« スキマを埋める | トップページ | There is no useless knowledge »

2013年7月12日 (金)面白くないゲームをやりたい!

おはようございます。本日の当番、プランナーのY.Wです。

今回は、面白いゲームを作るために、面白くないゲームをプレイしてみましょう
というお話です。

面白いゲームを開発したいんだから、面白いゲームの研究をするべきじゃないの
面白くないゲームをプレイするなんて、そんな時間の無駄遣いはしたくないよ…。
と考えてる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、面白いゲームというのは、何が要因となって面白いのかが
案外わかりにくい
物なのです。というのも、ユーザーが不便や違和感を
感じないように作ってあるので、開発がそこに至った経緯だとか、
水面下の努力が見えないのです。そのため、面白いゲームばかりを
プレイしている人は、面白かったー!とは思っても、ここがこう面白かったー!
というように説明することができないのです。


逆に面白くないゲームをプレイしたとき、面白くなかったわー!ここが駄目!
というのは割合誰にでも容易く言うことができます。
その面白くない部分に
着目して紐解いて行きましょう。「やってはいけないこと」が明確になって
くるはずです。「やってはいけないこと」はつまり、ユーザーが理不尽に
感じたり、盛り上がりに欠けるつまらない要素だということです。
「やってはいけないこと」の部分を避けることで、面白いゲームに近づくことは
出来るはずなのですから、それは着実な進歩になるという
訳なのです。

さらに、それを踏まえた上で、同ジャンルの面白いゲームをプレイして比較
してみると、その部分がどう上手く作られているかがハッキリと分かります。
面白いゲームがあたりまえに出来ていることが、いかにレベルが高い
のかが分かることによって、ゲーム制作への理解はより深まることでしょう

■追伸
最近ベテランの先輩から教わった話を、受け売りで書いてみました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/07/post-795c.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« スキマを埋める | トップページ | There is no useless knowledge »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面白くないゲームをやりたい!:

« スキマを埋める | トップページ | There is no useless knowledge »