« 基本の前に基本あり | トップページ | 今更ビルボード。でも知ってる事が大事ってお話 »

2013年4月 1日 (月)思い出はバージョン管理ソフトにしまっておけ!

おはようございます。本日の当番、プログラマのY.Hです。

最近は暖かくなってきましたね。
日中は特にすごしやすくなってきた気がします。

暖かくなってきたこともあり、
長らく中断していた部屋の整理を再開しています。

室内にはいろんな物が溢れているので、その整理が大変です。
必要なもの、必要でないものがはっきり分かるものは良いですが、
迷うものも結構多いですよね。

「うーん、どうかな~。
あとで使いそうだけど、
もう使う機会がなさそうだな~。」
と考え込むこともしばしば。

どこで聞いたのかは忘れましたが、
整理術の基本として、
「どちらか迷ったら捨てる!」
という言葉が頭に残っています。

これは正にその通りだと思います。
今までの経験上でも、
使うか使わないか迷うものは、100%使いません。
捨てるときは名残惜しいですが、その後の生活は快適になるかと。


さて、上記を踏まえて、
プログラムの整理術のお話になりますが…。

プログラミングをしていると、
関数をまとめたりとか、
仕様変更で必要無くなったりとか、
様々な理由で不要なコードが発生します。

で、この不要なコードをどうするのか?
以前の僕は「後で使うかも…」と思って
コメントアウトして残していました。

ですが、ある日先輩に、
「不要なコードはなるべく削除する」
「コメントアウトで残さなくても、変更履歴がすべて残っているので問題ない」
ということを言われたのです。

そうです。
プログラムを取り扱う開発会社では、
大抵バージョン管理ソフトを使用しています。
コメントアウトして残さなくても、
履歴を辿れば、以前のコードを見たり復元したりできるのです。

さらにその先輩には、コメントアウトせず削除したほうが、
・コードの可読性があがる。
・コード内を検索するときに、余計なものが引っかからない。
という利点があるとも聞かされました。

この先輩の言葉を聞いてからは、
不要なコードはコメントアウトではなく
消すように心がけています。

削除するようにしてからは、
作業が捗っているような気がします。
…いや、実際捗っているはず!

さすがにコメントアウトを一切使わない…ということはありません。
状況に応じて使い分けることが必要だと思います。
例えば、一時的に処理をマスクしてテストする場合は、
コメントアウトを使いますよね。

さて、部屋の整理の際も、
不要なものは、きっちり捨てるようにして
室内をすっきりさせたいと思います!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/04/post-4319.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 基本の前に基本あり | トップページ | 今更ビルボード。でも知ってる事が大事ってお話 »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出はバージョン管理ソフトにしまっておけ!:

« 基本の前に基本あり | トップページ | 今更ビルボード。でも知ってる事が大事ってお話 »