« ICEを使ってみる 第11回 finger_rig | トップページ | 精も根も尽き・・・ »

2013年8月 8日 (木)モブの役割

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのN.Kです。

キャラクターモーションは主要キャラクターの他にも、『モブキャラクター』、(ここではモブと呼びます)賑やかしとなるキャラクターモーションも作成します。

賑やかしと書くと、あっても無くても良いような印象を受けるかもしれませんが、殺風景な街に生活感を出したり、ゲーム内を彩る重要なキャラクターでもあります。
私自身オープンワールドのゲームをプレイする時は、ただひたすら街中を歩き回るのが楽しみのひとつでもあります。細かく作られていることが多く、眺めているだけでも楽しめます


さてそのモブですが、賑やかしとなるわけですので主要キャラクターのように、
どういった癖があるとか、動きに特徴を持たせるというような「キャラクター付け」は特に決められていないことがほとんどです。決められているとしても、どういった行動を行うのか、といったシチュエーションに関わるところぐらいでしょうか。


例えば、街中に居るモブモーションを作るとして、どういったものを思い浮かべるでしょうか。

井戸端会議をしている奥様方がいたり。
その近くでは、子どもたちが追いかけっこをしていたり。
ベンチの木陰で新聞を読んでいるサラリーマンがいたり。
カップルが親密そうに話してたり。

と、色んなシチュエーションが思い浮かびます。
場所や時間、人物によっても変わってきますし、そのシチュエーションによって街の雰囲気も変わりますので、どこで誰が何をしているか、その場所に馴染んでいるのか。そういうところにも意識します。


そこでモブとして気をつけないといけないのが、『目立ちすぎないようにする』ことです。
余りにも目立ってしまうと、重要なキャラクターだと勘違いされたり、ユーザーの目線がモブに集中してしまったりと、こちらの意図しない良くない状況を生んでしまいます。
デモもそうですが、メインよりも目立つような動きをすると、画面が散らかり見せたいものも見て貰えなくなります。
ですので、その辺りのメリハリも考えていかなくてはなりません。


何かとメインキャラクターばかりに目を奪われがちですが、モブにもモブのドラマがありますので、是非注目してみてください

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/08/post-2af6.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ICEを使ってみる 第11回 finger_rig | トップページ | 精も根も尽き・・・ »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モブの役割:

« ICEを使ってみる 第11回 finger_rig | トップページ | 精も根も尽き・・・ »