« 早一ヶ月 | トップページ | 猫に対する異常な愛情~または私は如何にして継続を続けて猫や仕事を愛するようになったか »

2013年6月10日 (月)継続対比

おはようございます。CGデザイナーのW.Nです。

今回は「継続対比」についてのお話です。

20130607_00


上の中央のBの円を約20秒ほど見つめて、その後、白いAの円を見てください。すると、この白い円の上に補色の残像が見えてきます。見えてきた補色は下の青は黄色に、緑は紫に、水色は赤に変わります。

同じように中央のBの円を20秒ほど見つめて、次は水色のCの円を見てみましょう。おそらく残像によって、水色の各区画の色が変化するはずです。

この時水色が最も鮮やかに見えるのはどの区画でしょうか?
ほとんどの人が水色を最も強く感じるのは、Bの図で言う赤の区画ではないでしょうか?

この現象を継続対比」といいます。
  
人間の目は、特定の色を長時間見ていると視神経が疲れて、今見ている色の刺激とは、反対色を網膜に作り出して、目の疲労や色の刺激を自らやわらげる生理機能があります。

この機能により、先ほどCの円では赤の区画にあたる場所の水色が鮮やかに見えたわけです。

手術室で長時間血の赤を見たとき、医師は補色の青緑色が目の前に浮かぶ現象がおこります。しかし手術着やマスク、壁やカーテンなどを青緑色にすることで、この問題を解決しているそうです。

このように人間の目は客観的に色を捉えることができません。ものを描く際、先ほどの生理機能や対象物の記憶、またその場での目の順応などにより、描くべき本来の色が見えていないのが実際です。これらの現象を知った上で、それを活用できれば、絵の魅力をさらに高めることができるでしょう。

ゲーム制作では特にビジュアルアートを担当する者にとって、このような基本的な現象を理解することは重要で、それが新しいビジュアルを作るヒントにもなります。日々勉強ですね。


今回はこれにて。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/06/post-ff8c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 早一ヶ月 | トップページ | 猫に対する異常な愛情~または私は如何にして継続を続けて猫や仕事を愛するようになったか »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継続対比:

« 早一ヶ月 | トップページ | 猫に対する異常な愛情~または私は如何にして継続を続けて猫や仕事を愛するようになったか »