« 整理の道も一歩から | トップページ | 色々とアツイ »

2013年6月19日 (水)脱力のススメ

おはようございます。本日の当番、ゴルファー兼プログラマのJ's.Kです。

最近の楽しみは、練習場でのスイング改造になってしまってます…

前回のブログで取り上げた柔軟運動ですが…
効果が感じられなかったため、やめてしまいました…
決して三日坊主ではありません…


さて、本日のお題は「脱力のススメ」です。


よく「肩の力を抜け!」という言葉を耳にします。
これは、むやみに力むと、100%の力を出せないために使われる言葉です。

様々な状況で使われる言葉ですが、これはゴルフでも非常に顕著です。
構えた時点で、もうあちらこちらに力が入っている人が多すぎます。
全力でゴルフクラブを握っている人もいます。


そして、全力で振りかぶって、全力で振る。





でも、これじゃあダメなんです。


全力で振りかぶっても、その先にボールがあるわけではありません。
なので、振りかぶる時に全力は必要ありません。

全力で振りかぶった結果、残念なことに、実際に振るときにはパワーロス。
そして、ボールに力が伝わらず、結果的にボールは飛ばない…
こういう人、多いのです。

残念ながら力の無駄遣いです…





力とは、必要なタイミングで必要な分だけ使うもの、なのです。


これができない人は、コースに行くと大変疲れます。
プレー後に疲れている姿を見ると、可哀想になります。





基本的には脱力で、必要な時に力を使う、これが重要です。
いわゆる力の使い方の「コツを掴む」とも言えるかもしれません。


さて、このような話、いろんなものに当てはまります。
当然、我々のような仕事でも当てはまります。


作業に対して、最初から全力で取り掛かる。
繰り返すうちに疲労が蓄積。
疲労困憊。

という感じです。


最悪の場合、この繰り返しによって体調不良にもなります。
腰痛、頭痛、ドライアイ、腱鞘炎など、外科的なダメージがあるかもしれません。

そしてその所為で会社を休んでしまっては元の木阿弥、全く意味がありません。





そうならないためにも

・作業の全体量をキッチリと把握する。
・ペース配分を計算する。
・常に全力ではなく、力を入れる正しいタイミングを作る。

ということが重要になります。

基本的に脱力していることが、力を入れることへの準備になるわけです。





ですが、力を全く使わずに、常に脱力はいけませんよ!
力を使うところは、ちゃんと使うようにしましょう!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/06/post-e16c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 整理の道も一歩から | トップページ | 色々とアツイ »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱力のススメ:

« 整理の道も一歩から | トップページ | 色々とアツイ »