« 成長 | トップページ | 油断という名の獣 »

2013年9月 4日 (水)テマヘラス

誕生日に名誉あるブログ当番を頂いたプログラマーのTTです。

プログラマーとして大事なことの1つに手間を減らすことがあります。

企画やデザイナーの方から「ここちょっと変えたいんだけど……」と言われた時に、
「やっておきます」ではなく、
「旦那!ここだよ!ここいじると出来まっせ!」がナイスな回答です。

例えば開発中のゲームに、
『コインを100取得すると残機が1増える』
とかいうどこかで聞いた仕様があるとします。

コードを簡単に書いてみましょう。。

if (100 <= iCoinNum)
{
 iLife ++;
 iCoinNum = 0;
}

あら!とてもわかりやすい!
けどあんまりよくないです。
書いちゃった人の末路を見てみましょう。

「うーんコイン200個にしてみよっか」
('∀`)うぃっすカタカタ ターンッ (200 <= iCoinNum)

「150ぐらい……かな?」
(;'∀`)え?あ、はい……カタカタ ターンッ (150 <= iCoinNum)

「2機増やしてもええかも」
('A`)あ?ガタガタ バーンッ iLife += 2;

とこうなってしまいます。
徐々に顔色が悪くなってますね。

これはプログラマーの手間だけではなく、
企画やデザイナーの手間も増えています。
毎回プログラマーへの依頼が必要になってしまっているからです。

こういう調整が必要そうな処理は外部のデータとして管理しましょう。

テキストファイルやらエクセルやら何でもいいです。
管理しやすいデータにすることで、企画やデザインが直接触れるようにします。

初めからしておくのが一番理想ですが、
さすがにそう完璧にはいかないので、
1度でも調整依頼が来た時点で外部データにしちゃいましょう。

こうやって全体の手間を減らすことで、
自分の拘りたいところを全力で取り組めるわけですよ!

「やっぱコインなくすか」
(;'A`)はーん!?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/09/post-c685.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 成長 | トップページ | 油断という名の獣 »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テマヘラス:

« 成長 | トップページ | 油断という名の獣 »