2013年2月

2013年2月28日 (木)時間がない!

おはようございます、CGデザイナーの岡本です。

最近忙しくなってきて、買ったけど遊んでないゲームや観てない映画が
増えてます。いわゆる積んだままの状態です。

プレイしよう、観ようと思いながらズルズルしてしまってますcoldsweats01

こういう忙しい時期には自分も使ってしまいがちな、

『時間がない』

という結構都合が良い言葉。実際には

忙しい

 ↓

時間がない

 ↓

忙しいのは自分のせいではない

 ↓

だから遊べない観れないのは仕方がない

などと自分を納得させる思考回路が働いていることが多い気がします。
要は言い訳してるんですよね。

時間を確保するためにどうするかを考えると・・・、

・休み時間を利用する
・少し早く帰る日を作る(30分程度で良い)
・少し遅く寝る(1時間ぐらい)
・休みの日にガッツリ時間を取る(取り過ぎると家族に怒られます)

まぁ、いたって普通ですねw
でも最新のものに触れ続けていくということはゲーム制作において非常に
重要なので、工夫して少しずつでも時間を取っていくべきなのですよね。

自分の引き出しも多くなるので、常に意識していきたいと思います。

頭にプラグ差して脳内プレイや脳内鑑賞できるようなサイバーな時代に
ならないですかねぇ。そしたら通勤時間とか有効に使えるのにshine

ただの脳内プレイや脳内鑑賞ならいつでもできるんですけどねwcatface

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-80e5.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)掃除(整理)は毎日の積み重ね

おはようございます、本日当番のプランナーS・Aです。

ここ数日プロジェクトが落ち着いたブログが多いですが
僕もそのメンバーの一人で、最近は空いた時間を利用して、ドラマやゲーム等
エンターテインメントに関わる勉強をしています。happy01
今度は自宅の掃除もきちんとしないといけないなと思いつつ、そちらには全く
手が付けられていない状況です…。coldsweats01

そう、ここで無理にでも考え方を変えてみましょう。(゜∀゜!!
まず「自宅」の掃除と「仕事」の整理を比べてみます。

自宅:「お風呂掃除しなきゃ…、けどなぁ…、………(夜11時)
   また来週の休みにしよーっと。」
   と先延ばしにしがちです。

仕事:「データ整理しとかないと、ふと探せって言われたときにわからなくなるし
   どうせ困るん自分だし、他の人も待たせて困らせるもんね…、
   ちゃんと整理しておかなきゃ。」
   とすぐに対応している。

自宅は典型的な荒れ放題パターンの例ですね。

でも仕事では、お金をいただいていますし、自分の能力向上にも繋がるから
せっせと頑張っていますよ。

仕事で解らないことが有ったらネットで検索して確認しますし。
なので自宅で掃除せずに放置したらどうなるか検索して確認してみましょう。

自宅:「ちょっとお風呂のカビが目立つなぁ…、ネット⇒検索【カビ】⇒!?
   これはいけない!早く抹殺しないと体調にも影響が出る可能性が有る!
   まずカビキラーだ!、それでもだめならパパンを呼ぶんだ!(えっ!?)」

掃除せずにカビを放置していたら体調管理も出来ず、仕事にも影響が出る…だと…!?
カビが及ぼす影響を考えると、さすがの僕も掃除する気になりました。

と、いろいろ書きましたが、結論から言うと、自宅での汚れは会社での汚れと一緒。
自分を変えようと思う心は、全ての行動において通じる道、といったところなの
ではないかと、哲学を感じる今日この頃でした。

フロカビイヤーン(≧△≦)イヤー
ラメエエェ(・ω・´;三;`・ω・)ェエエ

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-1230.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)早くみつけよう

おはようございます。本日の当番 CGデザイナーのJ.Kumaです。

まだまだ寒い日々が続いておりますね。
寒さが苦手で、冬が大嫌いな私は、電気毛布を購入してみました。
これがただの電気毛布ではなく、両サイドがダブルジッパーになっていて、
まるで寝袋のような構造になっているんです。
これがまぁ~すばらしい!初めて体を潜り込ませた時は、
あまりの気持ち良さに思わずクフフと笑ってしまいましたshine
まるでトトロ的なモフモフに包まれている様な感覚と言いましょうか。
とにかく幸せな気持ちに
電気コストも軽く、暖房費をかなり抑えれる所もポイント高し!
さぁググれ~(*´∀`*)

余談はさておき真面目な話でもしましょうか。。。

学生の皆さんはもう自分が将来何をしたいか決めていますか?
まだ、決まってない。自分は何に向いてるかわからない。
今が楽しすぎてそんな事考えたこともなかった。

そういう人も多いのかな~と思います。

そういう方に一つ言っておきたい事があります。
それは「スタートは早くきるに越した事はない」と言うことです。
どんなに歩くのが遅い人であっても、1年先、2年先に目標を
もってスタートすれば、とても大きな距離になるからです。

と言うのも、私も何となくデザイン関係の仕事をしたいなぁとは思いつつも
学生時代はアルバイトだったり、大好きなゲームを遊んだり友達と遊んだり
するのが楽しすぎて、将来の事をそれほど考えてなかったんですね。
子供の頃から将来デザイナーになるんだとしっかりと目標を持っている人は、
画塾に行ったり、美術を専門にした高校、大学へ行っています。
そんな何年も先にスタートをきってる人達を相手に就職活動では戦わないと
いけない
んですね。その事を専門学校に入って初めて気付き、ものすごい
危機感を持ったのを今でも覚えています。
たった3年で追いつけるかー!って(笑
私の専門学校生活は、非常に大変なものになりました。

なので、私のようにならない為にも
早く自分の目標を見つけてスタートをきりましょう!
早ければ早いほど将来が楽になります。
それでも目標が見つからないんだよ!って人はとりあえず勉強をしましょう。
やりたい事が見つかった時の自分の可能性を広げる為に。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-4f5e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)身も心もリフレッシュ~

おはようございます。本日の当番、プログラマーのH.Kです。

プロジェクトがやっと一段落して、
ゲームをする時間が取れるようになりました。

なので、自宅で眠らせていたゲームソフトを
引っ張り出して起動させてやりましたが
半年以上も経っていたから
自分がどこまでフラグ回収したのかわからない…

結局、最初からプレイする羽目になってしまいました。

多忙になる時期の浮き沈みが激しい中、
今ある自由な時間を贅沢に使ってるなあって思います。


仕事では、次の忙しい時期をむかえるまでの
インターバルな時間をいかに有効に使えるか

プロジェクトが忙しかった頃、期間的余裕がなくて
出来なかったことが出来る時期なのです。

例えば、
デバッグするための有効なテスト方法だとか
みんなが快適に開発できる環境だとか
ミスをなくすにはどうしたらよいか、など



少しでも安全に、尚且つ効果的な体制を
今のうちに構築しておくことが
次のプロジェクトに繋がりますし、

今後もより良い製品を生み出せる会社として
成長していくんだと思います。

自分も成長するために、
同時攻略ルートをフロー化して
最短でミッションコンプリートを目指します!(違

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-ec98.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)(´・ω・`)テンション上げていくお…

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのY.Cです。

最近、気が付いたこと!
週末の帰宅時にDVDをレンタルできる事。
休日に借りてきたアニメや映画を観れる事。
今までこんな、当たり前の週末をしばらく過ごせていなかった事。

最近、仕事が落ち着いて時間にも余裕が出てきました。

長い間、娯楽らしい事をしていなかったので
何をしたらいいのか分かりません。
旅行しようにも行きたい場所が思いつきません。
新作ゲームがしたくてもテレビがありません。

映画を見に行くのにも、いまいち興味が湧きません。

最近、割と自由な時間が持てる事で感じたのは
「以前に比べて、人間性が無くなってきたなー」ということです。
まぁ、年を取ったこともあってか、テンションが
上がらなくなってきたからかもしれませんが…。

しかし、忙しい時には変にテンションが上がっていて
「今、なぜか無性にお髭の白い人形のアニメがみたーい!!」
凄くモンモンとしていた時期がありました。

そして、今、念願のDVDを借りて色んなアニメを観ていて思ったのですが
「あれ?DVD一枚に4話分で、約2時間って…長い?短い?」

アニメの一気視聴が悪いとは思いませんが
先人たちが地上波TVで約1カ月かけて、観てきたものが
たった2時間で視聴できる状態に、戸惑いを感じてしまいました。

こんないい作品をサクサク見ちゃうって、なんだかもったいなくないか?
もっと、ドキドキわくわく感を維持しなきゃいけないんじゃないの?
なんて考えが出て思ったことは…。

「ああ、今アニメ観て、テンション上がってんだな~」

あんまりにも久しぶりの感覚にちょっと戸惑いを感じながら
面白いアニメや映画を見るとテンションが上がって、やる気が出てきます。

やる気の出し方は、人それぞれですが
やる気が無いと、この業界はやっていけません。
(いや、どの業界でもそうなんですが…)

テンション上げて、がんばっていきましょー!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-2253.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)14年ぶりに母校へ訪問。

こんにちわ。プランナーのkackyです。

先日、久しぶりに母校である専門学校を訪れました。
TVCMや西梅田の一等地に構える異色の校舎が有名ですかね。

人事の担当と私で、ご挨拶回りの一環で訪問致しました。

実は大阪駅から西梅田方面に行くのも数年ぶりで、
すっかり都会に様変わりしていてびっくり!
遠くから見る、大阪駅はかなりのインパクトがありました。

卒業して、14年ぶりに訪れる母校…。

当時私の担任だったT先生は、今や大阪校の責任者と、
姉妹校である、服飾系専門学校の理事も兼任されており、
また、お会いできた教職員の方は、私の一つ下の
世代の卒業生だそうで、時が経ったことを改めて感じました。

当時の懐かしい話も挟みつつ、
現在の教育への取り組みについて、伺うことができました。

今では、一つ一つの教育が実務的に構成されており、
必要に応じてグループワーク形式での授業なども、
取り入れ、開発現場を意識した、カリキュラムを
用いている事を伺いました。


また会話の中でも「人月」「管理」という言葉が出てくるほど、
より開発を意識し指導されているのかが、伝わりました。

私の頃はまだ、世界がCGに浮き足立っていた時代で、
教育手法もまだ、明確な物はありませんでしたので、
今の教育体系には驚かされました。

教育の現場も時代のニーズに、合わせ変化して来られたのだなと感じました。

あまり長い時間、滞在する事はできませんでしたが
非常に濃密なお話をする事ができました。

帰社途中に懐かしさもあり、
阪神電車の改札でミックスジュースを飲みましたが
昔と変わらず、メチャクチャ美味い。
また、紙コップ専用のゴミ箱も変わらず設置されていて懐かしい。

久しぶりに訪れた西梅田周辺。
梅田の街や教育のように、変化していく物と、
ミックスジュースのように、いつまでも変わらない物、
時代に順応し、有り続けているのだなぁと考えに耽る一日でした。

それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/14-16c2.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)ゲーム業界に入る前に考えていたこと

やっほー!2月です。
雨が降ってますます寒いですね。
最近コンビニ傘を躊躇無く買うことができるようになりました。
プランナーのY.Wです。

もう一ヶ月以上前の話ですが、お正月に中学校の同窓会がありました。
25才にもなると、もう面影もないほど変化した人もいるし、結婚して
子供がいる人もいます。そこでお互いに今何をやってるのか聞き合っていると、
ゲームクリエイターというのはいい反応をもらえることが多かったです。
子供の頃の夢を叶えた希な例というわけです。

みなさんは、職業選択の際にどのような考えがあったでしょうか。
お金を多く儲けられるのか、自分のやりたいことができるのか。
楽な仕事をやりたいからとか、社会の役に立つことが出来るからだったりとか…
そこから現実的な条件が絡んできたりで、考えはさまざまです。

ぼくの場合は、子供の頃とにかくゲームが大好きで(ありきたりですが…)
それこそゲームクリエイターは夢の職業でした。
ただなんとなく、現実感のない職業(就くのが困難という意味で)だと考えて、
中高の時はまったく別の進路を考えていました。
しかし、このまま興味もない仕事について、賃金を得るためだけに一生働くのも
つまらない話です。人生一度きりなのだから、やりたいことをやって楽しく
生きていけたらいい。しかも、自分が若いうちはまだチャンスがある。
そう考えるようになって、再びゲームクリエイター、もしくはそれに近いことが
出来ないかと、頑張ってみることにしたのです。

そんなぼくも、業界に入ってそろそろ一年が経つのかなという感じです。
日増しに考えるべきことは積み重なるし、正直すべての仕事がやりたい仕事だ
というわけでもないです。(ゲーム制作に直結する仕事は全部楽しいですよ)
ただぼくの想像では、ゲーム業界はもっと壮絶な地獄(労働環境という意味で)
だったので、そこだけが心配でした。その覚悟は必要でしたが、
最悪を想定していた分、まあなんとかできています。

1年前は丁度ぼくも就職について悩んでいて、こういう真剣なことを考えなきゃ
いけない時期にいました(2月はちょっと遅いかも)
就職しなければフリーターとして生きるのかなぁとか……。
遠回りしてでも、ぼくのように再び夢を目指したりすることは出来ます。
みなさんも、やりたいことに生きるという気があるなら、困難でも
挑戦してみてはいかがでしょうか。
きっと、案外上手くいけるかもしれませんよ!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-710f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)暖かい春はあと少し!・・・な気がする

皆様おはようございます!本日の当番プランナーのM.Kです。

もうすぐ暖かいが訪れる・・・
そんな予感をさせないほど外の世界はまだまだ寒いですね。
ですが、あちらこちらで春の到来を連想させる単語がちらほらと聞こえます。
ほら、花粉とか、今年は去年より倍だとか、花粉とか・・・
うおおお外に出たくないいい(((・ω・;;;;

・・・失礼しました。春と言えば新しい機会に多く恵まれている季節だと思います。
新生活に向け、準備をなさっている方も多いのではないでしょうか?
私も私情で引っ越しすることになったので、先日、引っ越しのために業者さんと
部屋を回ってみました。
こちらが条件に出した内容が少々特殊だったため、部屋の数は限られましたが、
いろいろな種類の部屋がありました。

案内された場所は、リフォームされている場所が多く、
一つの部屋をいくつかに区切ってあったり、
室内に音楽が流れる仕組みが搭載されていたり、
部屋の仕切りがガラス張りなんていうオシャレなとこもありました。

長くお世話になる場所ですから、内装では決めずに部屋の雰囲気や、
会社までの通勤時間、月々の部屋代、周辺の状況などを視野に入れて
拝見させて頂きました。
決められた条件の中で、最適な場所を見つけるのは難しいですが、
そんなとき一番に考えるべきことを外してはいけないと思います。

たとえば、良い場所ではあるけれども、交通が不便だった場合。
ここを借りる最大の理由は何か?になると思います。
もちろん「生活する為に」が、第一ではあるのですが、
私でいうと、ここから仕事場に行くために、部屋を借りるのであって
何かあったときのために通勤時間が短いほどいいわけです。

仕事でも同じで、ここではどんな遊びをさせたいかをずれないようにしなければ、
まったく意図と違ったものになってしまいます。
また、プレイヤーにこちらの想定した遊びをしてもらうためには
どうすればよいか、想定している遊びをしてもらうために、
足りない部分があった場合、どうカバーしていくかも考えていくことが
大事だと思います。

まあ、家に関しては住めば都という言葉もありますし、
慣れれば問題ないのですけどね。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-7851.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)3倍って聞いて最初に連想するものがアイスクリームの人あつまれー

やっほーY.Sだょsign01(おはようございます。プランナーのY.Sです。)

最近、仕事終わりに欠かさずゲーセンに寄って音楽ゲームをプレイするという
変な習慣が出来ました。その日一日の疲れを吹きとばそうとでもするかのように
一心不乱に鍵盤を叩くその姿はさながら吹き荒れる暴風、あるいは
日本海の荒波、あるいは髭面の変質者といったところでしょうか。

最近は様々な音楽ゲームがありまして、そのUIも様々です。
従来通りボタンを押してプレイするものもあれば、画面をタッチするもの、
画面をなぞるもの、さらにはキネクトを使った体全体でプレイする音楽ゲーム
(ダンスゲー)まで出て来ました。どれも個性的で楽しませてもらっております。
音楽ゲームと聞くとゲームジャンルとしては結構ニッチで、ゲーム性が
他ジャンル(例えばRPGやアクションゲーム)とは大きく異なるといった
イメージを持たれているかもしれません。
しかし、その中でも変わらない楽しみがひとつあります。
それは、《プレイヤーの入力に対するフィードバック》です。

ゲームをプレイしているといろいろな楽しみがあります。
その中でも最も普遍的な楽しみは、プレイヤーの操作に対してゲームが反応して
くれることではないでしょうか。
極端な話、押したボタンの感触ですら楽しいのです。
音楽ゲームはこの《ボタンを押した時のフィードバック》に関しては
かなり進んでいるジャンルだと思います。
……まぁ、タイミングよくボタンを押すことに全力をかけた
ゲームジャンルですからね……爽快感のあるSEやリッチなエフェクト、
筐体のボタンの感触に至るまでしっかりと気が配られています。

逆に、ボタンを押した時のフィードバックが極端に少ないのが、スマートフォン
などの画面タッチで操作するタイプだと思います。
この前も一本購入したのですがボタンの感触が無いため、自分が今どんな操作を
しているのかが非常にわかりにくく、それがストレスに繋がりました。

最近スマートフォンで発売されるゲームがどんどん増えてきていますが、
このフィードバックの少なさが今後どう解消されていくのかが気になるところで
あります。最も原初の楽しみが欠落しているのですから、音楽ゲーム以上に
「いかにフィードバックするか」を考えなければならず、そこからまた新たな
アイデアが生まれてくるのではないでしょうか。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-dbf9.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)いろんなゲームのいろんな自分がどんどん強くなっていく。

おはようございます。本日の当番、プランナーのY.Kです。

最近は、成長著しいソーシャルゲームを無視するわけにはいかないと思い、
遅ればせながら色々なソーシャルゲームをプレイしています。
僕の学生時代はガラケーによるアプリが一般的だったので、その時は
ボタン操作が当たり前で、どうしても携帯ゲーム機の劣化版という印象でした。

しかし、スマホが普及し、タッチで操作するという携帯ゲーム機とは
一線を画した操作方法になりました。
既にタッチ操作が出来るゲーム機が登場していましたが、指で直接タッチ
したり、マルチタッチはやはり新鮮でした。
ボタンを押した時のポチッと感を得られないのは残念なところですが、
スワイプの気持ち良さはボタン操作では得られないので、ソーシャルゲームで
遊ぶようになり始めてからは、コンシューマゲームとソーシャルゲームが
上手く共存していけたらなと思うようになりました。

最近、ソーシャルゲームのCMも凝っていて、ゲームの中身的には単純なカードゲーム
だったりする訳ですが、まるで本格的なRPGやシミュレーションゲームを彷彿と
するシーンが流れます。コンシューマーゲームだと発売前から情報をチェックしたり
しているので、CMによって心惹かれることは少ないですが、ソーシャルゲームは
発売前からメディアに露出することが少ないので、ああいうCMを見ることで
遊んでみたくなることも結構あります。
今までなら、CMを見たところでパッケージ販売なら即購入とまではいかないですが、
ダウンロード販売で、しかも基本無料でプレイできるので気になったら
すぐにプレイすることが出来ます。
実際プレイしてみて、先ほど書いた“単純”というのも重要なんだと気付きました。
即プレイできるような手軽さをウリにしているので、ダウンロードしたユーザーは
一刻も早く遊びたいという気持ちがあるはずです。
それを叶えるには、分かりやすいルールであることはコンシューマーゲーム以上に重要で、
逆にルールを知らなくても遊べるぐらいのゲームが求められているように感じます。
実際に自分がプレイしているゲームの中でも、正しい遊び方を把握せずに
コレクション要素を楽しんでいたりするので、いかに多くの人の気持ちを惹かせる題材を
用いるかというのが、ソーシャルゲームを作るにあたっての重要な要素だと思います。
ソーシャルゲームは、継続して遊んでもらうための要素がコンシューマーゲームより
色々仕込まれていたり、ハード的に屋外プレイを想定しているからか、サウンドに重みを
置かれていなかったりします。例えば、ジングルが鳴って欲しいところで無音だったり
するので、ボリュームOFFにしていることを疑ってしまうこともあります。

今はまだソーシャルゲームのプランニング経験はありませんが、ソーシャルゲームを
プレイすることによって、同じゲームでもコンシューマーゲームと異なるプランニングが
されているのを垣間見れる良いきっかけになりました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-ac22.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)音に聞くだけの事はある

こちら関西でも、まだまだ雪のちらつく事もあって寒い日があります。snow
おはようございます。本日の当番、プランナーのS.101です。

最近の仕事の中で【音】を触る事があります。
BGMだったり、SEだったり、VOICEだったり。データ自体を作る事は
ありませんが、仮の音を入れてみようって事になると少しだけいじったりもします。

仮の音…。そう、そんなにクオリティの高い音ではありません。
時には開発者の声を収録して使ってみたりする事もあります。

なんでそんなことすんの?

といわれると、開発初期のゲームではその効果が絶大だからです!

画面でようやく作った物達が表示され、動き出した時、もちろん無音状態です。
どれだけ派手に動いても、必殺技を使っても、シーン…としています。
そこに仮とはいえ「ドカッ」「ビシューン」さらには「必殺ぅぅぅ!」
音が入ると一気にゲームの質が上がった気になります!
仮から正式版になって質がぐんと上がると、もう比べものにならないです。
周りで見ている同僚も思わず「おぉ」と声を漏らすほどです。

音の効果絶大sign01

とある先人は「ゲームの面白さは音が七割を占めている!」と言っていたのを
どこかで聞いた事があります。なるほどっ!

ゲームの面白さって、「操作の楽しさ」「見た目の良さ」「動きの気持ち良さ」
などありますが、それらをグイグイ引き上げてくれる【音】の大切さを
改めて感じました。


自分の中で思い出に残っているゲームって、使われている音も好きでは
ありませんか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-e84a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)時間を売る商売なんだって最近気がついた。

おはようございます。
本日の当番、プランナーのY.Hです。

子供の頃、ゲームを買う時は単に『そのゲームという物を買った』という考え方、
というか何も考えずに自分の好きなゲームを買って遊んでいただけでした。
大人になった今でも、自分の好きなゲームを買って遊ぶわけですが・・・
子供の頃とは明らかにゲームを選ぶ際の基準が変わってきています。

その1つが『やる時間があるかどうか?』です。

やはり、平日は忙しいし、たまの休みは寝たい(ぉぃ。
そうなってくると、通勤中の電車で遊んだり、会社の休憩時間に遊んだりで、
携帯ゲーム機のソフトの購入頻度も上がってきます。

さらに家では、睡眠時間削って遊んだり。
会社をズル休m(ry、ゲフンゲフンッ!
大袈裟な話、命削ってますよね・・・わりとガチな感じでw

ゲーム以外にもやりたい事は沢山ある。
そんな中でゲームというものを購入し時間を作って遊ぶ。
逆に言うと、ゲームを遊ぶという10時間、20時間にお金を払っている。
そして、僕たち開発者はそのゲームで遊ぶという一時を売っている。

まさに、時は金なり!Time is money!

コンシューマー系だとあまりピンとこない人もいると思うんですが、
最近では当たり前になっている、アイテム課金というシステム。
これは『時間を売る、買う』という行為をわりとダイレクトに行ってますね。

例えば、キャラクターのレベルを上げるための経験値…
これは敵のモンスターを倒しながらちょっとずつ溜めていき、
一定量溜まるとレベルが上がるものですよね。
ある程度時間がかかります、1日、2日とコツコツと溜めて…

が、このアイテムを使う事で3倍の経験値がもらえますsign03
1日かかったものが半日とかからずにレベルアップですよ!!奥さん!!
お値段なんと!!200円!!安いッ!!と感じるかどうかは人それぞれですが
上記の例で言うと、このアイテムを買う行為は

『レベルアップにかかる半日を200円で買う』

という事にほぼ等しいわけです。
まさに時間の売買、時間が通貨なわけです。

が、しかし…。

一開発者としては、レベルアップというダルぃ行為も
楽しんでもらえるように作ってなんぼだろ!
てかレベルアップ行為が気持よくないってなんだよwww

が、しかし…。

プロとしてお金を生み出す事の出来る商品や、仕組みを作りださないといけない。
という相容れないジレンマに苦しむ今日この頃です。





あ、ちなみに僕はがっつりこのアイテム使ってます。 v(`・ω・´)v
ぶっちゃけ楽なので(マテ。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-d860.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)ほぉしーをー み に い こ お~~

おはようございます。本日の当番、プランナーのM.Yです。

アクセスゲームズには創設記念日があり、その日は会社がお休みになります。
貴重な平日の休みなので、普段できないことをして有意義に過ごそう!
ということで、去年から行きたいと思っていた名古屋市のプラネタリウムshineに行ってきました。

こちらのプラネタリウムは世界最大級ということで大変人気があり、
土日はチケットが即日完売するという噂を聞いていました。
わざわざ名古屋まで行って見られないではもったいないということで、
この機会を伺っていました。

普段仕事に行くより早起きして、名古屋までの乗車券を購入。
出張のサラリーマンの方々に混ざって、新幹線に揺られます。
無事にチケットはゲットできました。平日バンザイ!

到着してから知ったのですが、プラネタリウムは科学館の一部で、
他にも科学や生物に関する展示が行われていました。
それならば各フロアのイベント開始時間を調査して、タイムテーブルを作らねば!
まずは生物エリアの恐竜骨格標本相手にモン○ン体験とシャレ込むか~!

かくして課外授業に来ていた小学生達に混ざって、展示物を見て回ります。
科学館は当初の予定に無かったのですが、予想以上に楽しいです。
知的好奇心がビッシビッシ刺激されます。
お目当てのプラネタリウムも巨大なドーム一面に広がる満天の星空は大変美しく、
星のある位置まで宇宙を進んで行く演出は迫力満点でした。
解説の中には初めて知った情報もあり、リフレッシュ&レベルアップgoodという
とても有意義な1日を過ごすことができました。

最近はインターネットを使ってディスプレイから情報を得ることが多くなっていましたが、
実際に自分の目で見て体験することで、より知的好奇心が刺激されて、
新たな発想が生まれて来る感覚を改めて実感できました。

皆さんも機会があれば、行ってみてはいかがでしょう。

------
折角、名古屋まで来たので、味噌煮込みうどんを食べずには帰れまいと、
某店で食していることを名古屋在住の知り合いに報告したら、
行った店を見事に言い当てられました!
あなたは麺タリストDaiGoか!?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-10ea.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)Excel知得(しっとく)テク 【その5】

おはようございます。本日の当番、プランナーのK.Mです。

早速ですが、今回のブログは知って得する「Excel(エクセル)豆知識」
第五弾をお届けしたいと思います!

と言っても、高度な知識を必要とするテクニックではないので「知ってる~」
って人も多いかも知れませんが、温かい目で見てくださいね。


お届けしたい「豆知識」は、こちら!
------------------------------
■知得テク 画像の「トリミング」
------------------------------

プランナーはExcelをよく使います。
仕様書やパラメータ管理、スケジュール管理など、Excelを起ちあげない日はない
と言えるぐらいお世話になっています。


Excelではリストを作るだけでなく、画像や図形、テキストボックスを扱って
グラフィカルな書類を作る事ができ、企画書や仕様書はグラフィカルな方が
伝わりやすいので、多用する事になります。

ExcelArtと呼ばれる図形を組み合わせて画像を作る事もあるのですが、
用意した画像を貼り付けて使う機会も多いです。

ありもの画像を使う場合、画像の中に不要なものが映り込んでいたら
画像編集ソフト(例えば定番ソフト「Photoshop」)を立ち上げて
好きに加工するという方法もありますが、簡単なトリミングであれば
エクセルで行えちゃいます。


例えば、この画像のワニを消して人物だけを表示したい場合…
2013_0207_1

画像をダブルクリックした後、トリミングのスイッチを押すと、
2013_0207_0

画像のフチがこのようになります。
2013_0207_2

フチにカーソルを持って行くと…「┤」「├」「┬」「┴」といった形に
変るので、フチを掴んで切り出したい範囲を指定しましょう。



はい、片側のワニが消えました。
同じ要領でもう片側のワニを消しましょう。
2013_0207_3

すると、こうなりました!!
2013_0207_4

…というのは冗談で、本当はこうなります。
2013_0207_5

いかがでしょうか?
今回は特にオーソドックスなテクなので「いかがでしょうか?」と、どや顔wink
するのもどうかと思いますが、画像流用の際には活躍するテクかと思います。


他にも披露したい知得テクがあるのですが、それはまたの機会に。
下のテクなんかをそのうち紹介したいと思います!

 ■知得テク 「ブックの共有」
 ■知得テク 「置換」テクニック

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/excel5-0cd3.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)Deadly Premonition: The Director's Cut 多数のメディアに取材を受けました!

皆さま、こんにちは。
アクセスゲームズ、広報担当です。

今年に入り、弊社ディレクターのSWERY
【Deadly Premonition: The Director's Cut ワールドパブツアー】
を行いました。

行く先々で様々な国のメディアに取材を受けております!
近々、記事にして頂いたページリンクをまとめ、報告させて頂きます。

このブログと共にSWERY公式ブログ「Cafe SWERY65」も要チェックです。

ご期待ください!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/deadly-premonit.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)ガガットヤッタ・オペレーション

「途中経過について報告する事は、とても重要な事なんだよ!」

とのっけから議題をあげていますが、おはようございます。
本日の当番、プランナーのN.F.Hです。

FはフィールドのFで、もちろん私のフィールド(分野)はプランナーですが、
ゲーム開発というものは、いくつものフィールドをもった人間が集まり、協力
しあって行う仕事です。

何人も、あるいは何十人という人間が集まりますが、それだけ多くの人が集まると、
意思統一が図れなかったり、情報が行き届かなかったりすることもあります。
そんな状態でデータを作成し、1週間もかけたデータを見てもらって
「これじゃない」
とダメだしされると、スケジュール的にも取り返しがつかないことになります。

ある程度形が整った段階で周囲の人に軽く見てもらうことで、自分に認識のズレ
があった場合や、情報の不足方向性の違いなどを認識して修正することで、
無駄な時間をなるべく減らしていくことができます。

また、この行動は見せられた方のメリットになることもあります。
上記の開発者側の認識のズレは誰にでも起こることですので、それを修正したり、
実際に動いている画面をみることで、作ろうとしているモノの具体化や効率化、
場合によってはインスピレーションcatfaceを刺激されてよりよいモノを生み出せるかも
しれません。

そんなわけで、自分が担当するミッションをガガッと作って、最初からクリアまで
イベントが全部入ったモノを見てもらいましたが…

 「背景のフォグに調整がいるなぁ」
 「敵のAIにどうも連携がとれてへんのとちゃうか?」
 「ボスのダメージはゲージを表示せんとアカンなぁ」
 「この緑は黄色と合体せんのか?」


最初にイベントができただけって言うたやん!と突っ込みたいところですが、
実際に動いている画面を見ると「もっと見たい!」という気持ちが先走ってしまう
のもわかります。
そんなこともあるかと思って、フォグとAIの調整を行い、ボスのダメージはゲージで
表示させて、緑と黄も合体させたデータがこちらです!

「「「「これじゃないなぁ」」」」


どこまで作り込むか…、それは本人の意気込みが試される諸刃の剣…。crying

何事もほどほどにしましょう。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-3f46.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)つくづく目標設定は大切ですね!

おはようございます。本日の当番、プロデューサーの角和です。

年始早々ではありますが、かなり昔に購入したF1の模型を倉庫から掘り出してきて、作りました。
それこそ10年ぶりぐらいに重い腰を上げて・・・です。



20年くらい前は、ミニカーショップマニアックなショップに足繁く顔を出しては、気に入ったものをとりあえず購入。
一週間程寝かしてから、それでも作りたい場合は4日間程度連続で4~5時間まとめて占有できる日程を探して着手する。
と、、、言うのも、本気で模型を仕上げるのには、まずは上記がスタート条件で、更にそれの3~4回繰り返して完成します、あくまで僕のスキルでは、、、。

元々僕は、それほど本格的に作る方ではなく、スプレーで塗装する程度までのいわゆる「素作り」側の人間だったのですが、約20年くらい前にたまたま立ち寄ったミニカー専門店で、探していた車種の超精巧な手作りミニカーを発見し、幾らなのかなと値段を見てビックリ。確か5万円以上upwardrightはしたかと記憶しています。

とても手が出ないと諦めかけたところ、そのお店の別コーナーに同じモノのキットが売られているのを発見しました。また、それらを上手に作るための入門書も売っており、キットとそれら必要な工具やなんやらを合わせて買い揃えても、半額程度の予算で済む様だったので、思い切って自分で作ってみる事にしました。


ところが、一式を買って帰り、自宅でその入門書を読んだのですが、知らない事がたくさん書かれていて読み解くのにも一苦労で、本気で模型を作るには膨大な時間がかかるという事が発覚しました。

しかし、既に一通りのものを買い揃えてしまった後なので、泣き言はいっていられない。

かくして、失敗してはやり直しを根気よく繰り返し、なんとか人に見せることが出来る程度の1号機が完成しました。

この一件で、僕の模型スキルは劇的にアップした事は言うまでもありませんが、人間追い詰められれば、普段以上の力が発揮できるという事が分かりました。

それから、10年間くらいは「僕の趣味は模型作りです」と言えた頃がありましたが、このところは、とりあえず買うだけの“キットコレクター”状態だったのですが、、、

では、なぜ今回復活する事になったのかというと、先日の年末年始の休みが例年より長く取れることとなり、家族で海外逃亡の計画していたのですが、ちょっと訳あってキャンセルを余儀なくされて以降、気合が抜けてしまいました。このままでは、折角の長期休暇が怠惰な生活で終わってしまう。と言う危機感から、『子供でも夏休みや冬休みには宿題を提出するのだから、自分も何か成果を残さないと!』と考え、思い
ついたのがしばらく遠ざかっていたこの模型作りだったのです。

また、塗装の乾燥待ちの時間には、積み上げ状態のゲームソフトの攻略をと、まさに一石二鳥



結果として、年始の1/3~6の超スピード制作でしたが、クリエイターたる者、何事も目標を定め、スケジュールを課し、それを厳守して完成させるrock
これ、かなり重要な事で、達成できた暁には、何ものにも代えがたい充実感が得られるのです。

それが、困難な目標であればあるほど。
※ちょっと偉そうでしたね・・・


余談ですが、その際の完成品を、LINEのプロフィールに掲載していますので、繋がっている方は、是非、感想をお聞かせください。


それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-1132.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)些細な私の一大仕事についての経験談

おはようございます。本日の当番、アシスタントマネージャーのK.Iです。

私は中国の出身で2001年に来日しました。アクセスゲームズには入社して三ヶ月経ちました。クリエイターではなく、人事や広報の仕事を中心にしています。

最近完成した一大仕事といえば、年賀状の手配でした。
デザインはクリエイターさんが作って下さり、アクセスゲームズを代表するタイトルのキャラクターが格好良く、毅然と描いてありましたshine

私の仕事は裏面の住所を印刷し、発送することです。楽勝だぜbleahheart04と思っていました。
しかし理想と現実は違っていて、今までの私生活で多くても二桁しか送ったことがない私にとって、会社規模の年賀状を扱うのは決して容易ではなかったです。
住所の印刷は2日で終わるだろうと見込んでいたのに、実際の所4日ぐらいかかりました。郵便局は最後に一回だけ行けば済むだろうと思っていたのに、何回もいきましたcoldsweats01

しかしそんな私でも、誇りに思えることが一つありました。
それはですね、アクセスゲームズの年賀状は国内向けと海外向けの2種類を出していますが、海外向けの裏面デザインをエアーメール形式のデザインに変えませんかと提案し、実施してもらえたことです。
アクセスゲームズだから新入社員の意見でも通れたと思うと会社に対しても誇りに思えますし、少しの進化を作れた自分自身に対しても誇りに思えました。

ワールドワイド向けにゲームを作っているため、アクセスゲームズは私のような外国出身の方も積極的に募集しています。
しかし私は日本語がまだまだ下手で、迷惑をかけちゃったりすることも少なくありません。
これからは日本語をもっと上達させて、人事や広報以外の仕事もできるように頑張りますので、よろしくお願いしますhappy02

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-8fa5.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)アクセスゲームズ会社説明会

おはようございます。本日の当番、プロダクトマネージャーのM.Yです。

学生のみなさん! 就職に向けていろいろ活動していますか?

私は求人側としていろいろな所で会社説明会を行わせていただいております。

SWERYのワールドパブツアーのようにドイツ、フランス、イギリス、アメリカと世界を股にかけてというわけにはいきませんが、日本国内を北は仙台から東京京都大阪神戸広島…と回っています。

一人でも多くの人にアクセスゲームズについて興味を持っていただきたいので、どこへでも行くぞ! という覚悟でいます。もっと遠くにも行きたいな。北海道とか沖縄とかshine海外shineとか…。

だって、ビデオゲームを作ることが仕事なんて夢のようじゃないですか。

世界の人にゲームを通じてエンターテインメントを提供して喜んで頂く。
それで自分はご飯が食べられるなんて、素晴らしいじゃないですかhappy02

夢のような話ですから、この扉を開けることは難しいと思っている人も多いのかなと思いますが、そんなの勿体ないですよ!

みんなに楽しんでもらいたいという熱意impactがあれば大丈夫。
難しい国家資格が必要なんていうこともありません。
もちろん技術は必要ですが、そこは日々精進すればよいわけで、「自分はゲームクリエイターになる!」と決意すれば、そこからスタート出来るのです。

アクセスゲームズの会社説明会では、ゲーム開発会社ってどういうところなのかお仕事としてゲームを作るってどいういうことなのかなど、分かりやすく説明しています。

作品講評もやってます。きっと就職に役立つアドバイスが出来ます。
アクセスゲームズに就職する気がなくても大丈夫。大阪は世界に知られた歴史ある「ゲームシティ」なのですから、まずは関西で一緒にゲーム作りをしてもらえるきっかけになれば結構。

一緒に大阪から日本の、いや世界のゲームを面白くしていきましょう!shine

どうぞお気軽に話を聞きに来てくださいね。
予定がない学校の人は就職課で「アクセスゲームズを呼んで!lovelyとリクエストするべし!dash

では会社説明会でお会いしましょう!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/02/post-c2a3.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)