですね。
1回目がダメでも、2回目3回目で予防線を張ることができます。

さて、プログラムでも同じようなことがいえます。

処理を実装していたり、
バグを修正していたりする時に、
作業の最中にも、別の方法を考えておくことが大事です。

特に今やっている作業が、
うまくいくかどうか怪しい場合は尚更です。

もしこれでダメだった場合はこちらの方法で…というように、
いろいろな方法を念頭に置いておけば、
上手くいかなかった場合にも
落ち着いて対処ができるのではないでしょうか。

すぐに別の方法が思いつかない時もあるかと思いますが、
何もしていないよりは効率的かな~と思います。

…そういえば、もうひとつ早く起きるための方法がありました。
それは「前日に早く就寝すること」ですね。

悔しいですが、早起きする前日は
テレビゲームは早めに切り上げて
寝るようにした方が良いでしょう。

秋の夜長もほどほどに!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2012/10/post-9b39.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 友人との何気ない会話という名の情報交換 | トップページ | 失敗は成功の母? »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の早起きは…:

« 友人との何気ない会話という名の情報交換 | トップページ | 失敗は成功の母? »