« 部屋干しは避けたい。切に・・・ | トップページ | バージョン管理 »

2013年11月19日 (火)保険処理

こちら側からのどこからでも切れますに憤慨するプログラマーのTTです。

切れませんよねって話じゃなくて、最近はもうちゃんと切れるんですよ。
むしろよく切れるぐらい。

ただ気に食わないのは垂直方向にあるギザギザよ!
切れなくてもこっちあるからいいよね?的なやつ。
もっと自信持てや!


と無駄な憤慨をしているわけですが、
そういう処理を開発中もしていることに気づいてしまいました。


僕は『保険処理』とか呼んでます。

バグ修正時に搭載することがあり、
バグが発生しても問題なく動作するような処理のことです。

バグチェックが始まると、とにかく面倒なバグが多々でます。
発生までのフローが不可解なバグだったり、
出ざるを得ないフローになっていたり。

基本的にはどんな時でも原因の特定+修正を試みるのですが、
終盤の終盤のさらに終盤になると、その作業すらしづらくなります。
せっかく長いバグ修正で安定化してきたゲームなのに、
それをガラッ変えるような変更は危険だからです。

もちろん原因の特定は行いますが、
リスクと影響範囲等を鑑みて、
修正ではなく『保険処理』を搭載することがあります。

バグが発生した時に正常な動作、フローへ戻す。
そもそも発生しない迂回フローを作成する。
等々――
とにかく危険性の低い作業を模索して搭載します。


かなり後ろ向きな方法ですので、
常にこの処置をとるわけではありません。

ただ、せざるを得ない時には、
その範疇で最大限に力を発揮することが大事だと思っています。



とかいう固い話を珍しくギザギザから開けて思いつきました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2013/11/post-a32a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 部屋干しは避けたい。切に・・・ | トップページ | バージョン管理 »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険処理:

« 部屋干しは避けたい。切に・・・ | トップページ | バージョン管理 »